[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 クラスでの騒動はひとまず収束に向かった。
 最初はその異様な光景に目を疑った。彼女たちはあくまで遊びだと主張したが、あれはとてもそんな風に軽く扱えるような事態ではなかった。
 女子集団による男子生徒への苛め、暴行。
 あの時犠牲になった男子生徒も、今は順調に回復している。ただ彼に大きな傷を残したのは、身体より、むしろ精神の方だろう。今後はそちらのケアに専念した方がいい。
 ――それにしても……
 あの時のことが社会的に大きな問題とならなかったのは、不幸中の幸いだったと言わなければならない。有名私立高校での騒ぎなどが世間に知られたら、マスコミの恰好のネタになってしまう。彼女たちの今後の人生を考えても、新聞沙汰になるようなことは絶対に避けたい。もちろん私自身の立場のこともある。クラスでの騒動の責任は、私にあるのだ。
 学校側の隠蔽工作があったのは確実だろう。世間的には、何事もなかったことになっている。ただ、あの事件を期に学校内での私への風当たりが厳しくなったのもまた事実だ。
 ――私は今後、彼女たちをどう指導していけばいいのだろう。
 私は職員室の机上に置いたクラスの集合写真を手に取った。
 ――やはり……安藤彩香だろうな……
 可愛らしい顔立ち。サラサラのストレートロング。何度注意しても香水の香りを漂わせて通ってくる。クラスの女子たちのリーダー的な存在だ。今回の事件の実質的な主犯らしい。おそらく彼女の一声がクラスの女子をヒートアップさせたのだろう。集団意識から女子たちの行為が次第にエスカレートし、やがて男子生徒が気絶するほどの事態に陥った。そう考えるのが一番妥当だと思われる。
 私は考えられることを教務手帳にメモしていった。
 ――核となる原因を取り払うことが、解決への早道だ。
 

 気付けば時間は十時を回っていた。
 当然、職員は既に退勤し、職員室にいるのは私だけだ。
 ――明日にでも、安藤とじっくり話をした方がいいだろうな……
 私はそこで大きく息を吐く。考えている間、身体がやたらと緊張していたことに気付く。背筋を伸ばして身体をリラックスさせるように努めた後、私は退勤の準備を整えた。
「下手したら、退学だ。お前にも分かるだろ?」
 声に出してそう呟いてみる。
 騒動はまだ完全に収まったわけではない。クラスの状態をしっかりとした状態に戻すことを心に決め、私は職員室を後にした。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
この女生徒たちにかなう男性教員がいるでしょうか?
うん!この作品も良いですね。本来立場の強いはずの教師(それも男が)が女生徒におもちゃにさえちゃう展開はM心を大いに刺激します。もっともこんな美貌とテクニックを持った女生徒に刀打ちできる男がいるでしょうか?この男性教員に限らず、確実に落とされてしまうでしょう。女は怖い・・・心底思いますね。
さて、ひとつ気になったのは、男性教師が拉致されるタイミングが早い気がします。男性教員が女生徒達に何らかの指導を加えようとした結果、反撃を招くといった展開のほうが説得力があると思います。たとえば、体罰を加えるとか。
以下、好きな、箇所です。
○「そんな恥ずかしい格好晒して……縛られて……」
「うぅ……」
「私の下着見て、蹴られて興奮して……」
「ううぅ……」
「それで、こんなにアソコを膨らませてるんですね。」
「…………」
「最低。このエロ教師。」・・・ 紗希は容赦なく私を追い詰めていく。情けないことに、私の目頭は少しずつ潤んできていた。
「あれ? 泣いちゃうんですか? お子様先生。」
○紗希が剥き出しになった私の陰茎を指で弾いた。「うっ……や、やめろ!」 
○紗希はそんな私を弄ぶように、私の股間を上履きの爪先で軽く蹴り上げる。その度に私の陰茎が刺激され、今にも暴発しそうになる。
せりふのやり取りがすごく上手ですね。
2009/05/30(土) 03:04 | URL | MFファン #-[ 編集]
ご感想、ありがとうございます。
こんにちは。こまめにコメントを入れてくださり、大変嬉しく思っています。
M心を刺激できたのは嬉しいですね。太刀打ちできますか? 女は怖いですよ(笑)
好きな箇所の抜粋や、台詞へのお褒めの言葉、本当にありがとうございます。大変励みになります。

当然のことですが、このシリーズに関わらず、それぞれの人物には相応の性格設定をしています。
この教師の性格上、体罰は無いでしょうね。体罰タイプであれば、また違った描き方になると思います。
お気に召さない部分があったのは残念ですが、ご感想のひとつとして、真摯に受け止めます。
構成の仕方は、創作者それぞれの感性が出るところだと思います。
同じストーリーを書いても、出来上がりは千差万別でしょうね。それが創作の面白さだと考えています。
MFファンさんのお考えになった展開は、それはそれで面白そうですね。拝見してみたいです。
2009/05/30(土) 14:31 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
素敵なコメントに・・・
「太刀打ちできますか? 女は怖いですよ」というコメントにM心を大いに煽られてしまう私です。私が教師でryonazさんのような女子高生がいたら、「リンチタイム」で、最速で落とされてしまうでしょう。とにかく捕まったら終わりですよね。
 さて、女王様に聞いてみると、いじめたいキャラは、「弱っちいやつ」「弱いくせに突っ張っているやつ」といったタイプのようです。ryonazさんはどうですか?
2009/06/01(月) 18:02 | URL | MFファン #-[ 編集]
思いがけない副産物が(笑)
私の言葉でなく、ぜひ小説の人物にM心を煽られてやってください(笑)
でも、こうしてお話を聞いていると、M男性にとって台詞やシチュエーションは、重要な萌え要素なのかなと思います。
例えば、私は基本的に、ストーリーを中心に作品構成を考えています。
その辺りの感性が、私との相違点なのかもしれませんね。
先日、「M女性は感じるツボを弁えている分、責めも上手?」というお話を申し上げました。
同様に、M男性が描くM漫画は、M男性のツボをおさえているのかもしれません。ご質問の件は、秘密で(笑)
2009/06/02(火) 00:29 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。