[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年に頂いた、コメントのバックアップです。
たくさんのコメント、ありがとうございます。
↑New ↓Old


■ 関白宣言 あとがき

笑ってしまいました。面白いです!
ryonaz様、このお作品は素晴らしいコメディですね! 笑ってしまいました! 
うーむ、こんな感じに前向きな幼馴染さんが実在していたのですね! 恐るべし、人間の個性! 
この亭主は、M男では無いのですね。物事の理解が普通の人々とは非常にずれている、普通に解釈すれば「お馬鹿さん」なのでしょうけど、自分に苦痛を、いや、彼にとっては苦痛なんかではないのだ、ということになるのでしょうけど、まあ、その、一般的な意味で言えばやっぱり「苦痛」を与えている妻や娘の行動を、この様に理由づけしてしまえる点は、馬鹿なんだけど、変に思考力はある、自らの思い込みに強引に合致する仮想ストーリーがこうもスラスラと出てくる人を「馬鹿」と言い切ってしまって良いのかどうか、少々複雑な思いが致します。。。などとコメントしながら、ニヤニヤしてしまっております。
このような世界まで創造してしまわれるryonaz様、素晴らしいです! 天才です! 
2013/12/28(土) 22:07 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

恐縮です。
ニヤニヤしていただけて大満足です。
天才なんてとんでもないです。むしろそれは、私の幼馴染の男性のほうですよね(笑)
もちろん、彼はこんなところで勝手にモデルにされているなどとは、露ほども思っていないでしょうね。
今度会ったら、一方的にお礼を言っておこうと思います(笑)
2014/01/11(土) 23:06 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ あなたを潰す時まで あとがき

怖い、ですけど、カッコ良くて魅力的なお強い女性
ryonaz様、このお作品は確かに猟奇度最大で、凄いインパクトですね。
膝蹴りやハイキックを的確に決める、お強くてカッコイイ女性が素敵です。
踏み潰す、文字通り命を踏み潰す、そこに止めようの無い快感を得てしまったこの女性のエスカレートぶり、怖いですし、魅力的です。
ヒールで踏まれてヒールが食い込んでくるだけで、我慢しきれないほど痛いものですし、そこには、M男と言えども快感は無く(個人差もあるでしょうけど...)ただ苦痛と、それがいつまで続くのかという恐怖しか無いものだと思います。恥ずかしながら、私自身の過去の体験談です。完全にアソコも縮み上がってしまったものです。
それが、穴が開くほど、血が噴き出すほど、それが無数に、などとなったらどうでしょう。本当に怖ろしい、自分では体験したくない苦痛と恐怖です。それなのに、これが文字で示されたお作品となりますと、魅力を感じてしまいますから不思議です。
最後は、愛する男を、しかも、彼が目覚めてから、踏み潰そうとしているこの女性の中では、踏み潰す快感が、性的な快感と結び付いてしまった様ですね。彼女自身も既に金髪の男を踏み潰す時の感覚をエクスタシーと言っていますし。
彼の立場だったら、と思うとゾッとします。でも、文章のお作品としては、だからこそ魅力的です。
ryonaz様、素晴らしいお作品を有難う御座います。
2013/12/28(土) 21:05 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

苦痛と恐怖の魅力。
ご自身の体験を交えてのご感想、ありがとうございます。
私は女神崇拝者さんのおっしゃる、
>M男と言えども快感は無く(個人差もあるでしょうけど...)ただ苦痛と、それがいつまで続くのかという恐怖しか無い
>本当に怖ろしい、自分では体験したくない苦痛と恐怖
>これが文字で示されたお作品となりますと、魅力を感じてしまいます
以上のような感覚が、実に正直なものに思えます。
良い悪いでなく、この嗜好の男性に「される」覚悟のある方はいないと、私は思っていますので。
例えば、殺されたいわけではなく、殺されたいと「思う」に留まるとでも言いましょうか。
だからこそ、このような拙作をご覧くださる方もおり、それが当サイトの価値にもなっているのだと考えております。
魅力を感じていただけましたこと、光栄に思います。
2014/01/11(土) 22:50 | URL | ryonaz #qW9Qm9oY


■ 届かない女神

>手を伸ばしたい。そいつと代わりたい。構ってほしい。撫でてほしい。叱ってほしい。抱きしめてほしい。

 女王様のお部屋で、しかも裸で……、女王様と一緒に居させて戴いてて、こんな贅沢なことを考えてしまうなんて、本当に贅沢な奴隷君ですよね……。

>二度と間違うことのないように。

 そう思ってても間違ってしまうんですよね、必ず……。
2013/09/19(木) 04:34 | URL | 馬鹿犬 #-

いらっしゃいませ。
馬鹿犬さん、初めまして。
贅沢を享受していながら、それでも「何か」を求めてしまうのでしょうか。
愚かですね(笑)
作品をご覧いただけて、大変光栄です。ありがとうございます。
お気に召しましたら、今後もどうぞお気軽にご来訪ください。
2013/12/26(木) 19:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 複製人間 あとがき

 あのね、梨央様、僕、6頁目を読ませて戴いたときには、智也君に対して「ふん!お前みたいな酷い奴なんか、こうして自責の念、後悔の念に加えて、「何の罪もないクローン人間の自分が、どうしてオリジナルの身代わりでこんな酷い目に……」っていう思いで苦しまされながら徹底的に拷問されて、出来れば最終的には殺されちゃえば良いんだよ!」って毒づかせて戴いてたんです。ですけど、読み終えさせて戴いたあとには……、特に7頁目の

>かつての香澄とのことを思い出すたびに、俺は青ざめていった。
 彼女にした所業がフラッシュバックのように蘇る。その全てが今、俺にはね返ってこようとしているのだ。
 俺は今更になって後悔の念を強くしていた。
 ――男共にちやほやされていい気になりやがって。
 俺は香澄の人気と自分の劣等感から、次第に彼女に嫌悪感を抱くようになっていた。彼女に告白されたあの日から、俺は一度たりとも彼女に心を許したことはなかった。男慣れしたヤリマン女。どうせ彼女のお遊びの一つに過ぎないのだと思っていたのだ。

っていうところや、

10頁目の、

>大きく瞳を見開いている俺を見て、くすくすと彼女は笑う。やはり美しい。こんな彼女をどうしてふってしまったんだろう。どうして彼女を信じることができなかったんだろう。

っていうところを読ませて戴いて、少しだけ智也君の気持ちを理解させて戴いてしまってからは、「香澄様のお気持ちは痛いほどお察し申し上げるけど、出来れば智也君に本当のことを教えてあげて、悔い改めるチャンス与えてあげて戴きたいな……。香澄様もお父様にそんな馬鹿なお願いをなさってまで、智也君に復讐なさるくらいなんだし、可愛さ余っての例えのように、今でも智也君のことを少なからず愛しておられるに違いないし、僕が智也君なら、出来れば一度だけお慈悲をお恵み戴いて、香澄様好みの素直な良い子に躾直して戴いて、一からやり直させて戴きたいな……」って思ってしまって……。僕も劣等感の塊ですから、お優しくも僕なんかに好意を示してくださったり、優しくしてくださったりする女神様みたいな女性が偶に現れてくださっても、「どうして僕なんかに……」って、訳がわからなくて、怖くて堪らなくなってしまって、つい素っ気ない態度を取らせて戴いたり、逃げ出してしまったりして、後になって「どうして、あんな失礼なこと……、あんな勿体ないことしちゃったんだろう……」って、物凄く後悔させて戴いたことが、少ない経験ながら何度かございましたので、なんか急に智也君にシンパシーを覚えてしまって、切なくて堪らなくなってしまったものですから……。ですけどね、僕、思ったんです。香澄様がこんなにS性を発揮なさるようになったのは、何も智也君にあんな酷いふられ方をされておしまいになったからじゃないんじゃないかなって……。もし仮に普通のカップルとして順調に愛を育んで結婚して、みたいになってたとしても、遅かれ早かれ、結局はSMカップルになってたに違いないんじゃないかなって……。ひょっとしたら、最初から智也君は、結局は脚を切断して戴いて、一生逃げられないようにして戴いて、香澄様に飼って戴く運命だったんじゃないかなって……。香澄様の素敵な責め方や智也君の可愛らしい反応を見ながら、ついそんなふうに思ってしまって、うっとり胸キュンキュンしてしまって……。ひょっとしたら、この先、二人にとって最高に素敵な人生が待ってるんじゃないかなって、羨ましくて堪らなくなってしまって……。ごめんなさい。純粋に素敵な逆リョナの世界を楽しませて戴いていれば良いのに、こんなことを考えちゃうなんて、僕って本当に馬鹿ですよね…(笑)
 いずれにしても、梨央様、素敵なご作品をお書きになってくださいまして、本当にありがとうございました。
2013/09/03(火) 22:04 | URL | 次郎 #-

こちらこそ感謝しています。
いつもたくさんのご感想をありがとうございます。
作品で心を乱してくださっている様子を見ると、とても心地がよいです。
次郎さんは感受性が豊かなので、ご感想から強く伝わってくる思いに、私がまた心打たれているような感じでしょうか。
深く作品の世界に入っていただけることを嬉しく思っています。
これからもぜひ、いつでも遊びに来てくださいね。
2013/12/26(木) 18:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 牙 あとがき

 あのね、梨央様、ご存知のように、僕、渚様が大好きで、まるで実在する女性に対するみたいな感じで、本気で恋しちゃってるんですけどね、渚様がご活躍くださらないご作品の中では(もちろん、『女子高生シリーズ』の中でですけど)、やっぱりこのご作品が最高に素敵だなって、今日拝読しながら改めてそう思いました。もし最初に『教えてあげる』じゃなくて『牙』を読ませて戴いてたら、ひょっとしたら渚様以上に紗希様か彩香様に恋しちゃってたかもしれないなって思っちゃうほど、お二方とも本当に魅力的で……。渚様に負けず劣らず、僕の理想の女神様で在らせられるなって……(*^_^*)。紗希様って、(『牙』の中では)まだ中学生なのに、お考えになってることが本当にしっかりしてて、今の僕なんかよりよっぽど大人で……。大人しくてクールな感じで、小柄で華奢な女の子なのに、本当に芯がお強い大人の女性っていう感じで、格闘においてもびっくりするほどお強くって……。本当に頼り甲斐のあるお姉さんっていう感じで、本当にかっこよくって……。特にね、最初のページの、馬鹿みたいな五匹の雄共が高架橋の下で一人の女の人(彩香様)に絡んでる気配に一瞬目をお留めになりながらも、ありふれた光景に「関係ないな」って通り過ぎようとなさっておられたのに、

>そこで、私はひたりと足を止めた。女の悲鳴と、男の愚劣極まりない声――そういった音が耳に届いてくるものだとばかり思っていた。予想を裏切る音たちに興味を抱き、再び、人影たちの方へ目線を注ぐ。
 ――面白い。
 素直にそう思った。
 退屈な日常を少しでも潤す非日常に惹かれてしまったのかもしれない。
 血が凍り、全身が微震を始め、口元に笑みが零れてくる。こんな風に胸を刺激されるような感覚は久しぶりだ。感情が揺さぶられる。身体が疼く。高ぶるエネルギーを抑えきれない。

