[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 夜の闇が辺りを漆黒に染め上げていった。
 僕は股間を真っ赤に腫らしながら、ふらふらと駅へと向かっていた。
 ――今日だけでどれほど股間を蹴られたことだろう。どうしてこんな目に遭うのだろう…
 考えれば考えるほど分からなくなっていった。
 途中で躓き、手帳が胸ポケットから落ちる。開いたページには名前と住所が所狭しと並んでいた。
 もちろんその名前と住所は一ページ分だけに留まるものではなかったのだが。
 しかしそれでも、結局僕の股間を蹴るよう依頼した人物が一体誰なのか、未だに知ることはできなかった。
 脱力し、家に帰る気力すらも失いそうになる自分に鞭打って改札口を潜る。
 ――明日は仕事に行こう。今日あったことは全て幻で、明日になれば全てが元通りになる。そうだよ。今日は何かが狂っていた日なんだ。明日になれば、きっと…
 そんな風に自分に無理矢理言い聞かせながら、僕は途方もない手帳の名前と住所の数々に目を落としていた。


 やがて電車がホームに入り、朝と同じように人混みが車内から流れ出てくる。
 疲れきった僕は全員の降車を確認すると、滑るように中へ入った。
 終電の時間が近くなっているせいか、車内は混雑していた。
 車内の光景がいつもと違うことに気付いたのは、電車が走り出してすぐのことだった。
 うかつにも僕は女性専用車両に間違えて乗ってしまっていたのだ。無論、他の乗客は全て女性だった。
 今更になって慌ててみてももう遅い。
 僕は自分の単純なミスを情けなく思いながら、次の駅で一旦降りようと考えていた。
 女性たちの中に紛れている恥ずかしさから、僕は頭を上げることができなかった。
 その時、ふと異様な視線を感じた。
 ――やっぱり僕が男だから警戒されているのだろうか…。不審者だと思われているのだろうか…。
 恐る恐る顔を上げる。しかしそこにあったのは蔑みでも警戒でもない眼差しだった。例えるなら、腹を空かしたライオンが…檻の中に投げ込まれた一匹の餌を…見るような?…そんな?…
 うかつだった。これほど自分の軽率な行動を後悔し、恨んだことはなかった。
 少し考えれば分かることだったはずなのに。
 警戒が必要だったのは…むしろ僕の方…
 女性たちの視線の全てが僕に向けられていた。…いや…正確には、僕の…股間に…
 ――はは…きっと世の中全ての女性が…僕を…はは…ははははは…

 次の駅に無事辿り着けるのかどうか、僕には分からなかった。



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/07(土) 18:59 | | #[ 編集]
メッセージ、受け取りました。
どうもありがとうございました。
星氏は偉大ですよね。尊敬しています。
よろしければ、本作のあとがきもご覧になってみてください。
2009/02/07(土) 19:42 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する