[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心地よい春風の吹く季節となりました。
舞桜が描く風景を横目に連載を開始し、今では葉桜へと様相を変えた樹を眺めています。
変化は常。常とは変わらないこと。変わらないとは不変のこと――変化は不変。
変わることは変わらないこと。
そこにあるもの。幸せ。でも、降ってはきません。きっと、幸せを幸せと捉えることで幸せになれるのでしょうね。
いつでもどこでも、幸せを見つけられる。そんな風に生きられたら素敵だな、と思います。

「純粋」

本作のテーマに掲げて執筆してみました。
単純なようで、いろいろな意味が込められている言葉ですね。
もうどこかに置き忘れてきたような――
それでも、まだ自分の中に探し求めているような――
そんな感傷的な気分に浸っている自分を、ただ笑っていました。

純粋な心。
それは、時として、誰かに傷つけられやすい。
同時に、
それは、時として、誰かを傷つけやすい。
だから、
純粋な心は「諸刃」であり、決して「美そのもの」ではない。
そんなことを考えていたら、何かが指の間からするすると逃げていく感じがしました。

愛華を可愛がってくださった方々、どうもありがとうございました。

長期にわたる連載でした。
最後までお付き合いくださった皆様に、深く感謝申し上げます。
楽しんでいただけていれば幸いです。
今後も、Black Onyx [ブラックオニキス]を、どうぞよろしくお願いいたします。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
最後まで読ませていただきました。
いや~・・・オチは全く想像つきませんでした・・・パソコンの前でびっくりしてしまいました。いつも素晴らしいアイデアですね。次回作も
期待しています。
2011/05/21(土) 07:09 | URL | ギフトホルツ #-[ 編集]
お疲れ様です。母親の望みとあっては孝行娘としては、そのままにすておかぬといったところか。母親もこっそり見守っていると想像します。
2011/05/22(日) 00:49 | URL | でぶ #-[ 編集]
ギフトホルツさん。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
>オチは全く想像つきませんでした
>パソコンの前でびっくりしてしまいました
お言葉に感激するばかりです。読者様のそんなお姿を想像するのが大好きな性悪なので(笑)
本作を含め、何かしらの発想に動かされてキーを叩くことは多いです。
最高の賛辞を頂きました。とても嬉しいです。
連載中の温かいお言葉やご期待にも、大変励まされました。
これからも、どうぞご贔屓に。またご来訪ください。
2011/05/22(日) 18:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
でぶさん。
物語に浸っていただけたことを、大変嬉しく思っています。
特に、でぶさんが寄せてくださる愛華へのご期待や忠誠心(?)には、感動いたしました。
ありがとうございました。
>孝行娘
はい。純粋で心優しい子ですよね。両親の育て方がよかったのでしょうか(笑)
あらためて、労いのお言葉が心に沁みます。ありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2011/05/22(日) 19:17 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
言葉を超えるもの
この作品を拝見して、二人の心の会話が見えたような思いがしました。
言葉を超える繋がり・・とでもいうのでしょうか。
 愛華様の表情まで感じ取れる事ができました。
ryonaz様の鋭い感性と表現力にただただ驚かされるばかりです。
 素晴らしい作品を拝見させて戴き、ありがとうございました。
2011/05/23(月) 20:22 | URL | kazowk #-[ 編集]
絆でしょうか。
身に余るお褒めの言葉を頂き、大変恐縮です。
こちらこそ、作品をお楽しみいただけて何よりです。ありがとうございます。
これを機に、愛華の足下に跪く喜びを感じていただけたら幸いです(笑)
>愛華様の表情まで感じ取れる事ができました
これは、読者様の感性に依拠するところが大きいと考えています。
kazowkさんのように浸ってくださる方がいらっしゃることが、私の救いですね。
いつも温かいコメントに感謝しています。またのご来訪をお待ちしています。
2011/05/24(火) 19:30 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
とても面白かったです。この小説を読ませていただいてから、父親が自分の娘に責められる、という話が好きになりました。いつもありがとうございます。
2011/05/25(水) 10:00 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
ありがとうございました。
本作では、毎回のようにコメントを下さいましたね。
作品を吟味しながらご覧くださっている様子が感じられ、とても嬉しかったです。
ひらきさんからのたくさんのご感想に、多大な活力を頂きました。感謝しています。
>父親が自分の娘に責められる、という話が好きになりました
……悪影響ですね(笑) このようなサイトなので、お許しください。
私の作品がきっかけになった。私は一創作者として、そのことを光栄に思うのみです。
こちらこそ、ありがとうございました。今後も、何卒ご贔屓に。
2011/05/25(水) 18:39 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
女子高生物の新作が早く読みたいよ
2011/06/11(土) 07:05 | URL | 名無し #-[ 編集]
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
女子高生シリーズを楽しみにしてくださっているのですね。大変嬉しく思います。
ご感想などで一人ひとりが人気を頂いている反面、拍手数などでは伸び悩んでいるシリーズなので。
現在は保留中です。気長にお待ちいただけたら幸いです。
2011/06/11(土) 15:41 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
純粋
この作品、約1年前なんですね。
純粋ゆえの恐怖がよく表現されていて、スリラー映画より怖かったです。
読んでいる最中、ずっと股間が硬くなって下着を汚してしまいました。
それにしても、最後の一言。怖い。
このあとを想像すると、怖くてイッちゃいそうです。
2012/04/25(水) 01:31 | URL | ぱらさ #-[ 編集]
ご無沙汰しています。
ぱらささん、お久しぶりです。またご来訪いただけて嬉しいです。
お言葉に驚きました。これがもう、一年前の作品になるのか……、と(汗)
表現への賛辞、恐怖(これも、当方では褒め言葉なので・笑)、とても光栄です。
ありがとうございます。楽しんでいただけたようで何よりです。
よろしければ、またぜひ遊びにいらしてください。
2012/04/25(水) 10:34 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
楽しく拝読させていただきました。