っていう、意外な展開に急に興味が湧いてきて、みたいなところがあるでしょ?そのあとの、

> ――助けてやるかな。  …………あの男たちを。

っていう、紗希様の台詞ですか?心象を表現する御言葉ですか?が、本当にかっこよくって……、僕、いつもこの御言葉に、うっとり胸キュンキュンしてしまって、「ありがとうございます。僕を助けくださいませ、紗希様󾬌……」って、早くも五匹の雄の中の一匹にならせて戴いたつもりにでもなっちゃうのか、ついそんなふうに呟いてしまって……。ですけど、僕ね、『牙』を読ませて戴く度に、この紗希様のお気持ちや行動が不思議で不思議で仕方なくて……。一人の女の人が五匹の下品な雄共に酷い目に合わされようとしてるのに、それを横目に通り過ぎようとなさっておられたくせに、いくら面白そうなものをお見つけになったからって言っても、どうして、あんな馬鹿で下品な雄共を助けてやる気におなりになっちゃうのかなって……。しかも、つい今まで、お心の中であんなに蔑み毛嫌いなさっておられた筈なのにって……。それでね、僕、今日も、そんなことを考えなが読ませて戴いてて、2頁目に入ってすぐのところの、

> 「っだ、コラてめオラ!」 そう嘶いた男は、次の瞬間には腹を抱えて膝をついた。

っていうところで、「嘶いた?……これって、何て読むんだっけ?」って思って、辞書を引かせて戴いてみたんです。それで、僕、思ったんです。紗希様は、嫌みや皮肉混じりの冗談みたいなお気持ちでなく本気の本気で、この雄共を人間ではなく馬か何かみたいな動物としてご覧になっておられたんだなって……。別に、蔑んでおられたわけでも、毛嫌いなさっておられたわけでもなくて、「言葉も喋れなくて可哀想に……」って、唯単に同情なさっておられただけだったんだなって……。女の人(彩香様)に対しては、「あなたは立派な人間なんだから、助けを呼ぶなり何なり、自分でなんとかなさいね。できるでしょ?」みたいに思っておられたけど、意外な展開に興味が湧いてきたことも手伝って、「言葉も喋れない動物なんだから、助けを呼ぶことも命乞いすることもできないだろうし、仕方ない。助けてやるか……。」みたいなお気持になられて、それであの御言葉が出てきたんだなって……。それでね、僕、改めて思ったんです。やっぱり、紗希様って、梨央様にそっくりだなって……。梨央様も、拳でのお腹への攻撃がお好みでいらっしゃいますし、ボブカットかどうかは存じ上げませんけど、御写真を拝見する限りにおいては、御髪もさほど伸ばしてはおられませんし、それより何より、包み込んでくださるような、頼れるお姉さんっていう感じのお人柄が、本当によく似てるなって思いますし、可哀想な雄を放っておけないと思し召しくださるところなんか、まさに梨央様のご性格そのものですもん(*^_^*)。……変なこと申し上げてしまって、本当にごめんなさい。それに彩香様のことはほったらかしで、紗希様のことばかりお話させて戴いてしまって……。彩香様のことは結構お話させて戴いてますので、僕が彩香様のことも大好きなこと、もちろん梨央様もご存知ですよね?『告白体験記』などの無邪気で可愛らしい感じの彩香様も本当に素敵なんですけどね、やっぱり、正気を失われておしまいになったときの彩香様のご活躍っぷりが、僕、本当に大好きで、いつも大興奮させて戴いてばかりなんです。渚様もそうなんですけど、特に、雄のお腹ですか?胸ですか?辺りに馬乗りの姿勢でお跨がりになられて、雄の顔をぼっこぼっこにお殴りになられる彩香様が最高にかっこよくって、本当に素敵だなって……。僕も、大好きな梨央様に、あんなふうに可愛がって戴けたら、どんなに素敵だろうなって……(*^_^*)。もし僕が、子供の頃に『女子高生シリーズ』に巡り会わせて戴けてたら、絶対にお姉ちゃんにお願いして、真似事くらいはしてもらえてたに違いないのにって……。僕、いつも、一生懸命お願いして、お姉ちゃんに馬乗りになってもらって、ビンタしてもらってましたから……(*^_^*)。ですけど、『牙』の中で僕の一番のお気に入りシーンは、5頁目にあるシーンなんです。お尻の下で、雄の穢らわしいモノが大きくなってしまって、居心地悪そうに何度もお尻の位置をお変えになる彩香様のご様子が、あまりにも可愛らしくて、微笑ましくて……。雄が射精してしまったときに、恥ずかしそうになさったり、悔しそうになさったりする彩香様のご様子が、本当に可愛らしくて可愛らしくて……、可笑しくて可笑しくて……、僕も紗希様と一緒になって大笑いさせて戴いてしまって……。一方では、この雄のことが、羨ましくて堪らなくて……。僕がこの雄なら、「そんなにお嫌なら、どうぞ元の場所にお戻りになられて、顔を殴ってくださいませ!どうしてもお腹じゃないといけないのでしたら、何卒、僕の顔にお跨がりくださいませ!」って、一生懸命お願いしちゃうだろうな、などという、彩香様だけでなく彩香様をお産みになられた梨央様からご覧戴いても、穢らわしいにも程があると思し召し戴いても仕方ないような畏れ多いことまでつい考えてしまって……(*^_^*)。……ごめんなさい。楽しくお話させて戴いているうちについ調子に乗ってしまって……。いずれにしても、『牙』は僕にとっては最高に素敵なご作品の一つなんです。紗希様のかっこよさにうっとり胸キュンキュンさせて戴いたり、身も心も包み込んで戴いて虜にして戴けるような、お優しさ、器の大きさに心ぽかぽか温めて戴いたり、彩香様のご活躍に恐怖に陥れて戴いたり、大興奮させて戴いたり、あまりの可愛らしさに大笑いさせて戴いたり、一つのご作品を読ませて戴いているだけで、二つも三つも素晴らしいご作品を読ませて戴いちゃったみたいな気がして、ものすごく得した気分にならせて戴けるんです。梨央様、お優しくも、こんなにも素敵なご作品をお書きになってくださいまして、素敵な夢を見させてくださいまして、本当にありがとうございました。そして、こんなつまらないお話をだらだらと、本当に申し訳ございませんでした。ですけど、僕は、本当に楽しかったです(*^_^*)。本当にありがとうございました。
2013/08/30(金) 20:52 | URL | 次郎 #idjPpEWk

次郎さん。
感謝するのは私のほうです。
本作が、次郎さんにこんなにも思い入れを頂ける作品となっていることを誇りに思います。
いくら「勝手に執筆している」とはいえ、公開している以上は誰かにご覧いただきたいというのが本音ですから。
好きな作品、嫌いな作品、印象にも残らない作品――
いろいろあるでしょうけれど、本作は、次郎さんにとってはある種、宝物のようなものになっている――言い過ぎでしょうか(笑)
それが、とても嬉しいんです。
温かく、真心のこもったご感想をありがとうございました。
2013/12/23(月) 18:15 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

紗希様と彩香様
他の方のコメントに触発されましてのコメントで恐縮です。
以前から私は、紗希様と彩香様のことを、お一人の人格の両面を表した様な存在だと感じておりました。何も存じ上げません一読者としての勝手な妄想で恐縮では御座いますが、作者様の両面を象徴する存在だと解釈するのが最も分かりやすい解釈かとも思っております。
ryonaz様、いつも渾身の傑作を有難う御座います。
2013/08/31(土) 00:13 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

女神崇拝者さん。
貴重なご感想をありがとうございます。考えさせられました。
「作者の人格は、作品に反映される」と聞いたことがあります。
私は特にそういったことを意識して執筆しているわけではありませんが、おそらく、出ているのでしょうね(笑)
紗希・彩香に限らず、これまで登場させた人物のほとんどに言えることなのではないかと思いました。
感情や考え方、価値観や行動、etc...
自分の中に存在し得ないようなものは描けないだろうという、単なる私の根拠のない推測でしかないのですが。
余談ばかりになってしまってすみません。ryonazわーるどを深く楽しんでいただいていることそのものが嬉しいです。
2013/12/23(月) 18:16 | URL | ryonaz #OMo5FK56

数いらっしゃる分身様方の中でも
ryonaz様、勿体無いご返信を有難う御座います。
感想も余り踏み込み過ぎますと無礼になってしまうかも知れません事を危惧致します所では御座いますが、ryonaz様の創造されましたキャラクターは殆ど全て何等かの形でryonaz様ご自身を反映していらっしゃると致しましても、紗希様と彩香様は特に、二人で一人の感じと私の想像上のryonaz様のイメージへの合致が際立っていらっしゃる様な気が致しております。
彩香様は、特に「衝動」と「生まれながらの魅力」と「本能的な部分」を象徴し、紗希様は、特に卓越した「理性」と「知性」の部分を象徴していらっしゃる様に感じておりまして、このお二方の組み合わせが、私の想像上の、いや、妄想上かも知れませんが、ryonaz様ご自身の両面を表していらっしゃる様に思えてなりません。
妄想逞しく、暴走気味の感想で大変失礼申し上げました。申し訳御座いません。
2013/12/25(水) 23:01 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

無礼だなんてとんでもない。
感じたことを書いていただくのがこのコメント欄の役割です。
私の返事をご覧になって、さらに何かしらの思いがわいて、それを書き込んでくださる。
とてもありがたいことです。
女神崇拝者さんの考える「ゆきな梨央像」が知れて嬉しい反面、なんとなく気恥ずかしい思いです(笑)
ただ、自身のことというのは、思った以上にわからないものですね。
わからない――今の私にこれ以上の答えが思いつかず……、申し訳ありません(泣)
お気を悪くなさらず、これからもコメントを頂けたら嬉しいです。
2013/12/26(木) 19:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ Booby Trap あとがき

 久しぶりに読ませて戴きました。感想を一言で申し上げますと、「結衣様󾬌、最高にかっこいいです!本当に素敵です!ご容姿、ご聡明さ、御言葉、可愛がってくださり方、何から何まですべてに於いて完璧に、僕の理想の女神様で在らせられます!僕、改めて恋しちゃいました(*^_^*)。渚様、ごめんなさい!」っていう感じです。それに、竹内さんも最高に素敵です。常に冷静沈着で、っていうか、本当に思慮深くて、仕事に対する姿勢が本当に真摯で、「悪党」っていうより「犯罪のプロフェッショナル」っていう感じで、それに、

>自分より遥かに上を行く女がいた。彼女に勝つつもりでいた自分が情けなくすら思える。

っていうふうに、結衣様と自身の格の違いを潔く認めて、「俺の、負けだ。」って口に出して仰ることのできる謙虚な姿勢に、「この人本当に偉いな……。

>「できれば……最初の犯罪を、犯す前に……あんたに出会いたかったな。」

ってご自身で仰ってるように、もし違った形で結衣様に巡り逢わせて戴いてらしたら、犯罪になんか走らなくて済んだに違いないし、どんな職業に就かれてもきっと立派なお仕事をなさってたに違いないのになぁ……。本当に惜しいなぁ……」みたいに、本気で悔しくなってしまって……(笑)
 それにしても、何から何まで僕とは似ても似つかない竹内さんに、疑問に感じることも不思議に思うことも何一つなく、最初から最後までこんなにも自身を重ねさせて戴いてしまって、ご作品の世界に入り込ませて戴いてしまうなんて……、それだけが不思議で不思議で仕方ないです。やっぱり、梨央様は(少なくとも僕にとっては)世界一の天才作家様でいらっしゃいます! 梨央様、こんなにも素晴らしいご作品を、お代をお支払いさせて戴きもせずに、楽しませて戴いてしまって、本当に申し訳ございませんでした。そして、本当にありがとうございました。本当に楽しかったです。またいつか、もう一度改めてコメントさせて戴きたいです。そのときには、僕のお気に入りのシーンや結衣様の台詞を延々と列挙させて戴いちゃいますね。
2013/08/25(日) 14:18 | URL | 次郎 #-

