[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SとMを繋ぐ信頼関係。主であることと従であることのお互いの同意。
相手への思いがあればこそ成立する、歪んだ愛情の形。
そんな中、少しの不安から揺れ動いていくM男の心。
二人の関係は、今後どういった展開を迎えるのか。

話は変わりますが、先日ネットサーフィン中に、偶然「M的願望症候群」というサイト様を発見しました。
以前に私が執筆した『M的妄想症候群』と名前がそっくり! しかも同じM男もので、驚きました。
Black Onyx [ブラックオニキス]の読者の方の中にも、ご存知の方はいらっしゃったかもしれませんね。
私は恥ずかしながらそのサイトを知らなかったもので、偶然タイトルが被ってしまったようです。
もちろん内容は全く関係のないものです。
あちら様にもご迷惑はおかけしたくありませんので、お間違いのないようお願いいたします。

お陰様で、FC2ブログランキングの方、順位が上昇してまいりました。
ご協力いただいている方々、本当にありがとうございます。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ブログランキングのクリックにもご協力ください。

Back | Novel index | Next


----------
11日にメールを下さった方へ。

返信メールアドレスが記載されておりませんでしたので、ここでご返答いたします。
『夜霧』へのご感想、ありがとうございました。
楽しんでいただけたようで、大変嬉しいです。
18禁要素が薄かったということでしたが、私はくノ一の殺戮行為自体にエロスを感じています(笑)
まぁ、そんなコンセプトのサイトだと思ってください。
サイトの構成が分かりにくいとの質問があったので、システムの説明をいたします。

<当サイトの見方について>
当サイトはブログの形式を使っております。基本的には、一般的なブログと同じ構成になっております。
一番上のサイトタイトルをクリックすると、トップページが表示されます。トップには最新の小説を置いています。
(※トップページとして、別ページは設けておりません)
サイトについて◆ : 注意書きです。初めての方はご覧ください。
小説目次◆ : 小説一覧はこちらからどうぞ。
上記の二つは、右サイドバー上部からリンクしています。
コメント
この記事へのコメント
拷問なんてすばらしい女性のためにある言葉。楽しみにしています。

2007/10/13(土) 00:15 | URL | でぶ #-[ 編集]
お久しぶりです。
いつもコメントをありがとうございます。
次作の「正当拷問自白法シリーズ」についてでしょうか?
この作品もとうとう三作目になります。
楽しみにしていただけて、嬉しいです。
どうぞ、よろしくお付き合いください。
2007/10/13(土) 02:56 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
こんばんは
M男心が爆発してますね。
強固だった絆に小さなヒビが…。続きを楽しみにしています。
2007/10/21(日) 04:25 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
いつも感想をありがとうございます。
今回は「僕」がひっそりと秘めるM心を表現してみたいと思いました。
続きも楽しみにしていただけて、光栄です。
シリーズとして定着させようと必死です(笑)
2007/10/21(日) 14:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
これはまた続きが気になる内容ですね!
果たしてどこへ行けと命令されたのか?
今回はストーリーそのものに非常に引き込まれるものがありました!
しかしホントにどこに行くんだろう??
ストレートに捉え過ぎですかね(笑)
2008/02/03(日) 00:28 | URL | Rin #x46YPKp.[ 編集]
本当に励みになります。
ストーリー性を大切にしたいといつも苦心していますので、本当に嬉しいお言葉です。
そういったお言葉に支えられながら、気持ちよく執筆させていただいてます。
作品に対するご感想をもっていただけること自体が、本当に有難いことです。
Rinさんなりの感じ方をしていただければ幸いです。
彼がこの後、どこへ向かったのか。
それは、この二人に聞いてみないといけませんね(笑)
2008/02/04(月) 02:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 「僕」の心情を表現する言葉の一つ一つが秀逸で……、よくもここまでM男の気持ちをご存知だなと驚くばかりです。いつも梨央様には、自分自身でも上手く表現できないようなMの気持ちを、言葉にして教えていただいているような気がします。僕は完全に「僕」と同化してしまって、美しい女王様から与えられる鞭の快感に酔いしれ、針の恐怖に怯え震えながらも恍惚となり、針だらけの身体に再度与えられる鞭に恐怖しながら下半身を熱くさせ……。 最後の全裸でコテージを出されるシーンでは、このまま女王様に見捨てられるのではという不安感と孤独感に押し潰されそうで……。
 本当に素敵な疑似体験をさせていただきました。ありがとうございました。こんな素敵な作品読み忘れるところでした(笑)。
2011/11/03(木) 18:04 | URL | 次郎 #sWkHkw7g[ 編集]
こちらこそ、感謝申し上げます。
シリーズへのたくさんのご感想、ありがとうございます。
次郎さんが下さる賛辞は、自身の力量以上の高評価なので――
擽ったく、もったいなく、でも嬉しく。……で、最終的には結局、大変励まされているといった感じです(笑)
疑似体験というような感覚でご覧いただけて、大変光栄です。
心情描写に関しては、まだまだ勉強不足ですが、お言葉に力を頂いています。
これからも、応援してくださいね。
2011/11/06(日) 20:52 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
2人の関係は本当に羨ましいです。
(最後の続きが気になります。)
ですが、針を刺されるのは、怖いです。すごく痛そうです。
ゆきな様、いつもありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。
2016/06/20(月) 11:46 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。