[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<小説>
↑New ↓Old  [ 目次一覧へ ]

■ 「あげる」
 聖なる夜に、あなたへのプレゼント。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (ライトタッチ・暴行・猟奇)  14.12.25up  [No.121]
1  あとがき

■ 「待ち焦がれた今日」
 ずっとこの日を夢見ていた。憧れ慕うあの方に、ようやくお目にかかることができる。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・調教・首絞め)  14.05.25up  [No.118]
1  あとがき

■ 「わたしの原点」
 癖か病気か執着か。今もなお、おさまることないこの衝動。
   →鬼畜度:★☆☆☆☆  (シリアス・暴行)  13.01.01up  [No.116]
1  2  あとがき

■ 「消えた女王」
 決して消えない。決して褪せない。心に刻まれた贈り物。
   →鬼畜度:★☆☆☆☆  (シリアス・調教)  11.12.25up  [No.111]
1  2  あとがき

■ 「最後の日」
 救ってくれたあなたを救いたい。だから俺は、ただその日を待った。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・暴行・猟奇)  11.09.23up  [No.108]
1  2  3  4  あとがき

■ 「ちゃんと掃除しなさい」
 彼女の声が、その教室に世界を作った。きっかけは、ほんの些細なこと。
   →鬼畜度:★☆☆☆☆  (シリアス・調教・暴行・腹責め)  10.08.20up  [No.101]
1  2  あとがき

■ 「どうして?」
 答えは出なかった。大好きな弟に、私は……。ある休日に訪れた非日常。
   →鬼畜度:★★★★☆  (ライトタッチ・暴行)  10.05.20up  [No.98]
1  2  3  4  5  あとがき

■ 「ごめんなさい、ありがとう」
 あなたに逢えて、良かった。鉄錆の臭気の中、涙が二人の距離を縮める。
   →鬼畜度:★★★★☆  (シリアス・格闘)  10.04.29up  [No.97]
1  2  3  4  5  6  7  あとがき

■ 「紅餅」
 年越しに欠かせないもの、大掃除、おせち、門松、そして紅餅。新年は、皆の笑顔で迎えましょう。
   →鬼畜度:★★★★☆  (シリアス・猟奇・グロ)  10.01.01up  [No.91]
1  2  あとがき

■ 「讃美歌」
 きらめくイルミネーションの光も、ここには届かない。聖夜を彩る、奇跡の贈り物。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・猟奇)  09.12.24up  [No.90]
1  あとがき

■ 「フツウ」
 普通でいたい。人間でありたい。それだけが望みだったのに……。青年の日常を揺るがす、ひとりの女の影。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・暴行・腹責め)  09.11.12up  [No.88]
1  2  3  あとがき

■ 「Euclase」
 ここは楽園か? 澄みきった空。静かに響く波の音。美女たちの甘い歓待。そして……
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・猟奇)  09.10.13up  [No.86]
1  2  3  4  あとがき

■ 「唄」
 世界を変えたのは、彼女の唄だった。色のない教室に響く、美しい旋律。ポナ……ユネトゥ……メイフコァ――
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (シリアス・暴行・猟奇)  09.06.09up  [No.78]
1  2  3  あとがき

■ 「ヒーリングメロディ」 (※合同企画作品)
 日々のストレスは積み重なる。癒しを求めたひとりの女性。流れるのは、至高のメロディ。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・調教・猟奇)  09.05.28up  [No.77]
1  2  3  4  5  6  あとがき

■ 「Sign -サイン-」
 二人のサインを覚えていますか? 大好きだった君へ。あの日の真実を聞いてください。
   →鬼畜度:★☆☆☆☆  (シリアス・調教・暴行)  09.03.22up  [No.72]
1  2  3  あとがき

■ 「枷」
 鎖。牢獄。首枷。身体の破片。血塗れの肉塊。恐怖。絶望。欲。――そして、男と女。
   →鬼畜度:★★★★★  (シリアス・暴行・拷問・猟奇・グロ)  09.03.14up  [No.71]
1  2  3  4  5  あとがき

