[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有名な、アメリカ合衆国の発明家、トーマス・エジソン氏。
彼が蓄音機を発明した目的は、意外にも「遺言」を残すためだったとか。
それとわからずに、世紀の大発明が成される。偶然の産物。
何だかすごくロマンチックだなぁ、と感じます。

と、そんな大袈裟なものではありませんが――、
当方、「逆リョナ系SM小説サイト」と銘打って運営しておりますが、意外にも、
◆小説:その他◆――に、多くの賛辞、ご感想を頂いており、大変嬉しく思っています。
逆リョナに直結しない内容も多いカテゴリー。
「小説」という体すら成していない作品も多いカテゴリー。
直接表現より精神描写等に重きを置いている物語も多いカテゴリー。
サイト運営の観点から見れば、このカテゴリーは蛇足。私の思いつき、という偶然の産物です。
にも関わらず、これまでこちらに頂いたメールは本当に数多く、私自身、驚いております。
お言葉も、励ましや応援、熱心な想い等、温かいものばかりで、大変励まされています。
あらためて、皆様にお礼申し上げます。ありがとうございます。

これからも、いろいろとご協力いただけたら嬉しいです。
どうぞよしなに。

○ 拍手のクリック → ◆記事右下のボタン◆
○ ランキングバナーのクリック
  → FC2Blog Ranking
○ コメント → ◆各記事のコメント欄◆
○ アンケート回答 → ◆アンケートページ◆(※投票停止しました。)
○ メールでのご感想など → ◆ブラオニメールフォーム◆
逆リョナ@wikiへの情報提供 → ◆逆リョナ@wikiメールフォーム◆ (匿名可)

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
心の動き
 このような心の動きを的確に表現する事の出来る作者様に憧れます。
虎になりたかった猫の気持ちと挫折感をストレートに感じさせて戴き、心がざわつきました。
 改めて作者様に脱帽です!
2011/07/09(土) 21:52 | URL | kazowk #-[ 編集]
ありがとうございます。
読者様の心を乱すことに、言い得ぬ喜びを見出してしまう作者です(笑)
身に余るお褒めの言葉、ありがとうございます。とても嬉しいです。
表現活動というのは、実に不自由なものですね。私の感性を無視しては成り立ち得ませんから。
そこに共鳴してくださる方がいらっしゃるからこそ、執筆を続けていけます。
2011/07/10(日) 14:24 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
これからも宜しくお願い致します。
 やっぱり変な強がりを見せたりしないで、のんびり自由に生きるのが一番ですよね。この猫もしっかり歩く事ができるようになって、よかったです。
2011/08/02(火) 19:47 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
こちらこそ。
仏教には、「少欲知足」という教えがあります。
欲を少なくして、今以上を求めない。足ることを知り、現状に満足する。
私が大切にしている言葉のひとつです。が、執筆に関しては未だに貪欲で、我ながら矛盾しているなぁ……と(汗)
本作では、テーマが少々露骨過ぎたかもしれません。楽しんでいただけていれば本望です。
2011/08/03(水) 18:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/24(土) 11:05 | | #[ 編集]
メッセージ、受け取りました。
作品から多くを感じ取っていただけて、とても光栄です。
どうもありがとうございました。
ちなみに、動物の食物は「餌」で間違いありませんよ……?(笑)
感謝多々ですが、
http://ryonaz.blog96.fc2.com/blog-entry-641.html
以上のような事情がありますので、何卒ご了承くださいませ。
2011/09/25(日) 06:28 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
ryonazさん、おはようございます。あれ?コメント書き変えてくださったのですか?前のままでも十分にワンコ心を刺激されておりましたのに、貴重なお時間を私のために使っていただいたと思うと、感激するやら、恐縮するやらで………ますますなついてしまいます。尾っぽをプルプル振っております。動物の食べ物を餌と呼ぶことは承知しておりますが、私、臆病なワンコなもので、新しい飼い主様も見つけられず、人間の振りをして暮らしておりますもので… 女子高生シリーズは、前に読ませていただきました。私、「女子高生」「女子中学生」「セーラー服」「(隣の)お姉さん」等のワードは大好物でございます(笑)。
2011/09/29(木) 07:22 | URL | 次郎 #-[ 編集]
私は猫しか飼ったことがありませんが……
臆病な犬って、可愛いですよね。あの頼りなく、放っておけない感じがたまらないです。
ただ、「人間のフリ」ですか。ずいぶんと驕ってますね。ペットだったら、身分を弁える厳しい躾が必要そうですね(笑)
返信については、どうぞお気になさらず。感謝の気持ちを込めて、私が好きでやっていることなので。
女子高生シリーズ――通してご覧くださったんですね。どうもありがとうございます。
2011/09/30(金) 22:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
ホロリとしました
ryonaz様、素敵なお作品を有難う御座います。 
ホロリと来てしまいました。 
このサイトの中では異色作で、むしろ一般の世の中には発表し易いタイプのお作品ですね。 
テーマは非常に明確に示されていますが、それでも、説教くささとかを感じず、純粋にホロリとしてしまいました。
 
