[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※閲覧の際は、PCをお使いください。
--------------------------

名前( 三田りみな )

7月25日( 木 ) 天気( くもり )

 今日は、日記の先生の※のことばを見てびっくりしました。
 わたしはけしてないの
で、学校でだれかがいたずらしたのかもしれません。
 かなしいし、くやしいです。
 でも、
先生がおめでとうとかゆうしゅうとか書いてくれてたのを見るとうれしいし、あさってからの夏休みも楽しみなの、気もちをきりかえてがんばろうと思います。
 日記の先生の※のことばを見たら、お母さんが、
「赤いくつがよごれてかわいそうね。」
 と言って、同じくつを買ってくれました。ねだんが高いのにまた買ってくれて、とてもうれしかったです。そのかわり、日記のことはもう何も話さないというやくそくをしました。りゆうはわかりません。今日はお母さんがそばにいて、書いた日記を何回もなおさせられるのがふしぎです。でも、今とてもうれしいので、もういいです。わたしは、先生のおかげだと思いました。
 でも、そのあとお母さんに、
「新しいくつを買ってもらったから、よごれたくつはすてればいい。」
 と言ったら、すごくおこられました。
「よごれたくつはそのまま先生にわたすの。あらわなくていい、きたないって思って。」
 と言われたので、明日もっていきます。
 カバンになかなか入
なくてたいへんでした。
 あさ
ってにはもう夏休みが始まっているので、ワクワクしています
 お母さんに、
「先生ありがとうございます。

 と伝えてほしいと言われました。
 先生ありがとうございます。


<先生>
 ものは大切にしなくてはいけません。
 そのことをきちんとおしえてくれたのです。とてもすてきなお母さんですね。
 りみなさんには、まだ少しむずかしいと思いますが、お母さんは、りみなさんのしょうらいも大切にしてくれていますよ。




【 先生あのね 】

名前( 白石ともお )


(日記の全てが水浸しで読めない)


<先生>
 雨がつづいたので、カバンの中に水がたまっていたのかもしれませんね。
 だんだんとしみこんでしまうことはよくあるので、先生もおこったりしません。
 ですが、いいわけはだめです。日記のことはわすれましょう。
 もし日記のことで何かを先生に言ったら、その時は先生もおこります。
 毎日書いていたのなら、それでじゅうぶんです。よくがんばりましたね。




END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。