[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 口を開けるのも躊躇われた。
 下卑たこの自分という存在が、女性に話しかけるということの畏れ多さ。しかし、僕にはどうしても気になっていることがあった。
「あの……」
 僕は思いきって声を出す。
「何?」
 何食わぬ顔で返答してもらえたことに、僕は安堵の溜息を漏らした。感動で震える身体を抑え、僕は言葉を続ける。
「どうして……僕に興味が? 今日、初めてお会いしたのに……。」
 生唾をゴクリと飲み込む。

『私、あなたに興味があるの。』

 僕はさっきの女性の言葉がずっと頭から離れなかったのだ。
 ――こんな下衆な男である僕に、どうして? 初めてなのに、どうして?
 女性は僕を踏みつけたままで笑った。僕は顔を下に向けているため、その表情を見ることはできなかった。
「初めてじゃないのよ。あなたを見るの。」
 訳が分からず絶句する。
「見てたの。あなたたち候補者たちのやりとり。全部。」
 その言葉で僕は初めて事の真相を知った。あの時だ。そう、あの呼び出しの日……。
「ずっと目をつけてたのよ。可愛くて従順な子。私、そういう子嫌いじゃないわ。」
 僕は思わず涙を零していた。女性からそんな有難い言葉をかけてもらえるなんて思ってもいなかったからだ。老人たちはよく話していた。この世を支配する全知全能の神というものの存在を。その心には愛が溢れ、慈悲深く尊い。僕にとってのこの目の前の女性は、まさに神そのものだった。
「ありがとうございます。ありがとうございます。」
 僕は感謝の言葉を何度も口にした。


「そういえば、まだ名前を聞いてなかったわね。」
 女性の質問に、僕は土下座をしたまま答える。
「はい。A-ZUK-0165です。」
 バシッという音が部屋中に響く。どうやら鞭で打たれたらしい。お尻に激痛を感じ、僕は無意識に身体を小さく縮こめた。「ううっ」という声が自然に漏れる。
「違うわ。ショートネーム、あるんでしょ?」
 その言葉と同時にまた一発、二発とお尻を打たれる。
 ――ショートネーム!? 女性が……僕に……?
 僕は戸惑いの表情を抑えることができなかった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。