[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「――いいって?」
 瑞々しく潤った女のきめ細かい肌が、君の身体を包んでいた。
 先ほどまで、君は肩を落としていた。今は一転、虚空を見つめている。
「もう、どうでもいいんだ。放っておいてくれ」
「そっか」
「…………あぁ」
 それが、ひどくか細い声だったため、彼女はつい苦笑してしまう。
「そんな言い方されてもね」
「言い方?」
「遠慮は、愛情を要求する手段だから」
 彼女は君の背中に爪を立て、つ――、と肌を裂いた。爪痕が白く残り、じわりと血が滲む。行為を繰り返されるたび、君は苦痛の声をあげては、それを噛み殺す。悶声の合間に、
「殺してくれ」
 君は、幾度もそう口にした。
「想像通りの言葉。この世がダメだから、あの世に縋る?」
「違う! 俺が、……俺のほうから、死を選ぶんだ!」
「どうして?」
 そよぐ風が彼女の髪を靡かせ、君に甘い香りを運んでくる。
「愛想が尽きたんだよ、この世に」
「この世を捨てるの?」
「ああ」
「違うよ」
 彼女は、柔和な笑みを君に向けたまま、しかし、
「この世が、あなたを捨てるの」
 ばっさりと君の言葉を否定した。
「――え?」
「そんなことをしてみても、この世は、決してあなたを認めはしない」
 君の表情が、みるみるうちに青ざめていく。
「……何を、言ってる?……馬鹿な。……死ぬんだぞ!」
 情動が君を襲い、
「真似できるのかよ。……そんな勇気が、お前にあるか!?」
 君は震えた声を張り上げる。
 彼女は表情を変えぬまま、
「この世を否定し――」
「…………」
「死の素晴らしさを誇示し――」
「…………」
「そこに足を踏み入れた偉大な強者である自分は救われる者、そこに踏み入らない、あるいは、踏み入ることのできない卑小な弱者は救われない者――と、あなたはこう叫ぶのでしょうね」
 冷然と言葉を連ねた。
 もう何本刻まれたか分からない君の背中の爪痕が、またひとつ増えた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。