[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<女王様シリーズ>
↑New ↓Old  [ 目次一覧へ ]

■ 「あなたが優しいから」
 奴隷に許されたのは、ただ受け入れることだけ。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・調教)  09.12.19up  [No.89]
1  2  3  4  5  6  あとがき

■ 「届かない女神」
 犬であることは幸福だ。ご主人様に撫でてもらえるのだから。
   →鬼畜度:☆☆☆☆☆  (シリアス・調教)  09.07.21up  [No.82]
1  あとがき

■ 「見えない壁」
 従うべきは、命令か忠誠心か。容赦のない拳の嵐が降り注ぐ。迷いの中、彼が見つけた結論は……
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・調教・格闘)  09.01.11up  [No.67]
1  2  あとがき

■ 「唐紅花」
 独りの時間は、己の愚かさをふり返るには十分だった。心細さの上に、枯葉が舞い落ちる。
   →鬼畜度:★☆☆☆☆  (シリアス・調教)  08.11.21up  [No.63]
1  2  3  あとがき

■ 「山間に吹く風」
 深緑は茜色に染まっていく。女王様との羞恥溢れる甘美なドライブ。それでも僕は間違ってしまう。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・調教)  08.09.02up  [No.55]
1  2  3  4  あとがき

■ 「雨の続く日」
 僕は道具。女王様の家具になる悦び。奉仕の陰から、剥き出しのエゴが顔を出す。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・調教・腹責め)  08.06.30up  [No.46]
1  2  あとがき

■ 「鐘」
 僕の煩悩は限りなく募っていく。女王様に伝えたい、この思い。届いてほしい、僕の願い。
   →鬼畜度:★☆☆☆☆  (シリアス・調教)  08.01.01up  [No.34]
1  2  あとがき

■ 「陽が落ちる時」
 秋空の下、揺れ動く彼の心。二人はどこへ向かうのか。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・調教)  07.10.12up  [No.27]
1  2  3  4  あとがき

■ 「支配する者」
 彼の全てを支配する、女王様の胸の内。厳しさも優しさも、全てが彼女の愛の形。
   →鬼畜度:★☆☆☆☆  (シリアス)  07.06.24up  [No.17]
1  あとがき

■ 「紺碧の海」
 南国の蒼い空、白い砂浜、そして綺麗な海での水責め。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・調教)  07.05.13up  [No.11]
1  2  3  あとがき

■ 「朝露の中で」
 大自然の中での露出。二人が育む歪な愛の形。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・調教)  07.04.10up  [No.06]
1  2  3  あとがき

■ 「雪国にて」
 二人の世界。過酷な雪責め。何者の邪魔も入らない至上の時。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・調教)  07.03.31up  [No.04]
1  2  あとがき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。