[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 背中を踏みつけられているためその表情は見られなかったが、かすかな笑い声が僕の耳には届いていた。
 ――きっと惨めな姿の僕を見下ろして、あざ笑っているんだ。
「よかった。これで私も大金持ちだよ。」
 あどけない高い声が耳に入る。僕は苦痛の中、精一杯の力を振り絞って彼女の足の下から這い出すと、感情に身を任せて必死で女に掴みかかった。
「おい! 何だって言うんだよ! 一体僕に何の恨みが!」
 怒声を張り上げる。訳が分からないままこんなことをされるなんて我慢ならなかった。
 しかし女は冷静に僕の首を片手で掴むと、ギリギリと気道を圧迫した。苦しさから手を緩めてしまう。
 さんざん痛めつけられていたこともあってか、僕には既にそれに抗う力は無くなっていた。そのまま地面に仰向けに押し倒され、睾丸を握られる。その行為に寒気を覚え、僕は身動きが取れなくなった。
『あんまり暴れると睾丸潰れちゃうよ?』
 さっきの彼女の言葉が脳裏に蘇る。
 ――まさか…
「大丈夫だよ。潰したりなんかしないから。」
 心の奥が見透かされたようだった。僕は抵抗を諦めてそのまま身体を止めた。
「一体どうしてこんなことをするのか…でしょ?」
 僕は黙って女の言葉の続きを待つ。
 驚いたことに、女の口から話されたのは先ほどの女と全く同じ内容のものだった。ただ、彼女はそれを自分が実行できないと思ってさっきの女に頼んだのだという。
「でも、あんたの方から来てくれるなんて思わなかった。本当、運がいいよね、私。これで大金が入るよ。」
 嬉しそうにそう言いながら、彼女は僕の睾丸を強く握る。その痛みに僕は再び絶叫した。
「お…教えてくれ。この名前に心当たりは?」
 そう言って僕は胸元の手帳を女に差し出す。そこには彼女の名前と一緒にあと二人の名前が書かれていた。この三人の関連を知りたいと思ったからだ。
「さあ。二人とも知らない人だよ。」
「じゃあ、誰があんたにこんなことを頼んだんだ。」
 彼女はしばらく考え込む。案の定、先ほどの女と同じ理由で彼女は僕にその名前と住所を告げた。僕はすかさずそれを手帳に書き込む。そして驚愕する。
 そう…また全く別々の三人の名前と住所だったのだ…
「あんたにこんなことを頼んだこの三人は誰なんだ? 知り合いなのか?」
「ううん。全然知らない人。」
「じゃあ、この三人は一緒にあんたに頼んできたのか?」
「違うよ。別々に全然違う場所で。」
「それじゃ、知り合い同士ではないんだな?」
「うーん。正確にはどうか分からないけどね。多分知らない人同士なんじゃないかな。」

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。