[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 かつての香澄とのことを思い出すたびに、俺は青ざめていった。
 彼女にした所業がフラッシュバックのように蘇る。その全てが今、俺にはね返ってこようとしているのだ。
 俺は今更になって後悔の念を強くしていた。
 ――男共にちやほやされていい気になりやがって。
 俺は香澄の人気と自分の劣等感から、次第に彼女に嫌悪感を抱くようになっていた。彼女に告白されたあの日から、俺は一度たりとも彼女に心を許したことはなかった。男慣れしたヤリマン女。どうせ彼女のお遊びの一つに過ぎないのだと思っていたのだ。
 ……いや……
 ――そもそも原因はオリジナルの方だ! そう。この女の言うことを信じるなら、俺はオリジナルをモデルにしたコピー人間。全ての元凶は俺のオリジナルの方のはずだ! どうして俺が、こんな目に……
 自分の中に芽生えた後悔の念が、徐々に憎しみに変わっていくのを感じた。
「間違ってる……。お前が憎んでいるのは、俺じゃない。本当の俺のはずだ!」
 必死に絞り出す声は、腹部の痛みによる咳込みでかき消される。
「そんなことはどうでもいいの。あなたはあの人の、いわば分身。あの人と全く同じ人間なんだから。それに……そもそもあなたはこのために生まれた存在なんだから。」
 香澄は不敵な笑みを崩すことなく、じっと俺を見つめていた。
 ――そんな……そんな……
「今度は……私が智也を傷つける番だよね……」
 彼女は俺の喉元を掌で押さえ込むと、ギリギリと力を込める。息が詰まる。そして反対の手で拳を作り、さらに何度も何度も、俺の鳩尾へとその拳を突き刺した。
 苦しみから俺は何度も嘔吐しそうになる。いつの間にか俺の口の端からは胃液が零れてきていた。
「ぐふうっ……うえっ……ごほおおっ!……」
 彼女の攻撃は止まるところを知らなかった。拳に続け、さらに膝で俺の腹を執拗に責め続けた。
 俺はその地獄の苦しみに耐え切れず、今にも気を失いそうになっていた。
 香澄のパンチと蹴りは、容赦なく俺の内臓を揺さぶる。強制的に押し出される息と苦悶の声だけが、部屋を覆いつくしていた。
「まだ全然苦しそうじゃないね。もっともっと苦しくしてあげるね……」
 呼吸もままならない俺に、非情な声が告げる。
 彼女がその長い脚を振り上げると、白いレースの下着がちらりと覗いた。思わず目を魅かれる。その間に彼女はヒールをさらに俺の腹に突き刺した。何度も……何度も……
 さらなる激痛が俺を襲う。
 俺の腹はだんだんと赤く腫れてくる。そしてとうとうそのヒールは、俺の皮膚を突き破った。小さな丸い穴が幾箇所にも開き、そこから血が噴き出してきた。
「ぐあああああっ!! があああああっ!!」
 絶叫する。
 例えコピーとは言えど、人間に痛みを感じる機能が備わっていることが、今は心底恨めしかった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
真面目な話ですが町で可愛い中高生や美人OL、人妻の足下を見ると必ずと言っていいほどヒールが高いのはどうしてだろう。まるで法律できまっているみたいだ
2007/09/04(火) 21:17 | URL | でぶ #-[ 編集]
そうですか。
よく周りを観察されているんですね。
私などはそういったことを、普段は全然意識して生活していないので。
ただ、最近はヒールがぺたんこなバレエシューズも流行ってますよね。
私は、どちらも好きです。
2007/09/04(火) 22:11 | URL | ryonaz #6x2ZnSGE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。