■ 「クリスマス中止計画」
 今年も僕は 『ネ申』 になる。淋しい夜に舞い降りた、天使の甘い誘惑。脱・二次元なるか。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (ライトタッチ・調教)  08.12.26up  [No.65]
1  2  3  4  5  6  7  piece : 1  あとがき

■ 「ふたりのカタチ」
 幸せならそれでいいじゃん。恋人同士の日常は、甘く、猟奇的だった。二人に倦怠期はない。
   →鬼畜度:★★★★★  (ライトタッチ・猟奇・グロ)  08.11.16up  [No.62]
1  2  3  4  あとがき

■ 「誰も知らない」
 深い森の中にひっそりと佇む小屋。窓から漏れる灯りはぼんやりとしている。生温かいシャワーの正体は……
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・猟奇)  08.09.08up  [No.57]
1  あとがき

■ 「赤い砂」
 男はぼろ屑へと化していく。突然の悪夢は血と暴力で溢れていた。少女の目的は見えない。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・暴行)  08.08.27up  [No.54]
1  2  3  あとがき

■ 「手紙」
 変わり果てた愛し子の姿。謎の死。明るみに出たいじめ。鍵は残されたメッセージにあった。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・リンチ・猟奇)  08.06.23up  [No.44]
1  2  3  piece : 1  2  3  あとがき

■ 「皐月トラブル」
 彼女を理解したい。些細な失言が思わぬ暴力を呼び起こす。ふり回される彼氏の災難。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (ライトタッチ・暴行)  08.05.10up  [No.41]
1  2  3  4  あとがき

■ 「彼女こそが世界」
 少年は求め続けた。闇の中で手繰り寄せた光は、酷く血生臭かった。
   →鬼畜度:★★★★★  (シリアス・猟奇・グロ・非道)  08.04.09up  [No.39]
1  2  3  4  5  あとがき

■ 「たったひとつの幸福」
 彼はその時間だけを待っている。誰も立ち入ることのできない二人の領域。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・猟奇)  08.02.22up  [No.36]
1  あとがき

■ 「街掃除」
 街の汚いゴミたちを、徹底的に潰していく。みんな、進んでお掃除しましょう。
   →鬼畜度:★★★★★  (シリアス・リンチ・猟奇)  07.12.14up  [No.32]
1  2  3  4  5  あとがき

■ 「関白宣言」
 古き良き父親像を体現する男。彼流コミュニケーション術指南。妻子との過激な一日を追う。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (コメディ・暴行)  07.10.06up  [No.26]
1  2  3  4  5  6  あとがき

■ 「あなたを潰す時まで」
 最初はトマトだった。溢れる中身、飛び散る赤。潰す快感は忘れることができなかった。
   →鬼畜度:★★★★★  (シリアス・猟奇)  07.09.16up  [No.24]
1  2  3  4  5  あとがき

■ 「僕は狙われています」
 見知らぬ女が股間を蹴り上げる。誰か、理由を僕に教えてください。
   →鬼畜度:★★☆☆☆  (ライトタッチ・玉責め)  07.08.03up  [No.21]
1  2  3  4  5  6  あとがき

■ 「夜霧」
 暗殺者として生きる美貌のくノ一。任務を携え、暗雲立ち込める城に一人忍び込む。
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・時代もの・暗殺)  07.05.08up  [No.09]
1  2  3  4  5  6  7  8  9  あとがき

■ 「僕のメイド様」
 飼い主はペット? ご主人様とメイドの逆主従関係。
   →鬼畜度:★☆☆☆☆  (ライトタッチ・調教)  07.04.29up  [No.08]
1  2  3  4  5  6  7  8  あとがき

■ 「過ちの代償」
 酒とタバコにハマり、趣味は盗撮。そんな男に下された天罰は、報復という名のリンチだった。
   →鬼畜度:★★★★☆  (シリアス・リンチ・腹責め)  07.04.07up  [No.05]
1  2  3  4  5  6  7  あとがき

■ 「少女Aの日記」
 ある少女とその愛する恋人の物語。行き過ぎた独占欲は……
   →鬼畜度:★★★☆☆  (シリアス・猟奇)  07.03.17up  [No.02]
1  2  3  あとがき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。