[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 下等生物へ

 こんばんは。ゆづきです。
 先ほどはメールの誤送信、ごめんなさいね。
 別の雄宛ですので、命令も当然あなた宛ではないです。お手数ですが、破棄してください。
 それにしても、つくづく滑稽な生き物ですね。
 このような屈辱を前に、自分が軽く扱われているようで、虫けらのように扱われているようで、興奮するだなんて……

 あなたは私に平伏し、私が踏み躙りやすいように頭を低く保つのだと、そうおっしゃいましたね。
「まるで、ゴミのように」
 と。
 ……あなたはご自分が、どれほど高い身分にいらっしゃると思っているのでしょう?
 ゴミと同等の価値が、ご自分にあると?
 おめでたいオツムですね。
 ゴミは、この地球によって与えられた天命を全うしたもの。
 私には時々、ゴミがとても尊い存在に見えることがあります。
 では、あなたは……?
「ゴミのように扱ってほしい」
 など、ゴミに失礼な話ではないですか? 申し訳ないとは思わないんですか?
 ……ごめんなさい。つい、感情的に。
 雄であるあなたには、難しい質問でしたね。

「軽く扱ってくださり、ありがとうございます」
 ――当たり前です。その程度のモノですから。
「吹けば飛ぶような卑小な存在です」
 ――そうですね。できれば吹く手間など取らせず、静かに消えてください。

 そうそう。
 本来、先ほどの命令を受け取るはずだった雄が、おかしな質問をしてきたことがありました。
 誤送信のついでに、と言ってはなんですが、あなたに話してみます。聴いてください。

 私の言葉遣いについてなのですが、あなたは不思議に思うことがありますか?
 雄曰く、
「下卑た自分のようなモノに対して、あまりに丁寧で申し訳ないです」
 と。
 いかがですか?
 あぁ、ごめんなさい。また雄であるあなたに難しい質問をしていますね。
 私にとっては、勘違いもここまでくると修正するのも面倒と言いましょうか……
 例えば、
「ここが気持ちいいんでしょ?……この変態が」
 こんなものは、雄の下劣な妄想の生み出した、品のない定番の台詞です。そもそも責め言葉を欲するなどという姿勢自体が、雄のエゴだと私は思うんですよね。ですが、女のほうもまた甘やかして、要望通りのことを口にしたりするんですよ。なんてサービス精神旺盛なんでしょう。素敵な女王様ドレイですね。
「このクズ!」
「何をやってもダメね、この豚は!」
 ……あぁ、こんなことを口にしていたら、自分が下品になっていくようでつらいです。
 そもそも、雄のような下等生物にサービスしたりムキになって罵倒したりするということ自体がおかしなことだと、私は思っているんです。
 だって、雄ですよ?
 何を期待して、怒っているんでしょうか?
 雄に刺激されて、雄の言うままに、雄の思い通りになってしまう女王様ドレイ。
 他人が口を出すことではありませんが、私は絶対に嫌ですね。

 それは、私がソレと同じ土俵に立つということ。
 それは、私がソレと同じ高さに降りてくるということ。
 それは、私がソレをそれと認めるということ。

 これ以上なく惨めなあなたのような存在を前にしても、私は基本的な礼節をもってあなたに接しているつもりです。
 もうわかりますね? その意味が。

「身分の差を知れ」

 私は、
 一匹一匹を、きちんと大切にしてます。
 同時に、
 一匹一匹を、きちんと粗末にしてます。
 それが私の理想とする、美感を有する支配です。

 美しいものを愛していたい。
 ただそれだけです。

 ところで、
 雄は、ご自分が「崇拝している」と口だけで言っている――あるいは本当にそう思い込んでいる――女を、己の高さにまで下げてくることに、罪悪感を抱いたりはしないのでしょうか?
 同じ土俵に立たせて、ご自分のために、ご自分の好む方法で責めてもらい、それでご自分が悦んでいる――ご自分の快楽のために(もはや崇拝しているというのは体裁でしかない)女を活用している――ということの愚かさを、そもそも理解しているのでしょうか?
 あぁ……、これもまた答えにくいですよね。あなたも雄の一匹なのですから。
 私は、そのような穢らわしい思考や行為は嫌いです。
「貴女様を悦ばせたい一心でお側におります」
 何匹かの雄は、恥ずかしげもなくそうおっしゃいますね。
 ……それは、嘘です。本当は、ご自分が愉悦に浸っているんです。
 その点を見誤っていると、いつの間にか、こちらも同等にまで堕ちてしまいます。
 たかが雄、されど雄。菌に例えるとわかりやすいでしょうか。

