[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
私からの命令

「従えないなら去れ、辛いだけなんだから」

私の言葉を聴き、あなたは涙を流した

私の表情を凝望し、あなたは恨みの瞳を宿した

自分が必要でないのかと

「必要でない」

私が嘘をつくことで思いを切れるなら、喜んで嘘をつこう

私を恨むことで心が鎮まるなら、甘んじて受けよう

――それがどれだけ苦しいことか

あなたの号泣が痛い

あなたの怒号が痛い

痛い 痛い

きっと、マゾヒストは加虐体質なのだ

マゾヒストさま

鬼畜と呼ばれた私にも、せめて最後に愚痴を言う権利を下さい



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する