身に余るご感想をありがとうございます。
褒めすぎです。顔が赤くなります。滅相もないです(汗)
――が、素直に嬉しいです。ありがとうございます。
それほどまで物語に浸っていただけたことを、大変光栄に思います。
硬派な世界の中で紡がれる、結衣と竹内――異質な二人の関係。
私自身のお気に入りです(笑)
ご共感いただけて幸いです。
2013/12/23(月) 17:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ kazowk様:イラスト 22

 女御主人様(kazowkさん)の有り難いお教えの御言葉と乳首へのお仕置きだけでご容赦くださるお優しさに、そして、梨央様のご寛大な御言葉に、とても心ぽかぽか温めて戴けて……、「僕もこの奴隷さんみたいに、こんな素敵な女御主人様(できれば、梨央様がいいです(笑))にこんなふうに可愛がって戴けて、随喜の涙を流させて戴けたら……」などと、そんな夢みたいなことをつい考えさせて戴いてしまって……、お陰様で、とても幸せな気分に浸らせて戴けました。本当にありがとうございました。
2013/08/24(土) 23:23 | URL | 次郎 #-

kazowk様のイラストは臨場感があって本当にすごいですね。ゆきな様、kazowk様、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。
2013/08/25(日) 08:31 | URL | ひらき #k62HVzjU

ありがとうございます
次郎さん、ひらきさん
 御感想、ありがとうございます。私のイラストはどこか自分の願望を表しているのかもしれませんね。

 ゆきな梨央様、いつも稚拙なイラストを御掲載下さり、ありがとうございます。
2013/09/02(月) 13:03 | URL | kazowk #-

現実は険しく
女御主人様の所有物である奴隷の身体、それなのに己の欲望の声に負けて。。。
厳しく険しい現実を見据えていらっしゃる、kazowk様のイラストとコメント、そして、その現実を見通して下さり、雄という下等生物の現実を達観されながら、諦めたり許したりするということではなく、あくまでも雄を躾けて下さる女御主人様のみ心をお示し下さっているryonaz様のコメント、圧倒されてしまいます。
私自身の雄としての下等ぶりが身に染みてしまいます。 
ryonaz様、kazowk様、いつも有難う御座います。 
2013/09/02(月) 23:09 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

次郎さん。
こんなふうに感情移入してご覧いただけることを、いつも嬉しく思っています。
やはり、kazowkさんの御力は大きいですね。
私は自分勝手にコメントをしているだけですが(笑)
幸せな気分を味わっていただけたのなら何よりです。
2013/12/23(月) 17:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

ひらきさん。
こちらこそ、いつもありがとうございます。
ご感想を頂けることが、大きな励みになっています。
臨場感を抱くのは、ご自分を重ねていらっしゃるからなのでしょうか。
これからもぜひ、ご来訪くださいね。
2013/12/23(月) 17:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

kazowkさん。
稚拙なイラストだなんて、ご謙遜も甚だしいです。
描けない私へのアテツケという口実で、小一時間ほど甚振りましょうか?(笑)
――冗談はさておき、今回もイラストのご提供、あらためて、本当にありがとうございます。
kazowkさんのご厚意によって、サイトが支えられています。
2013/12/23(月) 18:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

女神崇拝者さん。
まさか、記事コメントの、kazowkさんと私のやり取りに着目してコメントを下さるとは……
相変わらず、女神崇拝者さんの多角的なものの見方は興味深いですね。
奴隷が右往左往しないよう、主の善悪の価値基準は明確にしてあげないといけませんよね。
こちらこそ、いつもご感想を頂き、感謝しています。
2013/12/23(月) 18:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

きっかけ
自分がMに目覚めたきっかけは
高校の新入生歓迎会のクラブ勧誘会です。水泳部の2年生の私が演台に上がってクラブ紹介という立場になり、当時の生徒会長(女子)の一声でユニフォームでやったほうが特徴が出てよい!との鶴の一声で海パン一丁の姿で演壇に・・・。男子の失笑と女子の好奇の視線にさらされ、しどろもどろ、女子と視線は会わないが顔は大部分の女子が前を向いていました。股間に視線を浴びていたかもしれません。あの生徒会長のせいで恥をかいた。暫くはそう思っていました。でも女子生徒の一言で生き恥さらす自分になんとも言えない惨めさと興奮を同時に覚えたのです。いつしか自分のオナネタは女子生徒会長に命令され、パンツ一丁で奴隷奉仕する自分でした。おあつらえに生徒会長は機械体操部所属で、体育館の練習中のレオタード姿を目に焼け付け励む毎日でした。今でも最初の女王様はあの生徒会長、里美様です。
2013/08/10(土) 09:59 | URL | taka #-

 1年ほど前の事ですが、八景島シーパラダイスに行った時のことです。夏休みの時期だったので、学生が大勢いました。僕はブルーフォールに乗ろうと思って並びました。順番待ちで乗るのを待っている時にイジメを見ました。
 2人の女子学生が1人の男子学生を無理やり乗せようとしていました。男子は嫌がって
「やめて、お願い、ゆるして。」
 と言いました。そして泣き出してしまいました。その時、女子が男子にビンタをしました。その後、
「泣いたって駄目よ。絶対に一緒に乗ってもらうから!」
 と怒鳴りつけました。
 僕はその時、高校生の頃を思い出しながら心の中で (イジメに負けないで頑張って) と思いました。
2013/11/11(月) 21:22 | URL | ひらき #k62HVzjU

M男の比率は?
男の中に、M男はどれ位の比率でいるのでしょうか? 
変態と言われ、性的倒錯と言われ、性嗜好異常と言われ、でも、ある程度の割合で確かにM男は存在しますよね。 
自分の同類が少数派であるにしても、どれくらい少数派なのか、気になります。 
こういった調査はどのように可能でしょうか? アンケートで正直な数字など出るのかどうかも判りません。 
大雑把な比率に目星を付けるもう一つの方法は、アンケートより正確なところを把握できるかどうかも怪しいですが、風俗産業の延べ利用者数を、SMのMとしての客とSとしての客と、その他の風俗のSやM以外の客に分けて、その比率を求めてみる方法かな、などと思っております。 1人の客あたりの利用頻度に、種類別の有意差が認められる様でしたら、頻度の比も考慮して、人数比を求めてみることも出来るかも知れません。 比率が把握できれば良いのですから、サンプリング調査(但しサンプリング数はそれなりに必要)で良いのだと思います。
税務調査などでは、風俗店の売り上げを調査することもあるでしょうから、国家的プロジェクトとしての価値が認められれば、何らかの方法は考えられるのではないかと想像してしまいます。 ただ、M男やS男の大まかな比率を求めてみることに、どのような価値を見出してもらえるか、難しいことだとも思いますが。 
異端者や異常者だと言われるこの性的嗜好が、どれくらい少数派、どれくらい異端者なのか、知りたい気はします。 
ryonaz様はどう思われますか? そして、ここに訪れる皆様は? 
2013/11/13(水) 21:46 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM


■ 先生あのね あとがき

素敵な趣向ですね。
ryonaz様、素敵な趣向のお作品を有難う御座います。
将来性豊かな三田りみな御嬢様(リミッタ無(な)のアナグラムかとも思ってしまいます)、その将来性をすくすく育てようとする、先生とお母様、とても素敵な関係ですね。
消しゴムと水は使いよう、先生は実に見事に使い分けていらっしゃいますね。
三田りみな御嬢様のお母様には真意が通じる様に、協力関係を構築出来る様に、ここはあえて消しゴムで消しておいて、「先生がなぞってみますね。」は敢えて読者へのヒント、そして作品中ではお母様へのヒントという解釈を私はしています。先生自身が消したくせに、と。 私は最初うかつにも、リンクが張ってあることを見落として、その言葉のヒントだけで、リンク先のご指示通りのことをやっておりました。
ともお君の日記は、完璧に抹消、おそらくは、消しゴムでも消した上で、水につけて、「なぞる」ことも不可能な様に処置した上で、口止めを書き込んで、三田りみな様の将来性への障害をひとつ抹殺されたのでしょうね。
私は、先生は男(雄)で、将来は三田りみな様に可愛がって頂く様になるのかな、と予想しております。一読者の勝手な想像ですが。
「手紙」の発展形かな、とも感じました。でもこの「先生あのね」というお作品は、オリジナリティ溢れる趣向で、紙に印刷された小説とはまた異なります、インターネット上ならではの機能を活かされた、素晴らしいお作品だと思います。 
ryonaz様、素晴らしいお作品を有難う御座います。
2013/08/05(月) 00:28 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

女神崇拝者さん。
「インターネット上ならでは」の発想への賛辞を頂き、大変嬉しく思います。
おっしゃるような「発展形」という意識はありませんでしたが、確かに『手紙』には着想を得ましたね。
さすがですね、女神崇拝者さん。
作品から得る情報が多いのは、それだけ物事や心情を観察・推察・推理・洞察する力が培われている証拠ですよね。
それに加えての語彙力、論理的な思考力、比較力に表現力ですか。恐れ入ります。
こういう挑戦や冒険ができるのも、無料公開であるがゆえの特権ですね。販売だったら、こうはいきませんから。
私の好き勝手に執筆を楽しんでいます(笑)
2013/08/07(水) 20:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

ゆきな様の作品は本当に奥が深いですね。作品のトリックに驚きました。少し怖いですけど、少女の無邪気な気持ちを感じました。いつもありがとうございます。
2013/08/06(火) 23:17 | URL | ひらき #k62HVzjU

ひらきさん。
作品をご覧くださり、ありがとうございます。
いつも素直な言葉で、温かいご感想を頂けることを嬉しく思っています。
トリックについてですが、ご不便をおかけしていたら申し訳ありません。
PCでしか効果を発揮できないことに気付いたときは、さすがにショックでした(泣)
――と言いつつ、図々しくも掲載しているわけですが。
少し怖い? 無邪気なのに? これは、他作品でも掲げている私のテーマのひとつです。
2013/08/07(水) 21:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こういう趣向好きです
お久しぶりです。時々、拝読しに伺っております。
また、ガツンと恐ろしいのを書いてください。残酷なものほど、濡れてしまうのです。ダメなM男です^^;
2013/09/23(月) 19:32 | URL | ぱらさ #PefwKnF.