 そう言えば、
 以前、私に踏み潰してほしいとおっしゃっていたのは、あなたでしたでしょうか?
「あれ? いたの? ごめんね、気付かないで踏み潰しちゃった」――といったような。
 ……本当に、救いようがないですね。
 おそらく、踏み潰したことにも気付きませんよ。
 どうでもいいですから。

 繰り返しになりますが、私は美しいものが好きです。
 ですが仮に、この世に「美」しか存在しなかったら、我々は「美」を「美」であると意識することさえできないのでしょうね。
 だからこそ、「醜」もまた必要。――とても残念なことですが。
 私が、雄の存在を完全否定できない理由のひとつが、ここにあります。

 長々とごめんなさい。
 私のくだらない話に付き合わせてしまいました。
 ここまで聴いてくださって、ありがとうございます。
 あらためて、この度は、メールの誤送信、誠に申し訳ありませんでした。
 失礼いたします。

 えっと……
 私が誤送信したのはあなたですよね。で、そもそもあなたは誰でしたでしょうか?
 雄であるということくらいはわかるのですが……
 ちなみに、もともと送信したかったモノも誰なのか曖昧なんですよね。


 ……ま、いっか。


 ゆづきより



END

| Novel index |
コメント
この記事へのコメント
申し訳御座いません
ゆづき様、ご主旨に全く反する反応で申し訳御座いません。

この下等な雄めは、ゆづき様のみ言葉を拝読しながら、またもや身勝手な悦びに打ち震えてしまいました。

たとえ下等な雄なりに、愚かな頭でたとえ僅かでも理解したつもりの部分が御座いましたと致しましても、それとは明らかに反します反応を、この愚かな雄の身体が、魂が、ゆづき様のご主旨に反すると思えますそんな反応をしてしまって御座います。

申し訳御座いません。 申し訳御座いません。

全てが全く、ゆづき様の仰います通りなので御座いましょう。下等な雄の愚かな頭でも、身に覚えが御座います。 そんな記憶が御座います。そして、現にたった今も。。。

ゆづき様のみ言葉に満ちていらっしゃいますご礼節の意味をこの下等な雄めは全く理解しては御座いませんでした。 この様に、み言葉を殆ど理解出来て御座いません下等な雄めに対しまして、この様に、ご説明頂けます事自体が、極めて異例の事かと存じますが、この下等な雄の愚かな頭でおぼろげながらも想像出来ますのは、その程度の事でしか御座いません。 質問をされた雄の質問文には、やはりこの下等な雄めではとても敵わない様な一途さやひたむきさがあったので御座いましょう。

ゆづき様のみ言葉に満ちていらっしゃいますご礼節の意味を伺う事が叶いまして、おとなしくただひたすらに深く低く平伏させて頂くべき時に、ご礼節によりまして徹底的にお示し下さって御座います女神様と下等な雄との格差に、この下等な雄めの愚かな身体と魂は、身勝手な悦びに耽り、悶えてしまいました。申し訳御座いません。

