[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
「はっ!」
 到着駅のアナウンスで目覚めた。もう降りなければ。
 無意識に俺は自分の右手を確認する。同時に服を少し肌蹴て身体中を見回す。そうしてから初めて、俺は安堵の溜息を漏らした。
 俺は荷物を無造作に手に取ると、そそくさと出口へと向かった。
 またあの夢だ。あの女は一体?
 流れる人混みに紛れ、俺は駅の階段を一歩一歩上がっていった。


 俺は夢の中の出来事だと頭では割り切っているつもりであった。しかし気持ちの中では、何度も出てくるあの美麗な女性が気になって仕方がなくなっていた。
 …なぜ同じ女が二度も。それに…尋常ではないあのシチュエーション。妙にリアルな痛みや苦しみ。
 駅の階段を上りきった頃、俺は先ほど見た夢が鮮明に脳裏に甦り、立ち眩みを起こした。
 しばらくの間、改札前の隅に腰を下ろして体調が回復するのを待った。
 くそっ。何で、俺がこんな目に。あんな恐ろしい夢、二度と見たくないものだ。
「痛っ…」
 ふいに身体中を刺すような痛みが襲った。そう言えば首周りにも何となく圧迫するような痛みを感じる。
 何となく右手の感覚が少しおかしいような…

 ……

 考えすぎか…
 俺は立ち上がり、周りの視線を気にしながら急ぎ足で同じ大学へと向かう人の波に紛れた。
 あれは夢だ。夢以外の何者でもない。
 しかしやはり夢にしては妙にリアルだったことは否めなかった。とても残酷なことをされた。そして未だにその感触を忘れられないでいる。
 俺は脳裏をかすめるさっきの夢をふり払うかのように頭を乱暴に横にふった。
 馬鹿馬鹿しい。俺は一体何を考えているんだ。夢と現実の区別もつかなくなってるなんてどうかしてる。
 その後、俺は何事も無かったように大学校舎の門をくぐるのだった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する