[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 自分はMである。
 それだけであれば、日常生活には全くと言っていいほど支障はない。
 それは時として、ささいな出来事から一瞬にして発現する。

 木曜日の昼下がり。昼食の買い出しにコンビニにふらりと入る。
 昼時とあって店内には人が多かった。
 スーツ姿の社会人から学生まで、荒い人波が店内に溢れている。
 特に社会人にとっての昼食は、まさに時間との戦いそのものなのだろう。
 その点、僕は暇な自由人。いわゆるニートだ。時間は無限にある。
 のらりくらりと人の波の間を潜り抜けながら、ゆっくりと目的のものを探す。
 僕はパンを三つと牛乳一本、デザートにとプリンを手にし、長蛇の列が出来上がったレジ前に並んだ。
「お次のお客様、こちらへどうぞ」
 店員が別のレジ口を開いて声をかける。そちらにもまた人が流れていく。
 僕の後ろに並んでいるOL風の女性は、今か今かと自分の番が来るのを待っている様子だ。
 ――大変なんだなぁ、社会人は。
 呑気なことを考えながら、僕は僕でぼうっと順番待ちをしている。
 前にいる女子高生数人は、騒がしい声で喋っている。
「うっそ、マジヤバイってそれ!」
 髪をポニーテールにした長身の子がそう言ったのに対し、
「……ウザイね」
 と一言、ボブカットの子が相づちを打つ。彼女は朗らかな笑顔を浮かべていた。
 胸が高鳴る。
『ちょっとおっさん、目障りだからどっか行ってくんない? そしたら殺さないであげるからさぁ』
 ……
 妄想に耽る。そんな言葉をかけられたら、僕は一瞬で昇天してしまうだろうに。
 しかし時間というものは思った通り、いやそれ以上に普通に刻々と過ぎていくものなのだ。
 何事もなく、ただ一歩、また一歩とレジへ近付いていくだけ。
 後ろのOLは、相変わらず時計を見ながらそわそわしている。
 とうとう僕の前の女子高生たちの順番が回ってきた。
『おい、とろとろレジ打ってんじゃねーよ。早くしねーと明日から仕事来られなくするよ?』
 ……気付くと僕は妄想している。これは一種の病気じゃないだろうか。
 僕は黙ったまま自嘲する。
「二百九十円になります」
 女子高生は財布から小銭を取り出し、お釣りをもらってレシートの受け取りを断る。
 小さなレジ袋を手に、さっと後ろをふり返る。
 と、
「――っ!!」
 思わぬ幸福に僕は昇天しそうになった。
 ふり返りざまに、ボブカットの子の肘が、見事に僕の腹に深くめり込んでいたのだ。
 息が詰まった。苦しみはその後を追うように僕に襲いかかってくる。
「ぐうぅ……」
 僕は込み上げてくる吐き気と必死で闘った。
 ――この瞬間が僕にとっての永遠。……この瞬間を切り取っていつまでも残しておきたい。
「あ、ごめんなさい」
 と、本人が謝罪する。他の女子高生たちはそそくさと出口の方へ向かっていく。
『てめぇ、何ぶつかってきてんだよ。ちょっと来いよ』
 彼女からそう言われたのは、やっぱり僕の頭の中でだけ……
 僕の妄想の中でだけ……



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
妄想Mの人は、結構多いと思います。
実生活で誰かに言うのは、勇気が要りますしね。
2007/06/26(火) 01:39 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
共感いただけて嬉しいです。
他人に迷惑もかけないし、誰にも気付かれない(多分)
考えてみれば妄想って意外に便利な自慰的行為かもしれませんね。
実生活では確かに…
私の場合は、話を合わせて「どっちかっていうとSかも~」などと言うくらいでしょうか(笑)
2007/06/26(火) 12:27 | URL | ryonaz #6x2ZnSGE[ 編集]
 最近コメントを書き込んでいなくて、すみません。僕は妄想ではなく、実際にゆきな様に責められたいです。
2012/06/06(水) 08:17 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
またのご来訪、嬉しく思います。
ひらきさん、こんばんは。これ以上ないほどのまっすぐなコメントに、思わずたじろいでしまいました(汗)
本作は「女子高生シリーズ」のひとつなのですが、ご満足いただけなかったでしょうか?
あくまで創作サイトですので、妄想を楽しんでいただけたら幸いです。
2012/06/11(月) 20:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
>この瞬間を切り取っていつまでも残しておきたい

この文章がすとんと、胸にきました。

こういう場面が今まで何回かありました。
美しい後輩から冗談混じりに肩パンチをくらったり、美しい長身の同級生から「変態」「黙れ」と不機嫌に言われたり…。
最近になってはそれらの場面を頭の中で繰り返しながら、自慰をしたりしています。

自分もこの主人公のように、日常で美しい女性を見かけては、地面に這いつくばりたい、足置きにされたいなどの妄想を繰り広げております。
2015/02/10(火) 11:40 | URL | ろか #-[ 編集]
こんにちは。
rocaさんと同じ方でよろしいでしょうか。
ご来訪、ありがとうございます。心に残るフレーズがありましたことを嬉しく思います。
この日本社会においては、妄想が妄想に留まる限り、規制されることはありません。
体験談をありがとうございます。
謀らずも、ろかさんの欲求は満たされていたというわけですね。
その子たちも、傷つけこそすれ、決して喜ばせているなどとは思ってなかったでしょうね。
皮肉な構図です(笑)
2015/02/11(水) 14:31 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する