下等な雄めが、愚かな言葉をどれだけ連ねましても、何の意味も御座いませんでした。
申し開きも出来ません。
申し訳御座いません。

------------------------------------------

ryonaz様、いつも素晴らしいお作品とメッセージを有難う御座います。

私の貧困な想像力のため、最近の私自身のコメントもネタに使ってしまいまして失礼致しました。
2014/06/30(月) 23:00 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
 梨央様、大変にお忙しくお疲れの中、こんなに短期間に、こんなにも素敵なご作品を立て続けに二つもお書きになってくださいまして、本当にありがとうございました!僕、もう嬉しくて嬉しくて、有り難くて有り難くて、幸せで幸せで堪らなくて……(*^_^*)。これからもこれまで以上に、時間を見つけては頻繁にお邪魔させていただいて、一生懸命ブログランキングのクリックをさせていただいて、「責め苦を与える活力」でしたか(^_^;)?を、梨央様にいっぱいお持ちになっていただかないといけないなって、つくづくそう思いました(*^_^*)。梨央様、本当に、本当にありがとうございました!
 ところで、梨央様、このご作品なんですけど……、純粋にご作品として楽しませていただいても宜しいんですか……(^_^;)?僕ね、最初に読ませていただいたときに、「この「ゆづき様」っていうS女性様、ものすごく厳しいこと仰るなぁ……(^_^;)。もし僕が大好きな梨央様から、こんな厳しい御言葉を頂いちゃったりしたら、あまりにも悲し過ぎて、死にたくなっちゃうかもしれないなぁ……(^_^;)。このメールを頂いた「下等生物」さん、可哀想だなぁ……(^_^;)。」みたいな暢気なことを考えながら純粋にご作品として楽しませていただいてたんですけどね、途中で、まるで僕に対する有り難いお叱り(お教え)の御言葉のように感じさせていただいてしまう勿体ない御言葉の数々がごさいましたから……、僕もずっと遠くからあんなにも切ない思いで憧れお慕い申し上げ、崇拝申し上げ続けた高い高い雲の上においでの全知全能の女神様に、僕みたいな低い低い地べたを這う無知無能の下等生物ごときが、あまりにも丁寧な御言葉を遣っていただいて、あまりにも礼節をもってお話していただいてしまっていることを、いつも本当に恥ずかしく、申し訳なく、心苦しく……、そして、ちょっぴり寂しく(^_^;)感じさせていただいておりますし、そのことをいつもお話させていただいておりますから、ゆづき様を、まさに僕の女神様の梨央様(厚かましいことばかり申し上げて、本当にごめんなさい(^_^;))そのままに感じさせていただいてしまって……(^_^;)。本当に為になって、最高に有り難くて素敵なお叱り(お教え)の御言葉の数々に……、最高にかっこいいご様子や有り難いお心に感動、感激させていただいて、うっとり、胸キュンキュン、心ぽかぽか至福に浸らせていただくことも、こんなにも素敵なご作品や女神様をお産みになられることのお出来になる僕の憧れの天才作家様に、僕なんかがこんなにも可愛がっていただいてしまっていることを、 改めて嬉しく有り難く、そして、恥ずかしく申し訳なく思わせていただくことも忘れてしまって……、なんだか背筋がものすごく寒くなってしまって……(^_^;)。途中から、ご作品を楽しませていただいているっていうより、なんだか梨央様とメールでお話させていただいて、お叱りいただいているような錯覚に陥らせていただいてしまって、拝読しながら思わずぶるぶる震え上がらせていただいたり、冷や汗タラタラ流させていただいたり……(^_^;)。……何度か繰り返し読ませていただいてみたんですけどね、「本当にそうだなぁ……。本当に、何もかもすべて、梨央様(ゆづき様)の仰せのとおりだなぁ……。」って思いました(^_^;)。まるで、メールやコメント欄でお話させていただいたり『奴隷支配の哲学』等々を読ませていただいたりして、うっとり胸キュンキュン、心ぽかぽか至福に浸らせていただきながら、いつも学ばせていただいている奴隷支配に於ける梨央様の最高に素敵なお教え、価値観、哲学、美学等々を、改めてお教えいただいて学び直させていただいているように感じさせていただきました(^_^;)。梨央様、本当にありがとうございました!そして、あんなこと申し上げて、本当にごめんなさい。本当に申し訳ございませんでした。……ですけどね、梨央様……(^_^;)、僕、「このクズ!」 