[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラウマは、心的外傷とほぼ同意だそうですね。
外的または内的要因による衝撃的な肉体的、精神的ショックから、心の傷となってしまうことを指すそうです。
今回の主人公は、そのトラウマの典型と言えますでしょうか。
幼児期における双子姉妹からの性的暴行や暴力が原因。
幼い日の傷は、些細なことで発現する可能性があるということですね。
私はS性やM性というものも、この類に入るのではないかと勝手に思い込んでいるのですが……

毎度、読者の方々からのランキングクリックやアンケート(※現在停止)、拍手へのお力添えに感謝いたします。
応援いただけることが、作者にとって大きな励みです。
また、作品についてのご意見やご感想等は、お気軽にコメント欄へお願いします。

●春菜・奈津菜のキャラ絵 →

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ブログランキングのクリックにもご協力ください。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
美人双子ってだけで萌え要素いっぱいなのに、しかも残虐とくれば…
主人公がどうなってしまったのか、とても興味があります。
2007/07/21(土) 12:35 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
どうもです。
萌えるシチュエーションとかポイントって人によって本当にたくさんありますよね。
「美人双子姉妹」を気に入っていただけて嬉しいです。
今回のヒロイン二人も結構やっちゃってくれましたね。作者もびっくりしていますが(笑)
楽しんでいただけたのなら光栄です。主人公のその後もご想像いただけたら幸いです。
2007/07/23(月) 15:47 | URL | ryonaz #6x2ZnSGE[ 編集]
なるほど!ryonazさんの満たし得ることのない欲求はこういった作品の中に詰め込まれているわけですね。
今回はかなりホラー要素の高い作品ですね。
しかしryonazさんの作品は読んでるうちにストーリーの奥深さに嵌まっちゃってついM小説だというのを忘れちゃいますねi-235
毎度作品の完成度に脱帽です!
2007/12/18(火) 22:47 | URL | Rin #x46YPKp.[ 編集]
こんばんは。
いつも丁寧なコメントを、本当にありがとうございます。
そうですね。それぞれの作品に私の姿が表れていると思います。好みでないことは書けませんし。
ストーリーにのめり込んでいただけることは、私にとってはこの上なく有難いことです。
最高の褒め言葉をいただきました。大変嬉しく思います。
もちろん、M小説であることを感じさせないことが良いとは決して思いませんが(笑)
温かいそのお言葉を胸に、今後も執筆を続けていきたいです。
2007/12/18(火) 23:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
こんな2人とかかわりたいですね。殺されない程度に。
たまらない展開でした。「きつい瞳の子」のMFシーンはもちろん、2人の美人姉妹の戦闘能力におびえる主人公(「彼女たち二人を相手に僕が勝てる確率なんてゼロに等しいだろう。」「僕より背が少しだけ高かった。」)、「カールの子」の突き刺さるような視線に竦みあがる主人公、いずれもMF好きの私のツボにはまるものです。背の高い女性って面と向かうだけで、「喧嘩したらやられちゃうだろうな」と想像をめぐらし、それだけでぞくぞくしちゃう私です。「きつい瞳の子」にも射竦められたい私です。
 さて、話は、殺人嗜好者の美人姉妹の生贄にされる男の子の悲劇を描いています。「狩られる」話です。この設定自体興奮しますね。姉妹という設定が、アブノーマルな行為の秘密性、密室性を高めています。MFとしては「2VS1もの」としても楽しめました。幼いときの関係性が成人後に再現されるというモチーフは異常な性愛に説得力を持たせる上で効果的で、私もよく使いました。
お話について、個人的に以下の点の女性側の心理に興味があります。よろしければ教えてください。
1 死体をばらばらにしてしまう、あるいは苛む。・・・よく女王様と話しているとそれに近い願望を持った子が多いです。中には、手足を切って、かばんにつめて持ち歩く、穴だけは露出させる・・・というすさまじい想像をうっとりと話してくれた子もいました。こうした性癖を持った女性って結構いるのでしょうか?(性別に関係ないのかな?)
2 暴力を振るわれた男が一方でフェラチオや股間への刺激、ペッティングで射精するシーンがあります。男性的には、単純にサービスシーンと受け取ってんで喜んでいますが、女性側の目的は何なのでしょうか?本文にもありましたがやはり「陵辱」ですか?それとも「死に直面した状況で興奮してしまう男の間抜けさをあざ笑う」ということでしょうか?
2009/06/13(土) 08:33 | URL | MFファン #6UxiEqik[ 編集]
殺されるのはダメですか(笑)
作品への丁寧で温かいご感想、ありがとうございます。とても励まされます。
私なりに、質問へのご返答をさせていただきますね。
1.そもそも、リアルで嗜好について語り合える方がそれほど多くないので、一般的なことはわかりません。ただ、「手足を切って、かばんにつめて……」は、私の作品のひとつ(タイトルはネタバレになりますので伏せますが)の展開そのものですね。その方とは、話が合いそうです。
2.この物語を執筆した時は、ご提示された両方の気持ちを込めていたと思います。お恥ずかしい限りですが、なにぶん執筆したのが随分前のことなので……。うろ覚えです。すみません(汗)
2009/06/13(土) 21:53 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。