[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 今日は私の担当する処刑業務はなかった。その代わりに、別室でトレーニングを行うことになった。
 私を指導してくださったのは瀬川凛先輩だ。スレンダーな美しい肢体。
 訓練のことなんて忘れて、その身体にしばらく見惚れてしまっていた。互いに向き合い、素手でぶつかり合う。凛先輩との格闘は私にとって幸せそのものだ。
 殴りかかる私の腕を掴み、鮮やかに身体を腕の下にくぐらせる。
 私は身体を倒され、腕拉ぎをかけられた。完全に関節を決められている。
 う…くうう…
「ふふ…まだまだ指導が必要ね…」
 …かっこいい…
 胸の高鳴りが治まらなかった。先輩の姿が未だに目に焼きついて離れない。
 いつかは私も先輩のようにかっこいい人間になりたい。

「ねぇ、あなたはどうしてこの仕事に就こうと思ったの?」
 凛先輩が私に問いかける。トレーニングを終えたばかりの私は倒れ込み、身体を起こすこともできない。天井を見上げながら私は答えた。
「悪人をこの世から全て消したいんです。」
 息を荒げながら答える私の顔を凛先輩はそっと覗き込み、微笑を浮かべていた。
「そう…。これからのトレーニングもしばらく私が付き合うから。そのつもりでいなさいね。」
 笑顔のまま私のおでこに軽くキスをする。
 彼女の言葉やその行為の意味は、正直なところ私にはまだ分からない。でも、憧れの凛先輩からこれから先も指導していただけるのだと思うと、私の胸はさらに大きく高鳴った。
「先輩…」
 私はかろうじて身体を起こして凛先輩の方に向き直った。彼女は既に汗を拭うとその場でスーツに着替え始めていた。その後ろ姿に再び私は見惚れてしまい、背中の汗を拭う先輩から目が離せなくなっていた。
「執行人としての誇りと自覚をもって、これからも頑張っていきます。」
 その言葉を聞いた私の憧れの人は涼やかな笑顔を見せ、優しく私に言葉をかけた。
「ふふ…頑張ってね。」

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する