「何をやってもダメね、この豚は!」等々、なにもそんな御言葉をお恵み戴きたいと願ってあんなこと申し上げたわけでは決してございませんからね(^_^;)。そんな御言葉をお恵み戴いたりしたら、うっとり胸キュンキュン心ぽかぽか至福に浸らせていただけるかもしれませんけど、なんだかその辺の普通のS女性様や女王様にお芝居していただいて可愛がっていただいているみたいで、僕の中の梨央様のイメージが根っこから崩れてしまいますから……(^_^;)。それにね、僕、畏れ多くも梨央様に、同じ土俵に立っていただこうだとか、同じ高さに降りて来ていただこうだとか、ましてや「女神様奴隷」になっていただこうだなんて、そんな恐ろしいこと、これっぽっちも考えさせていただいてなんかいませんからね(^_^;)?僕にとっての梨央様は、お優しくも、僕なんかのことを可哀想と思し召しくださって、いつも僕の行く末を案じてくださって、大切なことを沢山教えてくださって、励ましてくださって、何もかもすべてをお与えくださって、守ってくださって、幸せに生かしてくださっておいでの、正真正銘、慈悲深く気高いお心の全知全能の女神様、聖母様で在らせられますから、ついついまるで飼い主様みたいにお慕い申し上げ、頼りきらせていただいて、甘えさせていただいたり、ぷるぷる尻尾を振らせていただいたりしてばかりですけど、それでもやはり、これからもずっと、こんなに遥か遠く低い低い地べたから、唯指を咥えて切ない思いで憧れお慕い申し上げ、仰ぎ見させていただくだけの、正真正銘、高い高い雲の上においでの『届かない女神』様でも在らせられますから……(^_^;)。何卒それだけは信じてくださいまして、これからも、これまで同様、温かな血の笑みをお湛えくださりながら、高い高い雲の上から、僕のこと見下ろしてくださいまして、可愛がってくださいまして、守ってくださいまして、世界一の幸せ犬のまま生かし続けてくださいませね(^_^;)?……あれ?ごめんなさい(^_^;)。また性懲りもなく、ご作品の中の女神様と梨央様を完全に混同させていただいてしまって……(^_^;)。こんなわけのわからない見苦しい言い訳や厚かましいお願いをダラダラと……(^_^;)。本当にごめんなさい。本当に申し訳ございませんでした。所詮、大好きな女神様に嫌われてしまって、生きる希望がなくなっちゃうことが怖くて怖くて堪らなくて、ついつい言い訳や厚かましいお願いばかり申し上げてしまう可哀想な下等生物のすることと、お優しくも思し召しくださいまして、何卒笑ってお許しくださいませね(^_^;)?いずれにしても、梨央様、本当に素敵なご作品を、……と申しますか、本当に恐ろしいご作品を(^_^;)、お優しくもお書きになってくださいまして……、勿体ない御言葉の数々を、この愚かな下等生物に、お優しくもお恵みくださいまして、大切なことをまた改めて沢山お教えくださいまして、本当に、本当にありがとうございました!僕、あまりにも畏れ多い夢と知りつつも、益々梨央様の奴隷の座に憧れてしまいました(*^_^*)。梨央様の奴隷さん方が、本当に羨ましくて羨ましくて仕方ないです(*^_^*)。
2014/07/02(水) 18:13 | URL | 次郎 #-[ 編集]
女神崇拝者さん。
こちらこそ、いつもご感想を頂き、感謝しています。
貧困な想像力だなんて、謙遜も甚だしいですね(笑)
鯔背なもの、考えさせられるもの、etc...とてもよい刺激を頂いています。
また、温かいお心遣いにも励まされています。ありがとうございます。
コメントの前部は、ゆづきに届けておきますね。
さて……、彼女はどんな顔をするでしょうね……?
2014/07/13(日) 19:40 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
次郎さん。
責め苦を与える活力を頂き、ありがとうございます。
お陰様で、ここまでサイトを続けてこられています。
>純粋にご作品として楽しませていただいても宜しいんですか
はい。掲載されている物語は全てフィクションです。
本作は「小説:その他」カテゴリーとさせていただいてます。
もちろん、次郎さんの感じ方までは強制いたしませんし、できませんが(笑)
いつも、強く心を乱してくださることを嬉しく思っています。思わず悪い笑みが……
2014/07/13(日) 19:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
お久しぶりです。ほうれいです。