ご無沙汰しています。
ぱらささん、お久しぶりです。お元気そうで何よりです。
残酷なものほど惹かれる、というM男性は少なくないですよね。
ご期待のお言葉、ありがとうございます。
作品公開の際には、またお声を聞かせてくださいね。ご来訪も、いつでもぜひ!
今後とも、どうぞご贔屓に。
2013/12/26(木) 19:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ リンチタイム あとがき

 あのね、梨央様、僕、中高と平々凡々、極々普通の公立校に通ってましたし、予備校に通った経験もないですから、受験のための夏期講習というものを経験したことがないんです。ですけど、高一の一学期の数学の期末試験で、赤点を取ってしまって……。せっかく夏休みに入ったばかりなのに、しかも暑い中、甲子園を目指して頑張って試合してる最中の野球部の友達の応援に行くこともできずに、朝から一日補習授業を受けなければいけなくなってしまって……。ちょっと遅刻して教室に入って、空いてる席に座って、誰か友達が居ないかなって、周りを見回してみたんですけど、僕の周りの席には余所のクラスのお話したこともない女の子ばっかりで……。よく見てみると補習授業を受けさせられてる男子は、僕の他には、学年でたったの二人だけしかいなくて……。前の席の女の子の夏用の制服のブラウスが汗で濡れて肌が透けて見えてるのも物凄く気になってしまって、僕、恥ずかしくて堪らなくなってしまって、馬鹿みたいにみっともなく赤面してしまって……。梨央様、僕、今蝉の鳴き声を聞きながら、この作品を読ませて戴いてて、あの日のことをつい懐かしく思い出してしまって……。「男のくせに数学で赤点なんか取ってんじゃねえよ。あーあ、恥ずかしい奴」みたいな感じで罵倒されながら、僕もあの日、この男子生徒みたいに、女の子達の玩具にしてもらって可愛がってもらえてたら、最高に素敵な思い出になったのになって、ちょっぴり悔しくなってしまって……(笑)
 それにしても、麻美大嶋学園って、本当に素敵な学校ですね……。こんな素敵な学校がもし本当に在ったら、僕も今から一生懸命勉強して是非入学させて戴いて……、特に、彩香ちゃんに可愛がって戴きたいなぁ……。
 梨央様、素敵な作品を沢山読ませてくださいまして、本当にありがとうございます。
2013/08/04(日) 12:39 | URL | 次郎 #-

もう逃げられませんね。
麻美大嶋学園を素敵だと思いましたか? 一之瀬クンに嫉妬しましたか? 彩香に可愛がってほしくなりましたか?
虜になった次郎さんは、もうオシマイです。これで見事、ryonazわーるどの餌食ですね。……あぁ、もうとっくにそうでしたか?(笑)
表現が適切かどうかわかりませんが、私の物語に毒されていく方を見ると高揚します。
自身のこういった歪んだ癖も嫌いではないので、よりタチが悪いのでしょうけれど……
これからもぜひ、彼女たちの前で無様な姿を晒してくださいね(笑)
2013/08/07(水) 20:15 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 僕は狙われています あとがき

懐かしくて新鮮な
ryonaz様、懐かしくて新鮮な思いのする素敵なオマージュ作品を拝読させて頂き、有難う御座います。
昔、原作を読んだことが御座いまして、題名は完全に忘れておりましたし、作者名すら若干不確かになって「多分あの展開は星新一氏だよな、9割がた間違いないけど、万一、筒井氏とかだったらどうしよう」的な情無くも曖昧な記憶を呼び起こしながら、懐かしく、それでいて新鮮で、M男には堪らない展開に魅了されました。
尤も、記憶自体は情無くも曖昧では御座いましたものの、ryonaz様が明らかにオマージュ作品として原作をなぞってご執筆していらっしゃることから、「ああ、やっぱり星新一氏だったんだ」と、正解を間接的にご教授頂いた様な状況に浸りながら本作を拝読させて頂いたのも事実で御座いますが。
いつも素敵なお作品を有難う御座います。
2013/07/31(水) 22:52 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

尊敬する作家様です。
お楽しみいただけたようで何よりです。
忘れているようでも、原作の記憶はどこかに残っている。それって、本当に素敵なことだと思うんです。
おこがましくも、私の作品群にもそんな魅力をもつものがあったらなぁ……と、夢想したり(笑)
>懐かしく、それでいて新鮮
>M男には堪らない展開に魅了され
温かい賛辞をありがとうございます。
純粋なファンの方には顔向けできませんが(汗)
2013/08/07(水) 19:33 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 傘もささずに あとがき

 梨央様……、 『ここのつふたつよっついつつむっつみっつひとつ』や『ぬのつ』もそうなんですけど、この作品、何度拝読しても僕には難し過ぎて……。ごめんなさい。今日も、やっぱりよくわかりませんでした (笑)
 あのね、梨央様……、僕ね、『傘もささずに』を読ませて戴いたあと、何故かしら、いつも必ずぞーっと寒気がしてしまって、寒くて寒くて堪らなくなってしまうんです。それがどうしてなのか自分でもよくわからなかったんですけど……。もしかしたら、梨央様があとがきで仰っておられたことも何かしら関係があるのかなって、ずっとそう思ってたんですけど……。ですけど、僕、さっき、ふと思い出してしまったんです。……あのね、僕が小学生の頃、たぶん三年か四年の頃だったと思います。うちの近所の家が火事になって、その家の幼い姉弟が焼死しちゃったんです。確か、お母さんが近くの市場に夕飯のための買い物に出かけておられて、子供達がマッチで遊んでて、みたいなことだったと記憶してますが、ずいぶん昔のことですし、僕、悲しかったことや怖かったことをすぐ忘れたくなっちゃう癖がございますので、今の今まで、知らず知らず心の奥に閉じ込めてしまってたみたいで、すっかり忘れてしまってたんですけど……。それでね、確かその二日か三日ぐらいあとだったと思うんですけど……、僕、見ちゃったんです。雨降りの日の夕方に……、ちょうど火事があたった時間と同じぐらいの時間に、僕がその家の前を通りかかりながら何気なく庭を見ちゃったら、死んだ筈の女の子が庭に立ってて、じーっと焼けた家を見てるんです。もちろん、近所の女の子ですから、見間違える筈ないです……。僕、怖くて堪らなくなってしまって、声をかけてあげることもできずに、逃げるように、震えながら家まで走って帰りました。でも、そんなこと誰も信じてくれるわけないと思って、お母ちゃんにもお姉ちゃんにも誰にも話せずに、今の今まで記憶の奥に閉じ込めて、忘れてしまってたんです。……こんな馬鹿なお話、梨央様は信じてくださいますか?いずれにしても、やっと理由がわかって、それはそれで良かったんですけど……、僕、ますます怖くて怖くて、寒くて寒くて堪らなくなってしまって、心と体の震えがどうしても止まらなくて、眠れなくなってしまって……。御写真の中の梨央様や、渚様や女王様に逢いに行かせて戴いてみたりしたんですけど……、やっぱり、震えがなかなか止まらなくて、どうしても眠れなくて……。何でもいいから、とにかく、梨央様とお話させて戴きたくなってしまって……。それで、ついこんな馬鹿なお話をさせて戴いてしまいました。本当にごめんなさい。お陰様で、僕、やっと震えも止まって、なんとか眠れそうです。梨央様、本当にありがとうございました。そして、本当に申し訳ございませんでした。……それにしても、梨央様、雨の日って、本当に不思議ですよね……。僕、霊感があまり強い方じゃないと思いますし、既にこの世に存在しない筈の人を、あんなにはっきりと見ちゃたのは、後にも先にもあの一度きりですし、そのことを今の今までずっと忘れてしまってたのに……、車を運転していても、雨の日に限ってバックミラーに何かしら映ってるような気がして、どうしても気になってしまって必要以上にチラチラ見ちゃいますし。……ごめんなさい。
 梨央様……、最近、雨降りの蒸し暑い日が多いですけど、くれぐれもご無理なさらず、お体ご自愛くださいませね。あっ、それと……、いくら作品をお書きになられるためとはいえ、向こう側の世界にお出かけになられるのは、ちょっと危険かと存じますので、くれぐれもお気をつけくださいませね…… 
2013/07/30(火) 01:29 | URL | 次郎 #-

健康へのお心遣い、ありがとうございます。
ご近所の幼いご姉弟は、お気の毒でした。お悔やみ申し上げます。
本作については、理屈でなく感覚でご覧いただければ本望です。
寒い。幼い頃の怖い体験を思い出した。無意識の意識化。震えが止まらない。眠れない。
興味深いキーワードをたくさん頂きました。ありがとうございます。
>こんな馬鹿なお話、梨央様は信じてくださいますか?
信じますよ。読者様が本当のことだと語ってくださったことを疑う理由はありません。
2013/08/07(水) 17:28 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 手にしたときに失った

 梨央様、僕、SMについて深く突き詰めて考えたこともなかったですけど……、究極の愛を、快楽を追い求めていけば、行き着く先は結局そういうことなんですね……。

>死の淵に立った彼 だからこそ愛しい

僕もいつか、こんなふうに思ってくださるような素敵なS女性様に是非とも巡り逢わせて戴いて、可愛がって戴いて、究極の愛情を、快楽を享受させて戴きながら……、という誘惑に駆られてしまいますが、やっぱり、死ぬのは怖いですし、お優しくも僕なんかを「愛しい」と思ってくださった女神様に、殺人者の汚名を着て戴きたくなんかないですから……、僕は、梨央様の作品で疑似体験させて戴くだけで満足させて戴きます (笑)
梨央様、いつもつまらないことばかり書き込ませて戴いて、本当にごめんなさい。そして、いつも素敵なお返事の御言葉を、本当にありがとうございます。
2013/07/18(木) 22:59 | URL | 次郎 #-

疑似体験、素敵です。
いつも作品へのご感想を頂き、ありがとうございます。
つまらないなんてとんでもないです。コメントを頂けることが、大きな励みになっています。
作品で疑似体験できるという感性――それ自体、私は素晴らしい才能だと思っていますよ。
次郎さんのおっしゃるような誘惑。そこに身を投じ、追い求め、行き着く先に見るもの。結末。
本作を例に考えたとき、その世界は何を活用し、何を通して見るべきでしょうね。
人々が虚構を求める答えのひとつが、そこにある気がしています。
2013/08/07(水) 17:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ヒーリングメロディ あとがき

羨ましくもあり恐ろしくもあり
ryonaz様、素敵なお作品を有難う御座います。
古木さんの作品も拝読しました。
共通点と相違点、確かに明確にありますね。どちらも素晴らしいですが。それはさておきまして。。。

ryonaz様のこの「ヒーリングメロディ」は、女性様の気まぐれの怖さと、リラックスチェアーの一部が生き物であることを殆ど意に介さずにモノとして扱う或る意味無邪気さも兼ね備えた様な冷酷さが魅力的で素敵です。

お座り頂いたりマッサージ機能までをもご活用頂いたり、エゴマゾにとりましても単純に羨ましいシーンも多く、つい、私めも次のリラックスチェアーとしてお使い頂きたくなってしまうところもありますが、一方で、首絞め好きの私にとりましても、金属輪で締め上げられるのは流石に辛い様に思えます。そう思えますのも、願望を交えながらリアルに想像してしまうから、ryonaz様の描写の素晴らしさゆえだと思います。本来、女性様に向かって表明することは許されない様なエゴマゾぶり爆発の願望ではありますが、最後のトドメは、女性様のお手かお腕かおみ脚で絞め殺して頂けたら、心底幸せに、思い残すことは無く、破壊して頂けるのですが、などと妄想を逞しくしてしまいます。

我ながら、はしたないですね、こんなことでは次のリラックスチェアーとして私めをお選び頂けるわけも無く、ダミ声のストーカー氏に次のリラックスチェアーの座を取られてしまいそうですね。でも、彼は、耳障りなダミ声ゆえに、早々に壊されてしまいそうですので、その次の番を待つことに致しますか。しかし、ライバルとなる隠れキャラが他にも居るかも知れません。いらだつ様な事があっても、普通でしたら、テーブルの脚を乱暴に蹴れば自分の脚が痛むもの、余計嫌な思いをするそんな行動をあまりしないものではないでしょうか。このテーブルも人間家具であり、次のリラックスチェアー候補である可能性もある様な気がして来ました。

