[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「別人……なんだろ? 見た目は凛そっくりだけど、お前は別人なんだろ?」
 男は祈るような顔で、凛の足元に縋り付いて叫んだ。
 言葉に確信はなかった。
 そうであってほしい。そうであったら、どんなに救われるだろう。そんなわずかな期待と願望が、男の口から零れてきているようだった。
「なぁ……そうだと言ってくれよ。」
 男の目が潤む。
 凛はそんな男の口を塞ごうとするかのように、顔を踏みつける力をさらに強めた。男は圧迫に耐え切れず、その言葉はやがてただの呻き声へと変わっていた。
 凛は答えなかった。
 わずかに瞳を伏せ、凛は男の顔を蹴り飛ばした。男の身体は舞うように反転し、床に強く叩きつけられた。衝撃で鼻血を噴き出し、うつ伏せになって倒れ込む。
 凛の冷たい視線は、男の少しの希望を容赦なく切り捨てた。
 男は腑抜けのように口を開いたまま、涎を垂らしている。凛に与えられた攻撃とショックは、肉体的にも、精神的にも彼を打ちのめしていたのだ。
 凛は倒れ込んだ男に近付くと、身体中を蹴り続けた。男はまるで死んでいるかのように、彼女の蹴りに対して全く抵抗しなかった。


 しばらく蹴り続けた後、凛は男が上半身に身に着けているシャツを剥ぎ取り、背中に両手の爪を立てた。ギリギリとその背中を引っ掻いていく。男の背中の皮膚が徐々に破れ、そこから血が滲んできていた。
「ぐ……あああぁ……」
 男は強制的に意識を覚醒させられ、たまらず声を上げる。爪痕はまるで編目のように、その背中を赤く彩っていた。
「意識をしっかりともっていてください。放心されては困ります。」
 凛の言葉は淡白なものだった。
「凛……凛……」
 男の縋るような目や言葉を全て拒否するかのように、凛は男の上半身を無心で引っ掻き続けた。それは、凛にとって一つの決意を貫かんとする行為であったのかもしれない。
 職務を全うすること。
 その強い意志が信念となって、まるで凛の身体を支配しているようであった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
凛は容疑者の男性に特別な気持ちがあるような感じがしますね。難しいです。
2011/07/11(月) 18:57 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
ご想像、ありがとうございます。
凛の気持ちを推察してご覧くださっていることを、とても嬉しく思います。
やはり、物語に浸っていただけなければ寂しいものでしょうから。
いつも、どうもありがとうございます。
2011/07/12(火) 22:24 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。