相変わらず素晴らしい文章で最高でした。

私が踏み躙りやすいように頭を低く保つ~の文脈が
踏むという行為に特別な思いを持つ私としては大好きです(笑)

そういえば、コミケなどには行かれたりするのでしょうか。

2014/07/20(日) 21:26 | URL | ほうれい #-[ 編集]
ほうれいさん。
こんばんは。ご無沙汰してます。
またのご来訪、そして温かいコメント、ありがとうございます。
お気に入りの場面描写があったとのこと、大変光栄に思いました。
本作は、小説というよりは、表現。私の中から湧き出てくる何か。
当サイトでは、そういったものを、この「小説:その他」に分類しています。
直接、逆リョナに関係しない作品もありますが、興味があればぜひご覧になってみてくださいね。
>そういえば、コミケなどには行かれたりするのでしょうか
私自身は、今回はおそらく行きません。ほうれいさんは参加されるのでしょうか?
水分をこまめにとって、熱中症などには十分お気をつけくださいね。
2014/07/20(日) 21:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
早速のご返信ありがとうございます。

今回は、という事は行かれる事もあるんですね。
私は都内に住んでいるにも関わらず、一度も行った事がないんです。

私はオタクではないのですが、ゲームやアニメは大好きなので
一度は行ってみたいと思っているのですが、なにぶん現状は貧困の毎日でお金がなく、
かつ一日中仕事で時間もないので行けません。

でもいずれは行きたいですね。

行っても買うものはないのですが、
空気を味わうだけでも・・・。

雑談になってしまい、すみません。
また時間のある時に未読の小説を拝読させて頂きたいと思います。
2014/07/20(日) 23:36 | URL | ほうれい #-[ 編集]
ほうれいさん。
お金、時間、仕事との兼ね合い、etc...
イベント参加と一口に言ってみても、事情がそれを許さないことは多々ありますよね。
ただ、余計なお世話ではありますが、
「行ってみたい」
その気持ちがおありなら、やはり一度参加してみては!
――と、応援したくなりますね。
お時間の無い中、当サイトへのご来訪、作品閲覧、コメント、本当にありがとうございます。
またのご来訪をお待ちしています。
2014/07/21(月) 00:02 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
自演乙
2014/07/21(月) 23:29 | URL | 名無し #-[ 編集]
いらっしゃいませ。
初めまして。
「作品をどのように捉えるかは、読者様の感性に依拠する」
――というのが私の信条です。
本作を楽しんでいただけていれば幸いです。
2014/07/22(火) 00:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
このコメントって、全部お前の自演なんじゃないの?どん引きだわ
2014/07/22(火) 16:01 | URL | 名無し #NkOZRVVI[ 編集]
「作品をどのように捉えるかは、読者様の感性に依拠する」

ちなみに、この文言で逃げるのナシな
2014/07/22(火) 16:08 | URL | 名無し #-[ 編集]
小説は楽しんでいただけなかったようで、残念です。
(名無しさんの2つのコメントは同じ方だと判断してお返事いたします。)

>全部お前の自演
斬新な発想ですね。
IPを公開することは可能ですが、何をしても疑う人は疑います。
悪魔の証明と同じですので。
また、コメントが全て私のものだとしたら、ものすごく大変な作業ですね(汗)
そんな暇があるなら、新しい作品を書きたいです。

>この文言で逃げるのナシ
小説の解釈を押し付けることを私は好みません。
そもそも小説というのは、そういう性質のものでしょう。
単に「逃げる」という言葉を使いたいだけに思えます。