女性様のお手かお腕かおみ脚で直接絞められて破壊されたいなどという身勝手で思い上がったエゴ願望に憑りつかれた私の様なエゴマゾに栄光あるリラックスチェアーの座が回ってくる日はまだまだ遠そうです(苦笑)。

ryonaz様、素晴らしいお作品を有難う御座います。
2013/07/17(水) 01:11 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

こちらこそ。
作品の閲覧とコメント、ありがとうございます。古木さんの作品も併せてご覧いただけて嬉しいです。
「色」や根底にあるものの共通点・相違点に驚いた。面白い!
――そう互いに抱いた感想も、読者様に実際に比較していただかないと伝わりませんので。
首絞めの話ですが、女神崇拝者さんは、羨ましくて使ってほしいけれど、さすがにつらいだろうと感じた、とおっしゃっていますね。
それでいいと、私は思っています。
現実であれば好きな方でもつらいと思うほどのことを、虚構の世界で表現していく。そこに、私の楽しみがありますので(笑)
ryonazわーるどの男性には、私の気持ちの向くまま、これからも可哀想な目に遭っていただく所存です。
ちなみに、褒め言葉と言うと偉そうで恐縮ですが、男性がいかに下劣な存在であるか――
女神崇拝者さんのお言葉で再確認させていただきました。感謝いたします。
2013/08/07(水) 13:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 些細な日常の光景 - くつろぎ - :写真

(※この記事のコメントは"pass"取得者のみ閲覧できます)


■ 人間

 梨央様、この作品、僕には少し難しいです……。この女性(ですね?)は、「人間であることが怖い。」「 いっそ、鬼になりたい。悪魔になりたい。 」と思ってしまうほど、「自分は普通の人とは違うんだ。鬼や悪魔のように恐ろしい存在なんだ」みたいに思ってしまってるんですね?…… 本当に可哀想ですね……
でも、「鬼!」だとか「悪魔!!」だなんてそんな酷いこと言われても、「いつも慰めの言葉をありがとう。」って言えるなんて、本当にかっこいい女性ですね……。まるで、梨央様みたいですね (笑)
……あのね、梨央様、以前、「精神医学においては、僕みたいにマゾヒズム等々の性癖を抱えているだけで、まるで病人扱いされちゃってることが、僕、ものすごく悲しくて、本当に腹がたって仕方ないんです。『異常性欲』、『変態性欲』みたいな、人を蔑んだような言葉があること自体が嫌で嫌で仕方ないんです。パラフィリアの語源を辿れば、「脇にそれた愛情」みたいな意味だそうですが、何が脇にそれているのか、どこが倒錯しているのか……、僕にはさっぱりわからないんです。僕には、すべてが普通の愛情にしか見えないんです。そんなことを言い出せば、キスですらも変態的な行為じゃないのって思っちゃうんですけど……、普通の人からすれば、僕なんかやっぱり病気なんでしょうか?」みたいなお話をさせて戴いたときに、梨央様は、「私は、自分を変態性癖だと言って笑っています (笑)」「言いたい人には好きなように言わせておけば?世間とか、一般とか、普通とか、そういう言葉に心乱される必要なんてないのですから。」みたいなことを仰ってくださったでしょう?僕ね、あのとき、「梨央様って本当にかっこいいなぁ……。本当に素敵だなぁ……」って、梨央様にますます憧れてしまって……。僕も梨央様みたいに「僕、病気なんです (笑)」「僕、変態なんです(笑)」っていうふうに開き直らせて戴いてしまおうと思って、お陰様で、本当に気持ちが楽になりました。梨央様、本当にありがとうございました。
あのね、梨央様、僕、この作品を拝読しながら、そのことをつい思い出してしまって……。この女性もこんな悲しそうに、寂しそうになさらなくても、「そうよ。私、鬼なのよ (笑)。悪魔なのよ (笑)」って、梨央様みたいに笑ってくださればいいのにって、そんなふうに思ってしまって……(笑)
梨央様、本当にごめんなさい。変なお話をさせて戴いてしまって……。
2013/07/13(土) 02:01 | URL | 次郎 #-

性倒錯上等(笑)
気持ちが楽になった、というお言葉が聞けて嬉しいです。
倒錯なのだろうか?――と悩み続けるよりは、他人様に迷惑をかけない範囲で楽しむほうが建設的なのではないでしょうか?
ただ、一方で、生物学的見地に立てば、正常とは言えない――それは、事実として受け止めていいとは思います。
雄と雌の性交(交尾)の目的は種の保存・繁殖にある、との考え方に立てば、こういった嗜好は明らかに異端になりますから。
もし治療(と言うとまた議論が生まれますが)を本気で考えていらっしゃるのであれば、話は別でしょうね。
2013/07/14(日) 12:56 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

恐ろしく哲学的?な本音
ryonaz様、いつも素晴らしいお作品を拝読させて頂き、有難う御座います。 
最近のコメントをたどって、このお作品を再読させて頂きました。 

初めて拝読した時には、哲学的な恐怖の感じ方に少々現実離れした感じを受けましたが、それは読みが浅いせいだったと今回考え直すことになりました。
今回再読させて頂いて、加虐側の、本サイト趣旨から女性と解釈させて頂いておりますが、その、加虐嗜好の女性の本音を言葉に表したものとして私なりに素直に感じ取れる部分が多くなった様に感じております。
加虐嗜好の女性ご自身は、ご自身が他ならぬ「人間」であること、ご自身という存在の在りよう、ご自身の「愛」ゆえに相手をあやめてしまいそうな、「普通」とは違う「人間」であるご自身に恐怖を覚えていると言う、これは格好つけているのでも無ければ、哲学を弄んでいるのでも無い、ご自身という存在に対する恐怖を、本音で、率直にお感じになられている、そんな風に私なりに感じられる様になって来ました。
その一方で、このお作品は、加虐嗜好の女性の視点から書かれていますので、「鬼」「悪魔」と言う言葉を投げつけた、「生け贄(又は犠牲者とかM男)」自身が本当にそこまで哲学的に恐怖を感じているのかどうかは定かでは無いかも知れない様に、今でも思っております。実際には「生け贄」はもっと何も考えずに、もっと原始的な恐怖に衝き動かされて「鬼」「悪魔」と言う言葉を投げつけたのかも知れないようにも今でも感じております。
それを、「鬼」「悪魔」と言われた加虐嗜好の女性ご自身がどの様に捉えるのかはまた別の話で、ご自身がご自身に対して感じていらっしゃる恐怖に重ね、「生け贄」の言葉をこのお作品に描かれているように受け止められたのかと思っております。
この加虐嗜好の女性が「鬼」でも「悪魔」でも無く「人間」であると言う事実に最大の恐怖を覚える者としては、「生け贄」よりもむしろ、この加虐嗜好の女性の母親のような、身近な第三者がこの女性の加虐嗜好を知ってしまった場合、特に、その現場なり結果なりを目撃してしまった場合なのではなかろうか、とも感じました。
このお作品では、別に、「鬼」「悪魔」という言葉を投げつけたのが、「生け贄」だと限定するような事は何も書かれていませんし、これらの言葉を投げつけたのは、加虐嗜好の女性の身近な身内の誰かだと考えても良いわけだとも思いますが。

ryonaz様のお作品は奥が深いですね。多分、推敲を重ね思考を重ねて書かれたとかいうことでは無く、普段から感じ取られ、常々お考えになられていることに深みがあるということなのでしょうけど。

ryonaz様のコメントで仰られました通り、加虐嗜好や被虐嗜好は、生物学的見地からは正常とは言えないでしょうけど、そのような異端者が実際に発生する背景には、集団的社会的生活を営み種の保存を果たしてきた人間の遺伝子に、加虐嗜好や被虐嗜好を生じうる要因があるように私は感じております。
自らの部族を存続させるために、他部族を制圧する征服欲が有効な場合もあるでしょうし、個体が滅びても部族を存続させる自己犠牲の心が有効な場合もあるでしょう。人間は遺伝子上の様々な形質のランダムな組み合わせで様々な能力、性格、嗜好を持ちうる筈ですから、征服欲や自己犠牲精神をもたらす遺伝子と性的な欲望をもたらす遺伝子が独特な組み合わせとなったり、後天的な影響を受けたりして、性的サディズムや性的マゾヒズムも生じうるのではないか、異端者とされるこれらの者(私はそこに含まれます)は、人類が存続発展してきた中で、必然的にある程度の割合で発生する様な存在なのではないか、そんな風に感じております。正常だと主張するわけでは御座いませんが、現在まで存続発展してきた人類は、性的サディズムや性的マゾヒズムの発生の要因となる遺伝子にも随分お世話になって来た筈だ、ということだけは、差別的な人々には言ってやりたい気がしております(笑)。
2013/07/15(月) 23:05 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

ご再読、感謝いたします。
主体は誰か、対象者は誰か、その有りようは哲学的か原始的か理性的か感情的か、恐怖の在り処は――即ち誰の恐怖か。
あらゆる観点から可能性を見出し、多角的に作品をご覧いただけることを光栄に思っています。
女神崇拝者さんには、特に、内容への沈思・ご意見にも薫陶を受けることが多々ありますね。
サディズムやマゾヒズムの発生の要因となる遺伝子も、種の保存の一翼を担ってきたはずだとする主張は興味深いです。
己が当事者であるということだけではやや根拠に乏しいかもしれませんが、
「差別の意図はないです」
――と、ここに明記させていただきますね。
『パラフィリア(性的倒錯)とは、国連の WHO が定める ICD や、アメリカ精神医学会の定めるDSMなどにおける精神疾患としての「性嗜好障害」を意味するICDやDSMなどにおける精神疾患としての「性嗜好障害」を意味する。』("Wikipedia"より抜粋)――に立脚した上での見解であるとご理解ください。
作品への賛辞、いつも有難く頂いています。温かいお言葉に励まされています。
2013/08/06(火) 17:37 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ suzuro様:イラスト 1

美しくて格好良いですね。ですが、もし実際に対面したら僕は、怖くて足が竦んでしまいそうです。suzuro様、ゆきな様、ありがとうございます。
2013/07/10(水) 14:03 | URL | ひらき #k62HVzjU

いえいえ。
ひとえに、suzuroさんのお心遣い、お力添えの賜物です。
コメントを頂き、ありがとうございます。
足が竦んで、その後はどうなるんですか?……ふふ。
2013/07/14(日) 12:27 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ すぐにご用意いたします あとがき

 梨央様、僕、本当に馬鹿ですし、自己中のエゴマゾですし、惨めに嬲り殺して戴く雄に感情移入させて戴いて作品を楽しませて戴くしか能がありませんでしたから、この作品を拝読しても、悲しいだけと申しますか、寂しいだけと申しますか、虚しいだけと申しますか……、興奮させて戴ける要素を何一つ見いだせなかったんです。鬼ごっこのお話があまりにも素敵すぎたから、余計にそんなふうに感じてしまったのかもしれないですけど……。でも、何かしら惹かれるものがあったみたいで、どうしても気になってしまって、この作品をついつい何度も読ませて戴いてしまって……。雄をボール扱いなさってバッティングを楽しんでらっしゃる女神様に……、いいえ、こんなことを想像なさって興奮なさっておられるかもしれない梨央様に感情移入させて戴くことを、最近になってようやく覚えてしまって、お陰様で、こんな馬鹿でも結構楽しませて戴くことができるようになりました。本当にありがとうございます (笑)
ですけど、梨央様……