クラッシュフェチとしては、蛾もぜひ踏み潰してほしい所でしたw

私が一番興奮したところ。
それは、愛華様の靴底の描写のシーンです。

私は靴底にすごく魅力を感じます。
どんな綺麗な女性でも靴底は汚くよごれているという事実。
そのギャップにとてつもなく萌えます。

美しい女性の汚れた靴底にへばりつく虫けら、というのがもうたまらないです。

潰された虫は、可愛い愛華様の汚く硬く冷たい、慈悲の欠片もない
この靴底を押し付けられてペシャンコにされたんだな・・・
と思うと興奮してしまいます。

あと個人的には少女の小さい足を口の中に突っ込んで思いっきり踏み込んで顎を外す、とか残酷で大好きです。

作中にもあった少女の蹴り、腹踏みも最高でした。

足で蹴る力は、腕で殴る力の3倍だか5倍の破壊力がある、というのを聞いた事があります。
ちっちゃくて可愛い愛華様でも、思いっきり蹴ると命乞いしたくなるほど痛いでしょうね。

私も可愛い少女に蹴られたいです(笑
2014/11/23(日) 17:58 | URL | ほうれい #-[ 編集]
楽しんでいただけて何よりです。
物語への高評価を頂き、ありがとうございます。
「ギャップ萌え」という言葉を聞きますが、ほうれいさんの美醜のそれも例外ではない気がいたしました。
同じ思想に立脚しているかはわかりませんが、「美は醜を必要とし、醜は美を必要とする」というのが私の解釈です。
>私が一番興奮したところ。それは、愛華様の靴底の描写のシーンです
以前下さった、女の残虐性に萌える、といった主旨のお言葉と併せ、大変斬新で、興味深い内容だと感じました。
私などは、クラッシュ嗜好と聞くと、すぐに「破壊」を連想してしまいますので。
単に壊せばいいというものではない――奥が深いですね。
本作にお気に入りの要素を見出してくださり、大変有難いです。
2015/01/11(日) 11:25 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。