これ以上、あなたのお遊びに付き合うことには意義を感じません。
私にではなく、今までコメントを下さった方々に失礼なことを言った――それだけは自覚してください。
2014/07/22(火) 19:02 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
私の実在はどの様に証明可能でしょうか
ryonaz様、いつも素敵なお作品を有難う御座います。
ryonaz様、また、常連さん達をはじめ、愛読者の皆様、いつも素敵なコメントを有難う御座います。

疑う人に信じさせる術はありませんが、私が実在していること、ryonaz様とは別人であること、そして大変残念なことにryonaz様と面識がありませんこと、これらのことを私は一人称の紛れもない事実として知っています。実在の人間としてその事実を生きております。
残念ながら、私の様な姓的嗜好の者に対する世間の偏見は根強く、当然ながら個人情報を明かすことは出来ませんし、そうであります以上、ryonaz様がご存じでなく、私のみが知っている情報であって、しかも、私の個人情報に触れない範囲でその情報を明かせば、誰もが私が私であることに納得する様な、そんな都合良く証明に使える情報など存在し得ないと思います。残念ながら私は有名人でもありませんので誰もが「あ、あの人か」と納得するという事自体も無理だと言わざるを得ません。また、仮に有名人だと仮定した場合でしたら、SM界の有名人で性癖を隠す必要の無い人でも無い限り、普通の有名人は益々この場で正体を明かしたり個人情報に触れることは出来ない筈です。 
まさに悪魔の証明の特別バージョンの様なもので、残念ながら実在する私自身が本当に実在することを証明することはこの場では不可能なのです。論理的に考えられる頭をお持ちの方なら当然の事として理解しておられると思います。

また悪魔の証明が不可能であることを当然の常識として理解している者にとりまして、その悪魔の証明を振りかざして他者への攻撃に使っている人の論理は説得力を持ちませんし、誰でも判る様な常識を理解していない者にしか通用しない論理を得意げに振りかざしていい気になっている、(穏当な表現が困難で恐縮ですがその中でも出来るだけ控え目な表現を選ばせて頂きますが)通常より非常に低い知性と通常より非常に低い知能と通常より非常に低い知識の持ち主であることを自ら証明しておられる様にしか見えません。これは私個人だけの勝手な思いではなく、通常の知性と通常の知能と通常の知識を持つ人ならば誰でも同じ様に感じる事ですので、悪魔の証明を振りかざして私達の存在を否定し、私達のことをあたかもryonaz様が成りすましている架空の存在であるかの様に主張している様な人が私に対して反論することは全く無意味で、通常より非常に低い知性と通常より非常に低い知能と通常より非常に低い知識の持ち主であると皆さんから思われてしまう様な行為をやめる事が唯一効果的な対応策であろうと思料致します。 
 
私自身、実際に存在している者として、そして間違いなく存在している筈の、JiさんとかHoさんとかHiさんとかHiさんとかKaさんとかMaさんとか、様々な実在の人物が、己の存在を無意味に否定され、また、大事に思って愛読しているサイトを傷つける行為に不快感と怒りを持っていると思います。
残念ながら、私自身はNETの世界や技術にあまり詳しくありませんが、大きなサイトの管理人でいらっしゃる方を含め、詳しい方々も多いと思います。
多くの実在の人物達の怒りを無駄に買う様な行為はそれほどお得ではない様にも思えます。

例えば、異なるIPの複数の機器を使えば、別人としてコメント出来る? 
名目上はそうでしょうけど、判り切った手段だけにそんな方法が通用するものでも無いかと思います。 
ここにコメントされる皆様が何処でどの様な足跡を残しておられるかは存じませんが、複数のIPを用いた書き込みをすることによって、複数のIPを管理人様に晒すという行為は、手がかりを増やすことにも繋がり兼ねませんよね。そして、多くの実在の人物の怒りを買うということは、捜査者・調査者が大勢で情報を持ち寄る事にも繋がりかねませんよね。 
これは私の様な素人でも思いつく想定例ですが、NETに詳しい方々ならば、その人達を本気で怒らせたら、どの様な手掛かりから、どの様な事実を探り当て、どの様な対処をなさるか、素人の私には想像も付きません。 