>車に轢かれる男性(フィクション限定)で‘サド,れ る(?)管理人です。

例えフィクション限定であれ、そんなもので、お ‘サド,りになられることがお出来になられるだなんて……(汗)
僕にはまったく理解できません。やっぱり、梨央様は正真正銘の世界一の変態さんでいらっしゃいます!これからもっともっと、ぶらおにワールドにどっぷり浸らせて戴いて、大好きな梨央様の頭の中を少しは理解させて戴けるようになれたら良いなと思います。
梨央様の御言葉欲しさに、またつまらないことを書き込ませて戴いて、本当にごめんなさい。
本当に暑い日が続いてますけど、くれぐれも御身おいといくださいませね。
2013/07/09(火) 11:59 | URL | 次郎 #-

はい、変態です。
ありがとうございます。
「つい癖になっていた」「新しい楽しみ方を覚えた」
こんなコメントを頂けることは、本当に嬉しいことです。
作品自体をシャットアウトされてしまったら、絶対に頂けないご感想ですから。
次郎さんも、ご健康に留意なさってくださいね。
2013/07/14(日) 12:16 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 【続】「奴隷支配の哲学」掲載を経てノチ - おしゃべり -

雄という下等生物
ryonaz様、雄という下等生物の生きる道、女性様の奴隷として平伏させて頂く道をこの様な形でアドヴァイス下さいまして、有難う御座います。 
奴隷支配の哲学を明確に掲げて下さっていらっしゃいますことに加えまして、お作品を通じ、女性様と雄の様々な姿を描き、探究して下さるryonaz様に、雄としての平伏し方の相談、また支配者女性様のご相談も含めまして、様々なご相談が殺到するのも、ある意味無理も無いことなのでしょう。
それだけ、ryonaz様の奴隷支配の哲学やお作品が多くの者に多大な感銘をお与え下さっているのだと思います。
雄奴隷にとりましては、その者にとりましての女性ご主人様が法ですので、そのことを明確に断られた上でアドヴァイスを下さっていらっしゃいますが、私にとりましては金言と感じ、うっかりすると頭を上げてしまいかねない愚かな雄の態度を今後とも自戒して参りたいと存じます。
暑くなってまいりました。
湿度が高く蒸します上に、身体がまだ暑さに順応していない時期でも御座います。どうかご自愛くださいませ。
2013/07/06(土) 09:27 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

嬉しいです。
漠然としていて申し訳ありませんが、「為になる何か」になればよいと思い、掲載しました。
このようなコメントが頂けて、安心いたしました。ありがとうございます。
これで、ご協力くださったAさんにも顔向けできるというわけで(笑)
健康へのお心遣い、ありがとうございます。
女神崇拝者さんご自身も、御身おいといくださいね。
2013/07/07(日) 14:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/17(水) 07:12 | | #

メッセージ、受け取りました。
こうしてお言葉を下さったお気持ちが心に沁みます。感謝するのはこちらのほうです。
私どものエッセイが、少しでもご参考になったのであれば幸いです。
どうもありがとうございました。
2013/08/07(水) 14:37 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 鬼ごっこ -予定調和- 10

9割が男なのに何で1割の女の要望が通るんでしょうか。
2013/07/06(土) 08:53 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-

いらっしゃいませ。
名無しさん@ニュース2ちゃんさん、初めまして。
コメント、ありがとうございます。
本作はシリーズものですので、この点にご興味があれば、ぜひ第一弾「ガーディアンセンター」よりご覧くださいませ。
楽しんでいただけたら幸いです。
2013/07/07(日) 14:21 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ beziku18様:イラスト

女性が男の喉を踏み潰した場面ですね。怖いです。僕はこのようにボロボロにされるのは嫌ですが、ゆきな様に首を踏まれたいと思っています。beziku18様、ゆきな様、ありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。
2013/07/05(金) 11:55 | URL | ひらき #k62HVzjU

拝読した時の興奮が
ryonaz様、beziku18様、有難う御座います。
『鬼ごっこ -予定調和-』を拝読した時の興奮が蘇ってきました。
beziku18様ご自身のコメントにありますグロさは、私も本来ならば相当苦手なのですが、小説の記憶もあってか、このイラストには惹き付けられました。クールであくまでお美しい女性様と、破壊され尽くした男の少々戯画的表現の対比が大変効果を上げ、また、嫌悪感が出ないようにしていると感じます。
有難う御座います。
2013/07/06(土) 12:06 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

ゆきな様がお忙しいようなので代理でお返事させていただきます。
ひらきさま>イラストの感想ありがとうございます。私もボロボロにされるのは嫌ですが、ゆきな様に踏んでもらえるのであれば覚悟を決めるしかないですね。

女神崇拝者さま>お褒めのお言葉ありがとうございます。私も『鬼ごっこ -予定調和-』を拝読した時はとてもドキドキしました。イラストにおいては小説の内容から伝わって来るとおり、女性は出来るかぎり美しく、男性はそれ以上にあえて醜く描きました。今回はそこのバランスに共感していただけたことを大変嬉しく思っております。

また、機会があればイラストを投稿させていただきたいと思っております。
今回は貴重なコメントありがとうございました!
2013/07/06(土) 21:00 | URL | beziku18 #mQop/nM.

ひらきさん。
コメント、ありがとうございます。
いえいえ、私は何もしていません。ひとえに、beziku18さんの真心とお力の賜物です。
ひらきさん同様、作中の彼もまた、ボロボロにされるのは嫌だったのではないでしょうか。可哀想に(笑)
無様な子を踏むのはやぶさかではありませんが、そもそも私は登場していませんので。
2013/07/07(日) 14:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

女神崇拝者さん。
興奮が蘇った、というお言葉が嬉しいですね。
こんなに素敵な雰囲気を文章で多少なりとも描けていたのだとすれば、それはとても光栄なことです。
「美醜」と、ひとつの言葉で表わされるように、対比の美しさは確かに存在すると思います。
beziku18さんのイラストを拝見し、今回また、そのことを強く感じさせられました。
2013/07/07(日) 14:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

beziku18さん。
あらためまして、この度はサイトへの多大なお力添えを頂き、ありがとうございました。
記事内には書きませんでしたが、髪や服装なども原文に忠実に描いてくださっていて、大変感激いたしました。
>機会があればイラストを投稿させていただきたいと思っております。
お気持ちに感謝するばかりです。
ぜひまた、よろしくお願いいたします。
2013/07/07(日) 14:14 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 告白体験記 あとがき

告白した女性に責められる、というシチュエーションが面白いです。男性を責めるのが好きな女性 (僕の頭の中では、ゆきな様) はすごく格好良いと思います。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。
2013/07/03(水) 14:15 | URL | ひらき #k62HVzjU

こちらこそ、よろしくお願いします。
>責められるのが面白い
>すごく格好良い
ひらきさんにそう言われた彼女は、一体どんな反応を示すのでしょうね。
妙に興味がわいてしまいました(笑)
私は彼女ではありませんが、「格好良い」と言われれば、やっぱり嬉しいですね。
2013/07/06(土) 22:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 決意 あとがき

指を折られるのは本当にすごく痛そうです。想像するとすごく怖いです。ゆきな様、いつもいろいろありがとうございます。
2013/06/06(木) 12:29 | URL | ひらき #k62HVzjU

では……
この残酷な虚構の世界で、存分に想像・体験してください。
大丈夫です。痛くも怖くもないですよ。現実ではありませんから(笑)
こちらこそ、いつも物語をご覧くださり、ありがとうございます。
2013/07/06(土) 21:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ヒーリングメロディ あとがき

初めてコメントさせてもらいます。2年ほど前から作品を読ませてもらってました。素晴らしい作品ばかりで嗜好も近く、とても楽しませてもらいました。ありがとうございます。ryonaz様の執筆された逆リョナwikiの、痛みよりも苦しみが上であるところが萌えポイント、というのに共感しました。しかし私の場合主に好きなのは首絞めです。(リョナ好きとして苦痛系のダメージはほとんど好きですが。)幼い頃から好きでした。首絞めが好きな私にとってこの作品はとても萌えました。私は女ですが、男になって同じ目にあいたいです。死にたくはないですが (笑)女王様シリーズの人間家具の話もとても気に入ってます。
長文失礼しました。これからも頑張って下さい。
2013/06/04(火) 20:43 | URL | らん #-

いらっしゃいませ。
らんさん、初めまして。
作品への温かいお褒めの言葉を頂き、光栄です。ありがとうございます。
私自身、未だ理論的に暗中模索の嗜好です。よくわからない。理解されにくい。
それゆえ、共感いただける方がいらっしゃることは大変励みになります。
「逆リョナについて」の私の持論もご覧くださったとのこと、併せて感謝・御礼申し上げます。
性別を変えての被虐願望。とても興味深く感じました。
またぜひ、お気軽にコメントください。
2013/07/06(土) 19:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 雨上がりの道 あとがき

何と魅力的な女性様でしょう
作品中の「俺」の心理描写が素晴らしく、拝読しております私の下半身も、彼と同期する様に熱く、硬く、大きくなってしまいました。
元々クラッシュにはあまり興味が無い筈の私がこの様な反応を示して引き込まれて行きましたのも、M男の心理を熟知され深く洞察され表現力豊かに描き出されますryonaz様の文章のお力の賜物だと思います。
潰れたカエルの生の味を味わいたいとは決して思わないのですが。
ryonaz様お得意のどんでん返しは、この作品では、主人公の男が助かる方向の取引と言う珍しい形で実現し、またしても私の裏をかいて下さいました。また、やられました。冒頭の導入部分が既に伏線だったのですね。ただ、このラストシーンの後の展開は、ひょっとしたら、単に犠牲者が増える事になるだけかも知れませんが。実は、犠牲者の交代ではなく追加となってしまうだけかも知れませんね。
舞台設定と雰囲気の作り方が素晴らしく、効果をあげている作品で、逆リョナやS女性M男作品と言った方向性の分野の作家の中で、ryonaz様のこの様な繊細かつ美しい表現力は傑出していらっしゃると感じております。
ヒロインのお美しさ、その魅力的な描写もいつもながら最高です。文章で描き出される容姿の魅力、そして、精神的優位と余裕に満ちた支配者女性様としての加虐性そのものの魅力、加虐性が性的楽しみと結びついた妖艶な色香、視線、口元の笑み、唇をなめる舌先、脚線美とそこから繰り出される破壊力、全てが素晴らしく、M男が一瞬我を忘れてその身を全て彼女に捧げようとしたのも率直によく理解できます。
ryonaz様、素晴らしい作品を有難う御座います。
2013/05/23(木) 21:59 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

ありがとうございます。
物語を気に入っていただけて幸いです。
ものすごい褒め殺しに、当初、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
そもそも疎いジャンルの挑戦作ゆえ、賛辞を頂くことすら恐縮に思っていたほどなので(汗)
ですが、おかげさまで、大変励みになりました。ありがとうございます。
ちなみに……、熱く、硬く、大きく、……何ですか?
まさか、虚構の世界では満足できない、といった意味ではないですよね……?(笑)
2013/07/06(土) 21:23 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 梅雨から夏へ

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/19(日) 00:22 | | #


メッセージ、受け取りました。
身の程知らずして痛い目をみるのは、あまりに可哀想なことですからね(笑)
感謝。謝罪。やはりこれが基本姿勢なのではないでしょうか。
2013/07/06(土) 19:33 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 無いものを探しているので 5

逆リョナの創造主、女神ゆきな梨央様へ



美しいです…!
この作品は美しいです!

