[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
作品にもたせる世界観に、毎回悪戦苦闘しています。
今回は自分なりにシナリオを重視したい、シリアスな展開にしたいという思いがありました。
しかし現実には……(汗)
こうしてああしての連続で、肝心な構成がめちゃくちゃとか……
書いているうちに登場人物が私の手を離れ、一人歩きしようとしたりとか……
ありゃ、これ第二部で出てきた展開じゃん! とか……
人に物事を伝えるということは、本当に難しい。

『読者の方々に、いかにして伝えるか』

創作者にとっては本当に重要な要素だなと、今更ながら実感しています。
でも、まだまだ勉強不足ですね。
これからもこの気持ちを忘れずに、励んでいきたいと思っています。

なお、これまでアンケートにご協力いただいた方々、本当にありがとうございます。
おかげさまで、着々と票が集まってきております。(※現在停止)
「放課後の夕暮れ」、「由香利ノート」、「正当拷問自白法」、etc...
割とハードなものの人気が高いように思います。
結果のさらなる分析をもとに、今後の作品について検討していきたいと思っております。
アンケートについてはまだまだ投票を受け付けております。ぜひご協力ください。
読者の方々のお声をお待ちしています。

→ ◆アンケート◆(※投票停止しました。)

ところで、新たにFC2ブログに「拍手」という機能が加わりました。試しに導入してみました。
記事の右下に拍手ボタンが追加されます。
小説を気に入ってくださった方は、そちらをぜひクリックしてください。よろしくお願いします。

ランキングへのクリックも随時、受け付けております。
↓↓
FC2ブログランキング

毎度申し上げて恐縮ですが、ご愛読いただいた方々にはあらためて感謝いたします。
これからもどうぞ、Black Onyx [ブラックオニキス]をよろしくお願いします。

●葵のキャラ絵 →

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
ryonazさんの小説は時に今回のような他のM小説にはない深いストーリー背景が盛り込まれてますよね!
読み始めてから段々とストーリー背景が分かってくるのですが今回僕は読み始めでは映画「ソウ」を連想してしまいました(笑)

ちなみに舞台背景はモロ僕の好みと一致しました!ああいう地下室の拷問部屋っぽい設定、、好きです!!
2007/12/08(土) 23:20 | URL | Rin #x46YPKp.[ 編集]
ありがとうございます。
「ソウ」のような物語設定が個人的には大好きなので、そう思われたことは大変光栄です。
物語として読んでも面白いと思っていただけるような作品にしたいと、いつも考えています。
ただ「深いストーリー背景」とまで言っていただくと、恐縮しますが(苦笑)
舞台背景、Rinさん好みでしたか。それは何よりです。

いつも丁寧なコメントをいただき、本当にありがとうございます。今後もどうぞよろしくお願いします。
2007/12/09(日) 15:03 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
女性と男性の性的興奮のメカニズムの違い
たわいない私の感想全てに丁寧な返答恐縮です。新鮮な発見や驚きが多くすごく参考になりました。ここから先は、私にとっては自分の嗜好とかなり異なる作品になりそうなので、自分の性癖と葛藤しながら、少しペースダウンして読ませていただきます。無理のない範囲でお相手ください。

さて、いただいた「立ち居地が違うという基本的認識を強くした」とのコメントで、また女性の性的興奮のメカニズムが良くわからなくなってしまいました。そんな疑問を抱えて、男女の性的興奮の違いを意識しながら、実はこの作品を読ませてもらいました。
 前半は男が理不尽に責め立てられるシーンが続きます。責める女性(葵)も魅力的ですし、M男としてはこれで十分萌える展開です。後半は、葵がこうした行為に至った背景が解き明かされます。
 ・・・この際告白してしまうと、この後半の展開は、男の性的興奮からすると何とも醒めてしまうのです。つまり、S女のサディズムに興奮していたものが、「友達思いの普通の女性か・・・」と。
 よくある話で、男が風俗に行って、女の子の身の上話を聞いているうちに自分の娘を思い出したり、その境遇に同情したりして、結局行為に及ばなかった、というのがあります。ストーリーや共感が性的興奮の邪魔になるというパターンです。

同時にはたと気づいたのですが、実はこうした部分こそが女性の性的興奮と深く結びついているのではないか・・・と。
フェラチオをする葵に萌えます。しかし、共感が深くなると、逆にあそこは萎えていくという・・・。私は以前、男は「即物的、視覚的」と女は「ストーリー性、関係性」などとのたまいながら、でもSMは違うだろ・・・と思い込んでいたのです。私の解釈間違っていますか?
誤解しないでいただきたいのですが、作品としては、ストーリーや、キャラクターが良く描かれていて素敵です。 
2009/06/08(月) 22:20 | URL | MFファン #-[ 編集]
おはようございます。
いつも熱心にご覧くださり、ありがとうございます。
嗜好の範囲外の作品までお読みくださろうとするお気持ちが嬉しいです。
でも、くれぐれも、無理はなさらないでくださいね。
作品を作品として認めていただけたようで嬉しいです。
>ストーリーや共感が性的興奮の邪魔になる
これは、大変興味深いご意見でした。私にとっては、とても新鮮な視点でしたので。
背景を描くことで、「女王様(S女)」から、ただの「女」になるということですよね。参考になりました。
>私の解釈間違っていますか?
すみませんが、これについては何とも言えませんね……
個人的には、男女の性差だけの問題ではない気がします。
2009/06/09(火) 07:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
深いですね…!
記憶の断片を辿りながら、なおも鮮明に全部を明かさない事で読み手の想像がよりふくらむ…!
どうなるのか、ラストまでグイグイ引っ張られました。
面白かったです!
ちょっと場違いなコメントかもしれませんが、4人の関係に思わず泣きそうになってしまいました…。
読ませて頂きありがとうございました。
2010/04/04(日) 17:32 | URL | 千速 #-[ 編集]
感激です。
千速さん、こんばんは。ryonazわーるどに浸っていただけて、大変嬉しいです。
>読ませて頂きありがとうございました。
とんでもない(汗) それはこちらの台詞です。
こちらこそ、作品をご覧いただき、本当にありがとうございました。
泣きそうになるほど作品にのめり込んでくださったなんて、作者冥利に尽きます。
感激いたしました。
少しずつ、少しずつ、真相をお見せしていくような展開を……
――そして、いつも反省ばかりを残しています(苦笑)
これからも、どうぞ温かい目で見守ってやってください。またのご来訪、心よりお待ちしています。
2010/04/05(月) 23:56 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する