まさにくわばら、くわばら、です。 
その様な目に遭わない様に、私自身はおとなしくしていたいものだと思います。

ところで、2014/07/22(火) 16:01 に先立つ2014/07/22(火)朝8時頃に、私が拝見した限りでは、2014/07/22(火) 00:58 のryonaz様のコメントまでが現状通りに表示されていましたので、少なくとも、2014/07/21(月) 00:02 のryonaz様のコメントまでの、ryonaz様と読者様方と私自身を含む全てのコメントと、一つ飛ばして2014/07/22(火) 00:58 のryonaz様のコメントを併せ、これらのコメントの何処に不審な点があったのか、私には何度読み返しても全く理解出来ません。

実在する私達の存在を否定する様なご説明はもはや書きこんで欲しくはありませんし、実在する私自身にとっては全く無意味ですので、ご説明も無用に願いたいのが本当の所でして、私には全く理解出来ないことを全く理解出来ないと申し上げたからといって、ご説明を求めるものでは一切ありません。 

ご回答は期待しておりませんし、むしろご回答が無いことを期待しております。

もしも不愉快な場所ならば、近づかなければ良い、自分自身の個人情報が晒されるなどの自分自身への「攻撃」や「危害」が無い限りにおいては、自分と主義主張や嗜好が異なる場所は、見ず、読まず、知らず、放置して置けば、自分にとって存在しないのと一緒ですし、不快感を催すこともありません。所詮、全人類の主義主張や嗜好を自分の思い通りに従わせることなど、そもそも誰にとっても不可能なのですから。

ryonaz様、一愛読者として、ryonaz様を応援したい気持ちで、このような長文を投稿してしまいましたことを、もしもお許し頂けますならば、ご掲載頂けましたら幸いです。
逆に、もしも、許容範囲外であったり、ご迷惑をお掛けすることに繋がり兼ねない状況が想定されるなど、問題が御座いましたら、管理者承認をせず、このコメント投稿の掲載を差し止めて頂けましたら幸いです。 
勝手な気持ちを吐露致しまして申し訳御座いません。 

ryonaz様、いつも素晴らしいお作品とコメントを有難う御座います。 
2014/07/22(火) 23:33 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
お心遣いに感謝いたします。
女神崇拝者さん。この度は、さぞご不快な思いをされたことと存じます。
申し訳ありませんでした。
>一愛読者として、ryonaz様を応援したい気持ち
胸に温かく抱かせていただきました。ありがとうございます。
これほどまで当方を思ったメッセージを頂き、感激している次第です。
私自身は今、コメントから女神崇拝者さん「らしさ」を感じています。
私もまた、作品やコメントで、私「らしさ」を伝えているつもりです。
そこに客観的な証拠など必要ない。
互いが心のふれあいを感じられれば、きっとそれで十分なのだと思います。
今後も、お時間のあるときにはぜひ!
またのご来訪、お待ちしています。
2014/07/23(水) 16:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
はじめまして
ryonaz様、はじめまして。 双葉と申します。 当方女(Mではありません)ですが、ryonaz様の作品に惹かれております。

こちらの作品について、雄というものに限らず全ての男性に向けたメッセージに感じるのはおかしいでしょうか。
まだまだ女性に対して失礼な男性がいる気がしたもので…。(ミソジニーと呼ばれる類)

駄文失礼しました。 また伺わせていただきます。
2014/11/01(土) 11:02 | URL | 双葉 #-[ 編集]
いらっしゃいませ。
双葉さん、初めまして。
当方の作品に魅力を感じてくださっているようで、大変嬉しく思います。
>雄というものに限らず全ての男性に向けたメッセージに感じるのはおかしいでしょうか
おかしくないですよ。
人の数だけ作品の捉え方があると、私は思っています。
私の主張はどうあれ、双葉さんが私の作品からお感じになったことが、双葉さんの真実です。
あとはそれが結果的に当方の作品を楽しむことにつながればいいなと祈るのみです。
またぜひ、遊びに来てください。
2015/01/08(木) 14:03 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。