[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 彩香のクラスの男子は、何故か昼食を終えるとすぐに教室を出て行ってしまう。
 そのことを知っていた俺は、昼休みが来るのをチャンスと考えていたのだ。そして、とうとうその昼休みの時間がやってきてしまった。
 こうなったら…当たって砕けろだ!
 俺は意を決し、いつも通り男子がほとんど出て行った彩香のクラスに入った。

 一人の男子を取り囲んでなにやら話をしている女子たちの姿がまず目に入った。
 その男は俺が教室に入ったのを機に、女子たちを突き飛ばすような勢いでこちらに向かってきたかと思うと、飛び出すように教室を出て行ってしまった。
 女子たちはその状況の中、ニヤニヤした顔つきでその男を目線で追っていた。
「今度遊ぼうねー。」
「ちゃんと覚えておくんだよー。」
 その異様な光景に俺はしばし言葉を失う。ここで一体何が行われていたんだろう。
 少し気になったが、俺にはそんなことを気にしている余裕はなかった。
 …それにしても変なやつだったな。トイレでも我慢してたんだろうか。
 俺はそのこともさほど気にせず、ぐるりと彩香を探す。

 …いた!…

 女子集団から少し離れたところでその様子をじっと見つめている。間違いない。
 俺は息を呑んで彩香に近付いていった。他の女子が騒然となる。
「何あの人?彩香に何の用事だろ。」
「ねぇねぇ、今日の獲物、あいつにしない?ちょっとかっこいいじゃん。」
「それいいね。面白そう。」
 緊張のあまり、言葉の意味は頭に入ってこなかった。ただじっと彩香だけを見つめて俺は歩を進めた。
「あ…あの…」
 フレグランスの良い香りが俺を魅了する。恥ずかしさでつい彼女から目を逸らしてしまう。
 彩香はそんな俺の様子を見て朗らかな笑みを浮かべた。そして、まるで俺が言おうとしていることを悟ったかのように周りに注意を払った。
「他の場所に行こっか。」
 彼女の冷静で思いやりの溢れる対応にどれだけ救われただろう。
 この時の俺は彼女の真意も知らず、そんなことを心の中で考えた。
 俺の彼女への思いはより強まっていた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する