[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 発作的に、誠一はガバッと身体を起こした。
 恐怖心が急速に膨れ上がっていく。身体を丸め、
「ゆ、許してください!」
 とっさにそう叫んでいた。無意識に敬語になる。
「また、嘘……?」
 と、愛華は、丸くなって震える誠一の背中を、腰を、腕を、脇腹を、太腿を、力いっぱい踏み付ける。身体のそこここが、徐々に赤みを帯びてくる。その一部は擦り切れ、血が滲んでくる。
「ぐ!……う、うそじゃ、んぐう!……ない、です。ゆ……うがっ! 許し――」
 言葉と呻きを混在させながら、誠一は必死で訴えた。――痛い。怖い!
「――本当に?」
 愛華は彼の髪を掴んで持ち上げ、その顔を覗き込む。誠一は、視界の近距離に突如現れた彼女の美しい顔に、思わず見惚れてしまった。きめ細かい、しっとりとした肌だ。桃色に艶めく唇の魅力は、春の桜の比ではない。だが、彼女の透き通るような瞳は、にわかに失望の色を湛えていった。
「大人って、難しいね……」
 ――どういう意味だ?
「もう、……訊かない」
 愛華の言葉の意図が把握できず、誠一はうろたえる。
 ――理解してもらえたのだろうか?
 青ざめていく誠一を、愛華はただじっと見つめた。彼がわずかな安堵の表情を浮かべたその時、
「ふっ!……がああ」
 愛華の脚が、誠一の顔面を蹴り飛ばした。――と、即時に彼女は、仰向けに倒れ込んだ誠一の腹に、勢いよく足を踏み下ろす。
「ぐふ!……っあ、お、えあ……」
 絶えず目下に誠一を捉えながら、愛華は優雅に舞った。踏み下ろした右足を軸にして、くるりと回転する。その硬い爪先が腹部の内にまで喰い込み、誠一はさらに呻く。流れるように、しなやかに、愛華の左脚が躍動する。そうして振り上げられた足は、
「――っ!」
 ゴキッ――、という鈍い音を伴い、彼女の全体重を超過する衝撃を、誠一の右肩へと伝えた。その一連の動作は、実に美しいものだった。
「が……、ぎぃ、ああああああ!」
 誠一は、ひときわ大きく絶叫した。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
読ませていただく度に、頭の中で愛華が誠一を責めているシーンが浮かんできます。
2011/05/09(月) 09:45 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
こちらこそ、ありがとうございます。
ひらきさん。いつも作品に密着したコメントを頂き、嬉しく思っています。
どうお感じになるかは読者様の感性にお任せ――、を基本姿勢としています。
場面をイメージしてご覧いただけて、大変光栄です。
2011/05/09(月) 17:22 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。