[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 お昼の休憩時間が始まる頃、僕はいつも憂鬱な気分になる。
 僕の通っている私立麻美大嶋学園高等部では、一年生全体を通して嫌な遊びが流行しているからだ。
 この歳になってまでこんなこと…馬鹿げてる…
 しかし僕にそんなことを言い出す勇気があれば、こんなことにはなっていなかっただろう。
 女子たちによる男子いじめ。通称瀕死遊び。
 方法は特に決まってなくて、ただ男子を泣かせて謝らせたり、気絶させたりすれば終わりという性質の悪い遊びだ。
 先月までは首絞めが女子たちの中で大流行していた。
 両手でぐっと絞めるものからチョークスリーパー、中には紐を使ったものや足で首に体重をかけ続けるなんてのもあった。
 女子は軽いお遊びのつもりなんだろうけど、僕たち男子にとっては大問題だ。
 今月に入って担任の先生からようやく指導が入って、僕たちにもやっと束の間の安息が与えられた。
 でも…
 女子たちの中でこのブームはまだ沸々と右肩上がりの傾向を見せていたのだ。

 午前中の授業が終わり、昼食が終わると、いつもの女子たちの気になる内輪会議が始まった。
 僕は知らないふりをしながら弁当を片付ける。
 ちょうど片付けが終わった頃、僕は女子二人に両脇を抱えられた。
「な…何?」
 二人はニヤニヤしながら僕の方を見ていた。僕はその突き刺さるような目線にぞっとして目をそらした。
 身動きの取れない僕の目の前にやってきたのは彩香だった。
 完璧とも言えるほどの魅力的なスタイル。サラサラのストレートロングに軽い香水の良い香りを漂わせている。綺麗で妖しい瞳にじっと見つめられ、僕は硬直した。
 僕は密かに彩香に対して思いを寄せていた。だけど…まさかこんな形で彼女と接することになろうとは…

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
新作を拝見させていただきました。かなり期待してしまう出だしですね。あまりにも続きが楽しみで勝手にこの先の展開を想像しています。
僕もこんな高校に通いたかったですね(笑)
続きを楽しみにしております。
2007/06/05(火) 12:16 | URL | ポンタ #-[ 編集]
毎度、コメントに感謝します。
いつもご愛読ありがとうございます。
ご期待に沿えると嬉しいのですが。
今回も、ぜひご一読くださいませ。
2007/06/06(水) 09:44 | URL | ryonaz #6x2ZnSGE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する