[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 愛奴。
 あなたに、ささやかな贈り物を差し上げましょう。

「――逆らいなさい」

 命令です。
 本来であれば、絶対のもの。
 ですが、今回これに従うか否かは、あなたが決めていいですよ。
 ほら。……はやく。

 ……命令に従うのですね。
 私に逆らう奴隷は必要ないです。去りなさい。

 どうしたのですか? そんなに動揺して。
 訂正したいのですね。構いませんよ。
 では、

 ……命令に従わないのですね。
 私の命令に背く奴隷は必要ないです。去りなさい。

 あらあら、そんなに泣きじゃくって。
 可愛い子ですね。

 冗談ですよ。
 今日は、エイプリルフールではないですか。
 驚き、必死になって慌てふためくあなたの表情。
 とても無様で素敵でした。

 じゃあ、嘘はここまで。
 早く去ってくださいな。



END

| Novel index |
コメント
この記事へのコメント
 いったい、どの御言葉までが嘘なんでしょうか?最後の御言葉も嘘なら嬉しいんですけど……。梨央様、お願い致します。僕のご主人様になってくださいませんか?梨央様の奴隷にしていただけら、こんな素敵な方法で虐めていただけるんでしょ?
2012/04/04(水) 14:45 | URL | 次郎 #sWkHkw7g[ 編集]
たったひとつの事実など不要。
どの作品でもそうですが、解釈は読者様の数だけあると思っています。
私の真実、次郎さんの真実、他の様々な真実――
正誤ではなく、そこに生じる相違に価値があるとでも申しましょうか。
そんなところに、創作の楽しさを感じています。
>梨央様、お願い致します
エイプリルフールの作品にこのコメント――そのセンスが面白いです。
2012/04/05(木) 21:34 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
主様の命令は絶対

命令に従っても

背いても

去る運命

このような命令を出された奴隷は

どうしたらいいのでしょうか?

私だったら、とても決めることが

できません。
2012/04/16(月) 23:37 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM[ 編集]
エイプリルフールでしたので。
奴隷クンにご自分を重ねてご覧くださり、ありがとうございます。
エイプリルフールにちなんだ作品を掲載したいなぁ……という思いだけで執筆いたしました。
いつもの「小説:その他」のパターンです。
小説とはとても呼べないものですが、どうぞご了承くださいね。
>主様の命令は絶対
――と、お考えであれば、
>どうしたらいいのでしょうか?
――命令に従えばよいのではないでしょうか?(笑)
2012/04/20(金) 19:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
逆らって
ああ、女神様、お言葉に逆らって懇願致します。
どうか捨てないで、この場で貴女様のお手で、屠殺して下さいませ。
私めは屠殺して下さるまでここを動きません。
...実際の私めは、刃物で殺戮されたくはありませんし、打撃にもどこまで耐えられるかあまり自信は無いヘタレです。女神様に何度も絞め落とされて失神と意識朦朧の状態を繰り返しながら、最後はフワフワと気持ちよく女神様に絞め殺されたい、などと身勝手な妄想にふける変態です。
それでも、自分では実際には苦痛しか感じられないであろう状況を描かれる梨央様の猟奇系・暴力系の作品には魅かれてしまいます。
恥ずかしながら、このサイトを運営されている作家さまが女性の梨央様であるとは、今日初めて気づきました。
エイプリルフールの効用はとっくに切れているでしょうから、無礼なことを申し上げられないところではありますが、私めも最初のコメントをされた方と同じような妄想や願望に囚われてしまいます。こんな素晴らしい感性の女神様が実在していらっしゃるとは!
2012/05/19(土) 13:08 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
いらっしゃいませ。
女神崇拝者さん、初めまして。たくさんの温かいご感想、ありがとうございます。
本作の命令――その選択肢に「屠殺」は無いです。よかったですね、生きていられますよ(笑)
女神崇拝者さんは、じわじわと絞め殺されるのがお好みなんですね……
作品に魅力を感じ、楽しんでいただけて何よりです。ぜひ、ぶらおにの世界を堪能してください。
よろしければ、今後もお気軽に遊びにいらしてくださいね。
またのご来訪、心よりお待ちしています。
2012/05/19(土) 22:53 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
好み(現実と妄想)
早速のご返事感激です。
ネタにお使い頂ける価値は無いかとは思いつつ、私の「好み」は体験に基づくものであることを告白致します。体験そのものは文学性に乏しい所謂クラブでのプレイ体験です。
打撃を含む格闘で格闘女神に圧倒され征服され支配され処刑されることに憧れ続けながらも、実際に打撃リンチが強烈になってくると心底辛く止めて欲しいと本気で思ったりしてしまいます。後で思い出すとそれも良い思い出で興奮したりするのですが。そしてその様な感覚があるからこそ梨央様の作品にも強く魅かれるのだとも思いますが。
その一方で連続絞め落としは、自分が何処で何をしているのかまるで判らなくなってしまう前後不覚感、そこで躍動している女性の肢体、その女性の腕や脚が再び絡み付いてきたかと思うとまた意識を刈り取られ、被征服感とこの生命を玩具として弄ばれている感覚に夢心地で浸ることが出来ます。上手くいくと絞め落とされただけで失神と同時に射精してしまいます。失神しているので、自分が射精をした感覚は無いのですが、目が覚めて指摘されるととても嬉しくなってしまいます。何回も失神を重ねると、女性と過ごした時間をとても長く感じることが出来、2時間のプレイで9回絞め落として頂いた時などは、丸一昼夜か、2日間くらいその女性とご一緒の時間を過ごせた様な感覚になりました。
ですから、そんな連続絞め落としの延長上でなら、本当に屠殺されても心底満足して召されることができるような気がしております。
そうは言っても、絞めでも苦痛が強い責め方の場合には、心底怖くなったり「もうやめて」と思ってしまうこともありますので、結局のところある女性に言われたことのある「実際にやられている時よりも、後で思い出しながら自慰をするのが一番良いのよ」というのが現実に近いと感じてしまう場合も多々あります。
結局、こういった嗜好では、妄想に溺れる要素が強く、自分で実体験するとしたら苦痛にしかならない様な強烈なリンチの描写に強く魅かれてしまうのも、この妄想的性癖ゆえかと思ってしまう次第です。
お役には立たないかと思いますが、一つの実例として、ご説明申し上げました。
2012/05/21(月) 20:46 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
参考になります。
女神崇拝者さん、こんばんは。またご来訪いただけて嬉しいです。
体験に基づくご感想、ありがとうございます。リアルでは、くれぐれもお気をつけくださいね。
責められる側の肉体的苦痛や、それに伴う心情、妄想と現実のギャップなど、とても勉強になりました。
参考にさせていただきます。
ちなみに、当サイト内に「自由帳」というタイトルのページがあります。

http://ryonaz.blog96.fc2.com/blog-entry-1010.html
(PCページの右上部、携帯ページの目次スペース、それぞれからリンクを貼っています。)
体験談や妄想話などを語っていただけるようでしたら、ぜひご活用くださいませ。
2012/05/27(日) 19:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。