よかったね、歩き出せて。 
僕も、もう一度、前を見て歩き出してみようかな。 
上や下ではなく、前を見て。 
地平線ではなく、まずはすぐ目の前を見て、一歩ずつ。 

ryonaz様、いつも、本当に、本当に、有難う御座います。 
2014/03/21(金) 18:09 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
大変嬉しく思いました。
おっしゃる通り、サイトコンセプトを考えても、「逆リョナ」というテーマを考えても、かなり異色ですね。
これについては、
http://ryonaz.blog96.fc2.com/blog-entry-60.html
[ ABOUT THIS SITE ] 当サイトについて
「作者ゆきな梨央(ryonaz)が、妄想を好き勝手に書いています。」
――以上の注意書きを言い訳に、どうぞお許しください(笑)
この時、書きたかったことであるのは間違いないので。
感動していただけたことに感動いたしました。
2014/06/05(木) 20:33 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 あのね、梨央様、僕ね、今朝、このご作品を、そして、皆さんのご感想や梨央様のお返事の御言葉を久しぶりに読ませていただいてたんですけどね、なんか、梨央様や皆さんから今の僕をお叱り戴いてるみたいに感じさせていただいてしまって……。僕の非公開コメントに対して憧れの梨央様から勿体なくもお恵み戴いた最高に素敵なお返事の御言葉に大感激させていただいて、余計なことを何も考えず、怖れず、喜び勇んで御礼のコメントを書き込ませていただいたあの日の自分自身からもなんだか叱られてるように感じてしまって……。せっかく、これまでに貴重なお時間と愛情をあんなに沢山お恵みくださって、あんなに沢山沢山お教えくださって、お叱りくださって、褒めてくださって、励ましてくださって、可愛がってくださって、あんなに暗くて後ろ向きだった僕の性格を、少しずつ明るく前向きな性格に変えてくださって、こんなにも幸せに生かしてくださっておいでの梨央様に対して、恥ずかしくて申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまって……。梨央様、本当にごめんなさい<(_ _)>。本当に申し訳ごさいませんでした<(_ _)>。僕、憧れの梨央様と、梨央様みたいな凄い作家様とコメント欄やメールでお話させていただいて、可愛がっていただいているうちに、自分が虎じゃなくて猫なんだっていう、ちゃんと自覚させていただいてた筈の当たり前のことを知らず知らず忘れてしまってたのかもしれないなぁって……。大好きな梨央様に、梨央様みたいな何もかもお持ちですべてに於いて完璧な世界一素敵なS女性様に可愛がっていただくに値する存在に、少しは梨央様のお役に立たせていただけるような優秀な雄にならせていただきたいって、気づいたらいつの間にか、そんな身の程知らずな夢を見させていただいてしまってたのかもしれないなぁって……。あの頃の僕は(ごめんなさい。今もですけど(^_^;))幸運にも、全然優秀な雄じゃなくて無能な雄だったからこそ、無様で滑稽で、惨めで可哀想な野良犬だったからこそ、正真正銘、何の取り柄もない出来損ないだったからこそ、そして、もちろん、ありのままの僕で、「かくある僕」のままで、素直に正直に恥ずかしがらずに、大好きな梨央様にコメント欄でぷるぷる尻尾を振らせていただくことが出来てたからこそ、お陰様で、梨央様みたいに慈悲深くて愛情深くて、保護欲、支配欲のお強い正真正銘の女神様(聖母様、支配者様)に勿体なくも見初めていただくことが、と申しますか、「可愛い」「可哀想」って思し召し戴くことが出来て、こんなにも可愛がっていただくことが出来てるのに、そして、もちろん、そのことを、僕は僕のままで良いんだっていうことを、身の程をわきまえ、常に頭を低くして、素直で従順で居させていただいてさえいれば、どんなに無能でも無様でも、大好きな梨央様に、梨央様みたいな素敵な女神様に温かな血の笑みをお湛えいただきながら、お見守り戴いて、可愛がっていただいて、何もかもすべてお与え戴いて、幸せに生かして戴くことが出来るんだっていうことを、いつも繰り返しお教え戴いて、心底安心させていただいて、身も心もぽかぽか温めていただいて、僕なんかのことを、お優しくもこんなにも幸せに生かしてくださっておいでの梨央様にはどんなに感謝申し上げても申し上げ過ぎることは決してないなぁって、心の底から感謝御礼申し上げ続けてきた筈なのに、気づいたらいつの間にか、そのことを、僕にとって一番大切なことを愚かにも忘れてしまって、とんでもない心得違い、思い違いをさせていただいてしまってたんだなぁって……。