[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 俺は焦った。
 こ、こいつ……
 彼女は切れ長の瞳を俺に向けながら、冷酷な笑みを浮かべている。こうしている間にも彼女の尖った肘は俺の内部を何度も深く抉る。
 ――ぐ、ぐえええ。お……、ええええええ……
 ネクタイを引く力も緩める気配がない。
 苦しい。苦しい。畜生。
 彼女は俺の全身を流し目で舐めるように見回した後、今度は膝を曲げて踵を後ろに振り上げた。
 ――ぐ……、かはっ!
 踵は俺の大きくなった下半身に命中した。内臓に激痛が走る。
 そしてすぐに彼女は俺の下半身を掴んで握りしめると、ギリギリと玉を思いきり擦り合わせた。
 ――ぎいいいいやあああああああ!!
 辛うじて声を押し殺す。
 叫び声を上げるわけにはいかない。しかし、このままでは……
 俺の首は相変わらず絞め上げられたままだ。地獄の苦しみ――
 わ、悪かった。許してください。許して……
 声にならない声。当然それが彼女に伝わるはずはなかった。


 しばらくすると電車は次の駅に到着し、扉が開いた。
 降車する人間たちが出口に流れ始めたその瞬間、彼女は俺の睾丸の一つを一際強烈に握り捨て、さらに俺の腹に再び強烈なパンチを見舞った。
 流れていく人混みの中…俺はたまらず絶叫し、胃液を吐いてその場に崩れ落ちた。
 周りの視線が一斉に俺の方へ向き、ざわめきが車内を包み込む。
「運が悪い人」
 その言葉とともに、彼女は開いた扉へ向かう。
 敗北への片道切符を手に、俺は蹲りながら必死で顔を上げた。
 意識が遠のいていく俺の目には、女子高生の後ろ姿が焼きついていた。



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
いーですねー、腹パンチ!!
短いけど、萌えました。
2007/06/24(日) 19:09 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
腹責め信者です。
ありがとうございます。
この作品では、無音の空間のもつ雰囲気を大切にしたいと思いました。
萌えてくださったことを大変嬉しく思います。
短編って意外と難しいんですよね、これが。
2007/06/25(月) 05:44 | URL | ryonaz #6x2ZnSGE[ 編集]
面白いです。
痴漢を撃退する女性ってかっこいいですね。腹責め、首絞め最高です。
2009/11/21(土) 11:16 | URL | ひらき #-[ 編集]
感激です。
ひらきさん、こんばんは。温かいコメント、ありがとうございます。
卑劣な痴漢に、厳しい私刑を。腹責め、首絞め、そして……
おっしゃる通り、彼女のかっこよさを前面に出したいと思い、手掛けた作品です。
女子高生シリーズ第一弾。シリーズを通してお楽しみいただけたら幸いです。
2009/11/22(日) 20:02 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する