[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
「ねえ、奥野くん?…ちょっと付き合ってもらえないかな。」
 笑顔を投げかけ、甘い声で僕を誘う。僕は憧れの彩香が笑顔を見せてくれたことに感動する反面、照れ隠しから目を逸らした。
 彼女は突然、笑顔のまま僕の腹に膝蹴りを入れてきた。たまらず崩れ落ちそうになる僕を両脇の二人が抱える。
「ぐふっ…おえ…」
 彩香はそんな僕を見てますます意味深な笑顔を僕に向ける。
「な…何で…」
「瀕死遊び、始まりー。」
 甲高い声でクラス全体に聞こえるように彼女はそう叫んだ。それを聞いた男子たちは我関せずとばかりに僕を無視して校庭や体育館、図書室へと次々に姿を隠してしまった。
 反対にクラスの女子たちのほとんどは僕を取り囲んで、ニヤニヤと薄ら笑いを浮かべながら僕を観察していた。

「瀕死遊びって…前に先生から注意されたばかり…うぐえっ!」
 僕の言葉を遮るかのように、今度は彩香の拳が僕の腹に突き刺さる。
「食後のお腹はどう?すっごく苦しいでしょ?うふふ。」
 楽しげな様子を見せながら彩香は続けて何度も僕の腹を責める。食後の地獄の苦しみに僕は今すぐにでも蹲りたい気持ちでいっぱいだった。しかし、脇で支える女子二人がそれを許してはくれない。
「な…何でまた…」
「前は気絶させたりしたら危ないとかって言われて駄目になったんだよね。」
 言いながら彩香は僕の腹にまた何度も軽く拳を入れる。
「気絶させなくてもいいの。今度はお腹を責めて吐いたら終わりってルール。ただし、謝っても許さないことになったけどね。」
 彼女は唇の端をもち上げながら、淡々とそう話した。
「は…吐いたらって…そ…そんな…。しかも謝っても駄目って――っ!……ぐうええ!!」
 彩香の膝が僕の腹の奥底までめり込む。さっき食べたばかりのものが今にも口から飛び出そうになっていた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する