今まで女神様が御書きになられました作品も―女性様が男性(下等な生き物)を支配するという意味で―美しいのですが、この作品は詩的というか、作品の雰囲気が素敵です。

登場している女性の一つ一つの適格で鋭い言葉の数々、愛情のある行動に、自分は惹き込まれました。一方で、醜く頭の悪い男性の言動は自分に良く似ていると思いました。

自分もこの作品に登場する男性のような考え方を持っておりまして、登場している女性の言葉に対して、この作品の男性のように、その女性の言葉に対して、反感や拒絶、「認めたくない」という気持ちになっておりました。

この作品を読んでいて、心が救われた気がします。
ありがとうございます、女神様。

―逆リョナの聖書と自分は思っておりますが―『ブラックオニキス』様に掲載されている作品に、男性のあるべき姿や男性の弱さ、女性の美しさなどが描かれていて、本当に本当に洗脳をされるというか、綺麗な花を見るように、ここに描かれている作品を読んでいると、ただただ見とれてしまいます。



最近は仕事やその疲労感で、ブラックオニキス様の作品が読めない状態になっておりますが―自慰のために断片的に読んだりはしていますが―こうして休日にじっくり読んでみると、やっぱり素敵な作品ばかりだと思ってしまいます。

女神様、このような下等な生き物に素敵な物語を御公開して下さりまして、、ありがとうございます!

また、このような下等な生き物がコメントを残すことを御許し下さいませ。



下等生物
2013/05/18(土) 22:16 | URL | MA #-

MAさん。
「当サイトについて」にも明記していますが、自己満足なサイトです。
100人にひとり共鳴いただけたら御の字。
そんな風に思って掲載している作品も多々(本作も然り)ある中で、こんなに有難いご感想を頂けて光栄です。
>「救われた」「見とれてしまい」「素敵な」
数々の身に余る賛辞に恐縮するばかりです。……が、やはり嬉しいものですね。
もちろん、MAさんは飛んではいけませんよ(笑) あくまでも虚構の世界です。
2013/07/06(土) 19:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

というかこれ自殺幇助でこの女捕まるよね
2013/07/06(土) 09:02 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-

名無しさん@ニュース2ちゃんさん。
さて、どうでしょう。
私の作品は、私が文章で表現しているものが全てです。
それ以上のこと――例えば後日談など――は、読者様のご想像にお任せです。
2013/07/07(日) 14:34 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 心の檻 あとがき

 梨央様のペットは、躾て戴いたことをきちんとできなくても、可愛くて堪らないと思って戴けるんですか?
僕も本当の犬になって、憧れの梨央様のペットにして戴いて、厳しく躾て戴きたいです。
お仕事が大変にお忙しそうですのに、つまらない書き込みをさせて戴いて申し訳ございません。
2013/05/14(火) 17:59 | URL | 次郎 #-

少し誤解があるような気がしますね。
上述したように、私は「できるから好き」と感じる者ではありません。これは逆も然り。
ですので、「可愛いと思うかどうか」とは関係のないことです。
この子は自分のペットである。それだけで、可愛いと思う理由にはなりませんでしょうか?
そもそも、可不可には向き不向きがありますし、できるのにさせられないなら、それは主の責任ですよね。
2013/07/06(土) 18:38 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 【祝】サイト設立六周年

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/16(土) 16:30 | | #

(秘密コメントの方 '13.03.16)
メッセージ、受け取りました。
負の感情を全くもたない人はいません。
むしろ、そんな中でも祝辞を下さるその温かいお気持ちに感激いたしました。
どうもありがとうございました。
2013/07/06(土) 17:33 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

おめでとうございます
ryonaz様、ご挨拶が大変遅れまして、申し訳御座いません。
サイト6周年おめでとうございます。
ryonaz様が切り拓かれました、逆リョナの国の建国記念日ですよね。益々栄えます様に。
いつも素晴らしい作品を拝読させて頂き、有難う御座います。
2013/03/19(火) 21:50 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

女神崇拝者さん。
こちらこそ、いつもどうもありがとうございます。
いいですね、建国記念日。
逆リョナの国ですか。私の空想の中では、とても美しい景色が広がっています(笑)
繁栄をお祈りいただけることを幸せに思います。
2013/07/06(土) 17:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

遅くなってしまい申し訳ございません。6周年おめでとうございます。僕は、ゆきな様のサイトがとても好きです。永遠に続いてほしいと思っています。これからもよろしくお願い致します。
2013/03/20(水) 22:54 | URL | ひらき #k62HVzjU

ひらきさん。
嬉しいお言葉をありがとうございます。
永遠に続いてほしいというお気持ちには、感涙にむせぶ思いがいたしました。
どうぞこれからも、Black Onyx [ブラックオニキス]を愛してやってくださいませ。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2013/07/06(土) 17:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/21(木) 05:47 | | #

(秘密コメントの方 '13.03.21)
メッセージ、受け取りました。
様々なお心遣いに感謝いたします。
どうもありがとうございました。
2013/07/06(土) 18:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

これからも
楽しみにしております。

6周年おめでとうございます。

6年、凄い時間だと思います。

これからも楽しませていただきます。
2013/04/01(月) 00:12 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

昼の梟さん。
温かい祝辞に感謝いたします。
時の流れは本当に早いものだと実感しますね。
楽しみにしてくださり、ありがとうございます。
これからもたくさんのご来訪をお待ちしています。
2013/07/06(土) 18:14 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 僕のメイド様 あとがき

素敵です
ryonaz様、チャーミングな作品を有難う御座います。
雰囲気と、怜奈様の魅力的な描写がツボにはまってしまいました。可愛いくて優しくて、でもしっかり調教して下さる、立場逆転も萌えるメイド様、この様な、異色でライトタッチな御作品も素敵ですね。特に私の様な、弱虫の出来損ないエゴマゾ男にとりましては。
2013/02/28(木) 20:15 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

よかったです。
お気に召していただけたようで何よりです。
言葉というのは難しいもので、雰囲気も描写も、ひと言違えば全く別物。
そんなことは多々起こり得ると確信しています。これは本作に限ったことではありませんが。
「ソフトな作品も書いてみたい」
そんな動機で執筆を始めた作品には、やはり作者の心配がついて回るもので。
お言葉に安心いたしました。楽しんでいただければ、ノープロブレムですよね。
2013/07/06(土) 17:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 複製人間 あとがき

舞台設定の妙と、香澄様の魅力と
ryonaz様、こちらもまた、素敵な作品を有難う御座います。
拷問を受けている彼がオリジナルだったと言う点では、ある程度予想が付かなくもない結末とも申し上げられるかと思いますが、ここでは、その様などんでん返し効果自体よりも、記憶まで写しとった複製人間が存在すると言う状況下での心理描写の素晴らしさ、その世界観にこの御作品の真骨頂がある様に感じました。
学術的にも様々に証明されているという、人間の記憶の不確かさが、ここでは、記憶まで写しとった複製人間が存在すると言う状況設定、自分自身が複製人間だったとしても全く同じ様に感じていておかしく無いのだと言う状況設定により、一層強い説得力を持って智也に、そして読者に突き付けられています。
そして、自分がこの世に元々存在しなかった複製人間だと思いこまされる恐怖、香澄様が罪に問われる心配も無く自分を虐殺出来る状況にあると言う恐怖、そして、現に下される壮絶な拷問、これらを香澄様は怨みの有るオリジナルの智也に存分に味わわせる事が出来ます。それこそ、彼の代わりに生きる複製人間が居るお陰で、彼女は智也を殺すも、脚を切断して動けない様にするも、一生監禁するも、自由自在と言う状況で。
メインストーリーに複製人間自身は殆ど全く絡まず、メインストーリー自体は、現在の現実世界でも起こり得る復讐拷問(殺人?)劇なのですが、それが複製人間の存在によって全く異なる様相を帯びると言う、非常に面白い多層構造の魅力に満ちた御作品だと感じました。

そして、 香澄様の魅力を堪能致しました。
紅い唇の端を持ち上げ弓なりになるイメージが前半に印象的に繰り返され、白衣によって一層際立たせられ、読む者の脳裏に刻み込まれます。美貌と、何より抜群のスタイルを強調する服装が描写され、シャツの胸元のボタンが一つ二つ外れ、白磁の様な胸元が覗く様は、はち切れんばかりの胸の豊かさを同時に印象付けます。そして、短かめのタイトスカートとガーターストッキングと高いヒールの靴が、すらりと伸びた形の良い脚を際立たせると同時にセクシーな魅力を強調しています。セクシーな魅力を強調する要素と、白衣や眼鏡の組み合わせが、個性的な魅力として結実している様にも感じます。
そして、彼女にはサディスティックなセリフが良く似合いますね。非情な暴力に不敵な笑みで畳み掛ける容赦無い言葉責めは、恐ろしく、そして、魅力的です。
私は、相変わらず、針やナイフや睾丸潰しや切断は苦手では御座いますが、それでも、香澄様の魅力と、舞台設定や構成の効果など、この御作品の素晴らしさに魅了されました。
2013/02/27(水) 22:10 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

嬉しいです。
ここまで作品を丁寧に読み、世界を堪能し、考察・分析し、感動を伝えてくださる。
作者として、こんなに嬉しいことは、そうそうあるものではありません。
女神崇拝者さんのお言葉には、いつも活力を頂いています。ありがとうございます。
殊に、苦手な分野についても楽しんでいただけていることに感動しています。
「趣味・嗜好が合わないから嫌い」というほうが当たり前だと思っておりますので。
2013/07/06(土) 16:52 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 雨の続く日 あとがき

ゆきな様の小説は本当に表現力がすごいですね。小説のなかの「僕」の気持ちがすごく伝わってきます。これからもよろしくお願い致します。
2013/02/21(木) 11:59 | URL | ひらき #k62HVzjU

嬉しいです。
いつも、身に余る賛辞をありがとうございます。
日本には「察する」という文化がありますが、私は基本的に「言わなくてはわからない」と考えています。
私の表現などは稚拙で語るにも値しませんが、せめて思いを形にできるようには――、と心がけています。
「僕」の気持ちを読み取っていただけて嬉しいです。
ただ、当サイトにはいろいろな作品がありますので――
例えば、行間や余韻、あえて一から十まで描かない、そもそも伝えることを目的としない、etc...
そういったものも含め、納得のいく創作をしていけたらいいなと思っています。今後もお付き合いくださいね。
2013/05/16(木) 19:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ わたしの原点 2

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/03(日) 04:54 | | #


メッセージ、受け取りました。
飢えや渇きを感じられるのは、生きているからこそですね(笑)
どうもありがとうございました。
2013/05/12(日) 18:34 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
2013/01/03(木) 11:43 | URL | ひらき #k62HVzjU

季節はずれも甚だしく恐縮ですが。
ひらきさん、明けましておめでとうございます。
作品のご感想ではないということで、わざわざ自由帳のコメント欄を活用してくださったのでしょうか。
お気遣いに感謝いたします。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
2013/05/12(日) 18:27 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/18(土) 21:26 | | #

 高校生の時の体験を書き込ませていただきたいと思います。

  l
  l
  l

 ある日の放課後、僕はロッカーの整理をしていました。(・・・おかしい・・・なんでないの?・・・授業中はあったのに・・・)英語の教科書がなくなっている事に気がつきました。僕は必死に探しました。探している途中、後ろからアイさんが

