[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ……強い衝撃が俺を襲う。
 胃から酸っぱいものがこみ上げてくる。
 やはり俺は甘かったようだ……
 抵抗しても無駄だと最初から分かりきっていた。
 勝てる相手だとは微塵も思っていなかった。
 今、リアルでそのことを再確認し、同時に自分の運命を呪った。

「……悪い子ね。牙をむくなんて……」
 ………
「ぐうええぇぇぇぇぇっ……」
 ………
 強烈な膝蹴り……鳩尾を撃ち抜かれたような衝撃が俺を襲った。
 俺は息ができず、苦しさからその場で嘔吐してしまった。
 優美子は抱きつくような体勢で俺の頭を両腕で抱え、腹に膝を突き刺したまま俺の顔を覗き込んでいた。



 ……優美子は笑っていた……
 その表情は冷たく、それでいて惹きこまれる美しさがあった。
 そもそも女という存在は、残酷で冷徹なものなのかもしれない。
 優美子のような存在こそ、女神と呼ぶにふさわしいのかもしれないと思えてくる。
 優美子の顔はすぐ目の前にあった。
 間近で見る優美子の顔は恐ろしいほど美しく、苦悶の声を漏らしながらもその顔から目が離せなくなっている自分が歯痒くて仕方がなかった。
 大きく目を見開き、苦しさから気を失いそうになるのを必死で抑えた。
 優美子からは甘い香りを感じ、俺は気がおかしくなりそうになった。

 ……優美子はそんな俺の心を見透かしたように不敵な笑みを浮かべ、俺の肩に乗せていた両手を俺の首の後ろへ回し、強く俺を抱きしめた。
 しかし彼女は、決して膝を抜こうとはしなかった……

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。