[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 愛華は足を子猫に乗せたまま佇立していた。
 誠一はようやく身体を起こし、愛華の脚前に座る。われ知らず正座の姿勢になっていた。
「私ねぇ、環境委員なの」
 愛華が無感情に言葉を響かせる。
 突飛な話題の変化に、誠一は戸惑った。彼女の意図がわからず、
「そ、そっか」
 と、当たり障りのない相槌を打つ。
「さっき、蛾、潰して、お父さん嬉しかった?」
「あ……、ああ。もちろん。ありがとう! 助かったよ。虫、苦手で」
 誠一は大げさに喜んで見せる。が、
「鉛筆の時も、あの植物の時も、嬉しかった?」
 次の言葉が、彼を迷わせた。鉛筆は、実際どうでもよかった。彼の頭にあったのは、ステレオスペルマムだ。毎日、丹念に世話してきたのだ。それを思うと、誠一の心は再び締め付けられた。だが、彼女の求める答えがそうでないことは、察するに余りある。先ほどの「嘘」という彼女の言葉も気になる。今、彼女の機嫌を損ねないためには、
「ああ。もちろん」
 是非も無かった。
 それが功を奏したのか、愛華の表情に僅かずつだが笑みが戻ってきた。瞳は光を帯び、口元が緩み、安堵したように息を吐く。
「環境委員はね、要らないものを全部片付けるの」
「…………」
 誠一の心に、にわかに不安が過る。
「今日も、虫潰して、あの子助けた」
 それは誠一の知るところだった。再会の場面としては、あまりに印象深かった。
「学校でも、みんなが喜んでくれるんだよ」
「む、虫が苦手って子、多いだろうから……」
「さっきは、蛾を潰したし、鉛筆も、植物も潰した」
「そうだな。……う、嬉しかったよ」
「うん。お父さん、どれも同じ顔してた。どの時も、同じ……。でも――」
 と、愛華の目がひときわ大きく見開かれた。
 笑顔は全く崩していない。が、その視線はあまりに鋭かった。誠一は、彼女の射抜くような瞳に圧倒される。しかしそれは同時に、全てをのみ込んでしまうような魅力をも備えており、誠一は目を逸らすどころか、まるで吸い込まれるように、彼女の瞳に釘付けにされてしまっていた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
毎日更新 びっくりです ご苦労様です この作品 結構クラッシュ系ですね 僕 好みです 虫 植物 猫 段々 残酷になっていくところもいいね あと 娘と再会した誠一 嬉しさと この展開は びっくりでしょうね 僕なら 心臓ばくばくものです 興奮で この後の展開すごく気になります 頑張ってくださいね また 来ます
2011/05/04(水) 20:54 | URL | きんた #-[ 編集]
ありがとうございます。
きんたさん、こんばんは。楽しんでご覧いただけて嬉しいです。
私は幸せ者ですね。このように温かいご感想や応援メッセージで支えていただけるのですから。
お陰様で、本日も更新することができました。感謝申し上げます。
2011/05/05(木) 00:14 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。