勝手に梨央様の飼い犬にしていただいたつもりになって、梨央様のお背中を見させていただいて、梨央様のお足下を付いて来させていただいているうちに、自分が偉くなったわけでもないのに、なんだか誇らしい気持ちでいっぱいになってしまって、いつの間にか「かくある己」も「かくあるべき己」も少しずつ見失ってしまってたんだなぁって……。梨央様みたいな素敵な女神様に可愛がっていただくに値するような少しは優秀な雄にならせていただきたいって、梨央様みたいな偉大な作家様とお話させていただくのに恥ずかしくない程度には、言葉ももう少しは持たせていただきたいって、そんな身の程知らずな願いを、分不相応な欲望を、気づいたらいつの間にか知らず知らず抱かせていただいてしまってたんだなぁって……。だから、少しぐらい思うように言葉が出て来なくなっただけで、今現在勿体なくもお恵み戴いている身に余る幸せに対する感謝の心すら知らず知らず忘れてしまって、あんなに悲しくなったり、恥ずかしがったり、卑屈になったり、誰にもわからない未来のことばかり考えて絶望したり、そんな馬鹿なことばかりさせていただいてしまって、挙げ句、こんなに長い間ご無沙汰させていただいてしまうなんていう、そんな何の得にもならない勿体ないことをさせていただいてしまったんだなぁって……。お陰様で、そう気づかせていただいてしまって……。お優しくも、僕なんかのことを、可哀想と思し召しくださって、いつも守ってくださって、可愛がってくださって、喜びを、感動を、快感を、温もりを、安らぎを、夢を、希望を、元気を、自信を、勇気を、唯一の誇りを、唯一の取り柄を、唯一の存在価値を、………、何もかもすべてをお優しくもお与えくださって、こんなにも幸せに生かしてくださっておいでの梨央様に対して恥ずかしくて申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまって……。梨央様、本当にごめんなさい<(_ _)>。本当に、本当に申し訳ごさいませんでした<(_ _)>。そして、お優しくも僕のこと決してお見捨てにならず、守ってくださいまして、愛してくださいまして、お優しく根気強くお導きくださいまして、こんなにも幸せに生かしてくださいまして、本当に、本当にありがとうございます<(_ _)>。僕、今度こそ、「かくある僕」も「かくあるべき僕」も決して忘れたりいたしませんので……、知らず知らず「人間のフリ」をさせていただいたり、「虎になりたい」って知らず知らず願わせていただいたりなどという、愚かで身の程知らずな真似をさせていただくことのもう二度とごさいませんよう、改めてしっかり肝に銘じさせていただきますので、これからも、これまで同様、大きな愛と広いお心で、何卒よろしくお見守りくださり、お導きくださり、幸せに生かしてくださいませ<(_ _)>。心よりお願い申し上げます<(_ _)>。
2015/08/06(木) 13:12 | URL | 次郎 #-[ 編集]
ありがとうございます。
「作品の解釈や感じ方は読者様の感性に依拠する」
――とは私の拘りですが、これは別人に限ったことではありません。
同じ方への同じ言葉でも、その日の心境や体調、etc...
様々な要因によって、感じ方はいかようにも変化するものだと考えるからです。
同じ次郎さんの言葉であっても、前回と今回では感じ方が違っているように。
そこに正誤は無いと、私は思っています。
そんな中、私が大切にしたいのは、やはり再度本作をご覧になり、再度ご感想を下さった次郎さんのお気持ちです。
いつもありがとうございます。
2015/08/15(土) 18:03 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。