[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どのくらい屋内を走り回っただろう。彼女たちの気配を感じなくなると、僕は再び別の部屋に入った。

 ……!!……

 この部屋は何か雰囲気が違う…。とっさに僕はそんな風に感じた。何かが…
僕は目を凝らした。
 …人だ!…
 そう。確かにこの部屋には人の気配がした。
 ――二人のうちのどちらかか?…
 僕は警戒し、身を低くする。さらに目を凝らすと、そこには確かに彼女たちではない人の顔がはっきりと見えた。
「た…助けてください。」
 期待から出た言葉ではなかった。無意識に僕はそう口に出していた。誰でもいい。とにかくここから出してほしいという思いだけが僕の中に強くあったのだ。しかし、次の瞬間それは全く別のサプライズをもって僕を迎えた。
 ――あ…あぁ…
 僕は恐怖に震え上がった。部屋中の至る所に人の姿が見える。ただしそれは生きた人間のものではなかった。そこにあったのは…バラバラに切断された人間の頭、胴体、手、足…
 ただの肉の塊となった人間のパーツが、部屋中に散乱していたのだ。
 僕はあまりの恐怖に声が出せなくなった。息苦しさと同時に込み上げてくる嘔吐を必死で堪える。
 ――これは…彼女たちが?…
 そう考えたとき、遠い記憶が僕の中に断片的に、しかし鮮明に蘇ってきた。幼い頃の…


 ――ねえ、大きくなったら私たち二人のおよめさんになってくれる?
 ――うん。別にいいよ。
 ――本当? やったね、はるなー。
 ――うん。すごくうれしい。なづなは?
 ――うん。私もすごくうれしいよ。

 …何だ?…

 ――この馬鹿! 何やってんだよ?
 ――え?…手術ごっこだよー。浜木くんもやろうよー。
 ――私たちはお医者さんで、この人形が患者さんなの。
 ――だって…だって…その人形…

 …これは…僕?…

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。