  アイ「アンタ、英語の教科書が無いから、探してるんでしょ?」

と声をかけてきました。僕は(・・・どうして?・・・何でアイさんが知ってるの?・・・)と思いました。

  アイ「ついてきて。こっちにあるわよ。」

とアイさんに言われたのでついて行きました。そして体育館の倉庫に着きました。

  アイ「ここにあるわよ。」

  僕 「・・・」 (嫌な予感がする・・・もしかして・・・ミナさんが・・・)

嫌な予感が当たってしまいました。扉を開けるとミナさんがいました。ミナさんは

  ミナ「来たわね~。」

  僕 「・・・」 (助けて・・・またイジメられる・・・)

  ミナ「私の教科書なくなっちゃったのよね~。だから、アンタのロッカーにあった教科書を出してきたの~。」


と言ってきました。僕の教科書は、ミナさんに奪われてしまいました。僕は(・・・勝手に人のものをとるなんて酷い・・・)と思いました。ミナさんはすぐに、僕の服を無理やり剥がしてきました。僕は肌着だけの状態にされてしまいました。そして、イスに縛り付けられました。

  ミナ「あ~っ、私、教室にバック置いたままだったわ~。」

  アイ「私のも持ってきて。」

  ミナ「わかったわ~。」

そう言うとミナさんは倉庫から出て行きました。そしてアイさんが

  アイ「どう?苦しい?」

と言いながら両手で僕の首を絞めてきました。アイさんは少しずつ力を込めてきました。アイさんは、ミナさんのような力強さはありませんが、指が細いのでくいこみます。

  僕 「・・・うっ・・・やめて・・・」 (指がくいこんで・・・首が痛い・・・苦しい・・・)

  アイ「うふふ、やめるわけないでしょ。」

ミナさんが戻ってきました。

  ミナ「アイ、持ってきたわよ~。」

  アイ「ありがとう。」

ミナさんは、持っているバックを床に置きました。
 
  ミナ「アイ、そろそろ私に絞めさせて~」

  アイ「いいわよ。」

今度はミナさんが絞めてきました。アイさんは僕を見下しながら

  アイ「ミナに教科書をあげたら解放してあげてもいいわよ。」

と言いました。僕は

  僕 「・・・う・・・くっ・・・」 (どうしよう・・・教科書をあげれば解放してくれる・・・でも・・・あげたら自分のがなくなってしまう・・・)

  ミナ「うふふっ、辛そうね~。」

  僕 「・・・うっ・・・」 (あげたくない・・・でも解放してほしい・・・)

  アイ「早くミナに教科書をあげればいいのよ。楽になるわよ。」

  僕 「・・・うっ・・・ぐっ・・・」 (他の方法を考えよう・・・あげなくても助かる方法を・・・)

僕はずっと悩んでいました。あげなくても助かる方法を考えようと思ったのですが、苦しくて冷静に考える事ができませんでした。

  ミナ「うふふっ、本当にアンタをいじめるのは楽しいわね~。」

  僕 「・・・くっ・・・苦しい・・・」 (やっぱり・・・あげるしかない・・・他に助かる方法が思いつかない・・・)

  ミナ「うふふっ、その苦しそうな表情、たまらないわ~。本当にアンタをいじめるのは楽しいわね~。」

  僕 「・・・あげる・・・から・・・解放して・・・」

僕は、教科書をあげる、と言ってしまいました。するとミナさんは

  ミナ「くれるの~?ありがと~。」

と言って僕の首から手をはなしてくれました。

  僕 「はぁー・・・はぁー・・・」

僕は(・・・助かった・・・)と思いながら必死に呼吸しました。その後ミナさんは 

  ミナ「じゃあ~今からアンタの名前を消して、私の名前を書くわよ~。」

と言って、教科書に書いてある僕の名前を修正テープで消してしまいました。そしてミナさんに名前を書かれてしまいました。これで完全にミナさんの物になってしまいました。

  ミナ「うふふっ、これでこの教科書は私のものね~。」

しかし、約束が違いました。ミナさんは、名前を書き終えた後、また僕の首を絞めてきました。

  ミナ「本当に解放すると思ったの~?バ~カ~。」

  僕 「う・・・ぐっ・・・」 (酷い・・・条件が違う・・・)

  ミナ「うふふっ、もうアンタが助かる方法はないわよ~。」

  僕 「うっ・・・あ・・・」 (嘘つき・・・教科書をあげたのに・・・)

  アイ「ねえミナ、私にも絞めさせて」

  ミナ「いいわよ~」

アイさんとミナさんは交代しながら、何度も何度も僕の首を絞めてきました。


 しばらく時間が経つと2人は僕を解放してくれました。いじめられている時間は本当に長く感じました。僕は(・・・どうせ首を絞められるんだったら、教科書はあげなければよかった・・・)と悩んでいました。
 僕はその夜、眠れませんでした。(・・・どうしよう・・・教科書がないと勉強ができない・・・何でこんな事をされるハメに・・・もう嫌・・・誰か助けて・・・)という気持ちでいっぱいでした。

 次の日の最初の授業は英語でした。僕は授業が始まる前に先生に

  僕 「すみません。教科書をなくしてしまいました。」

と言いました。そうしたら先生が優しい声で

  先生「教科書を印刷してあげるから大丈夫よ。」

  先生「・・・どうしたの?顔色がわるいけど大丈夫?」

と言ってくれました。僕は本当の事を伝える事ができませんでした。

  僕 「・・・大丈夫です・・・」

と言いました。その後すぐに英語の授業が始まりました。そして長い一日が始まりました。

  l
  l
  l

このような体験をしました。ゆきな様、これからもよろしくお願い致します。
2013/05/19(日) 23:29 | URL | ひらき #k62HVzjU


■ わたしの原点 あとがき

スピード感と、どんでん返しと、素敵な感覚
ryonaz様、素敵な年越し作品を有難う御座います。
明けましておめでとう御座います。
スピード感を感じる作品だと感じました。変な感想ですよね。
何というか、勿論作品であり創作なのでしょうけど、素晴らしい感性を直接ぶつけて頂けた様な、ryonaz様そのものを感じられる様に思います。
そして、ryonaz様お得意のどんでん返し。やられました。
やられた後で、作品の中の伏線、設定の妙を味わい直し、何でこのどんでん返しに気付かなかったのだろうか、と振り返らざるを得ませんでした。またまたryonaz様に負けてしまいました。
出会い頭のストレートな一撃を頂いた気分です。素敵です。
有難う御座います。
今年も何卒宜しくお願い申し上げます。
2013/01/01(火) 01:25 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

ゆきな様

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

大晦日、元旦と「わたしの原点」を

書いてくださったんですね。

素敵な展開ありがとうございました。
2013/01/02(水) 09:16 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

原点
「わたしの原点」という題名と、作品中描かれている性癖の描写に惹かれて、読み返しました。 

こんな女性に電車の中でお会いできたら、きっと、悦んで再度近づいてくる私に「こんなはずじゃなかった」と呆れられ、飽きられ、疎まれてしまうかも知れません。
私にしてみれば、また刺激されたいのに、また殴られたいのに、また甚振られたいのに、また弄ばれたいのに(全てエゴですね)、女性にしてみれば、「こんなはずじゃなかった」こんなオヤジを悦ばせるはずじゃなかったと...

自分が自分であること、悦びの源泉、最も率直な性的悦びの形...

> 心の病?
> もしそうであるなら、私は治療なんてしたくない。治ることが怖い。この快楽を失ってしまうかもしれないのなら、私は病気のままでいい。

お見事です。私は過去に周囲との葛藤や軋轢の中で、私自身のM性癖が「病気」なのか、「治療」の可能性はあるのか、調査検討してみたことがありました。
私自身の今のところの認識は、「治療対象とする様な病気とは言えないだろう」ということですが、私自身の言い訳の心理、自己正当化の心理も無いとは言えないと思います。
そして、ryonaz様が見事に一刀両断で示して下さいました、この心情は、私の中にもあるものだと気付かせて頂いた様に思います。
そして、この潔さに感銘と感動と尊敬を覚えました。

そのような、純粋な快楽に、どんな形であれ、水を差された、だからこそ、彼女はこう思ったのでしょう...

> こんなはずじゃなかった。
> ……なんだか、とても不愉快だった。

特殊な性的嗜好を持つ者にとって、原点を突き付けて下さる傑作に、改めまして感謝申し上げます。
ryonaz様、素晴らしい作品を有難う御座います。
2013/01/02(水) 09:51 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM

せっかく
主人公のどS女性様がこれからもっと下着を濡らしてくださって、愉悦に浸ってくださるっていうときに……、これからもっと素敵なストーリー展開が…、うっとりするような心象描写が…、って勝手に期待させていただいてたのに、警官なんか登場させていただきたくなかったです。僕も、こんなはずじゃなかったって、新年早々がっかりしちゃいました…(笑) ごめんなさい。嘘です…(汗)

あけましておめでとうございます。梨央様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。旧年中は大変にお世話になりました。本当にありがとうございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。梨央様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
梨央様、新年のご挨拶が遅くなってしまってごめんなさい。これからも、いっぱい下着を濡らしてくださって、素敵な作品を沢山書いてくださいませね…(汗)
2013/01/07(月) 10:17 | URL | 次郎 #-

女子高生物はもうかかないのかな?
2013/01/13(日) 15:33 | URL | 名無し #-

 ゆきな様、こんにちは。申し訳ございません。最後の「とても不愉快だった。」という気持ちがわかりませんでした。すみません。これからも、よろしくお願い致します。
2013/01/28(月) 13:51 | URL | ひらき #k62HVzjU

陳腐なショートショート
2013/02/12(火) 15:04 | URL | あ #khh0Oikc

皆様へ。
丁寧な新年のご挨拶を賜りまして、誠にありがとうございました。
大変遅い返信になりましたことをお詫び申し上げます。
季節はずれも甚だしいですが、あらためまして、本年もよろしくお願いいたします。
2013/05/12(日) 18:05 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

女神崇拝者さん。
豊かな感性と知的な分析が気持ちよく融合したような――
頂いたご感想を拝見しながら、いつも勉強させていただいてます。
>出会い頭のストレートな一撃を頂いた気分です。素敵です。
ありがとうございます。
もちろん、その一撃でみっともなく気絶してくださるんですよね?
2013/05/12(日) 18:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

昼の梟さん。
物語の展開を楽しんでいただけたようで何よりです。
まばゆい夜景、テンションの高い番組、普段以上に厳かな番組、多数の挨拶メール、etc...
年末年始という独特の雰囲気を感じながらキーを叩くのも楽しいものです。
虚構の世界は素敵ですね。現実では、到底成し得ないことがいとも容易く……
2013/05/12(日) 18:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

名無しさん。
コメント、ありがとうございます。
女子高生シリーズは、諸事情により予定していた掲載を一時停止した経緯があり、彼女たちも鳴りを潜めています。
再び戻ったときに、彼女たちを温かく迎えていただけたら幸いです。
2013/05/12(日) 18:15 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

ひらきさん。
いつも素直にコメントしてくださっているのが伝わってくるようで、ほのぼのいたします。
>気持ちがわかりませんでした
大切なご感想として受け取ります。謝っていただく必要など全くありません。
作品の意味するところは、読者様それぞれの感性に委ねる――それがモットーなので。
これからもどうぞ気軽にご来訪くださいね。
2013/05/12(日) 18:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

あさん。
率直なご感想をありがとうございます。
すみません、きっと本作に限らず、どの作品も陳腐です(汗)
またサイトにご来訪いただけるなら、何かしらお楽しみいただける要素があることを願うばかりです。
2013/05/12(日) 18:23 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。