Black Onyx [ブラックオニキス];2010/ 02の記事一覧

ここでは、Black Onyx [ブラックオニキス]での 2010年 02月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かくなってきました。
今日は、風がとても心地良かったです。
虫たちも、少しずつ顔を出してきて。
春はすぐそこですね。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
 トン――、トン――、トン――、トン――
 地を叩く靴の音だけが、辺りに響いた。
 私の足の下で、次々に骸と化していく蟻たち。春用に買ったハイヒールサンダルが、蟻の欠片と体液で汚れていく。声もない。感触もない。面白くもない……
 サンダルの淡い桃色が、春の息吹をほのかに感じさせた。
 足を柔らかく包みこむ感触が、心を踊らせる。爪先はきらびやかな宝石が彩り、クリアタイプのヒールは涼しさを演出している。可愛らしさと美しさを兼ね備えたデザインに、私はうっとりした。
 だから……
 ――もともと、私には似合わなかった。
 そう言い訳することで、ほんの少しだけ楽になれる気がした。
 汚すことに、何か理由が欲しかっただけなのかもしれない。眩しく見えたお気に入りのサンダルが、少しずつ輝きを失っていく。透明なヒールが、どんどん濁っていく。
 辛い。
 ……でも、気が付くと、そうしていた。
 決して、特別なことじゃない。太るとわかっているのに、つい甘いものを食べ過ぎてしまう。明日の仕事に支障を来すとわかっているのに、つい夜更かしをしてしまう。きっと、そんな感覚と何ら変わりはない。
 潰したかった。だから、潰した。したかった。だから、した。ただ、それだけのこと。多分……
 爪先を――、ヒールを――、何度も、何度も、私は、群れの中に沈めていった。
 同種の骸を前に、今なお淡々と歩みを進める蟻たち。彼らもまた、私のサンダルによって、一匹、二匹、三匹――と、その様相を変えていく。
 彼らは、己の運命を察しているのだろうか? 目前に死が待っていることを知りながら、それでも歩き続ける意味があるのだろうか?
 それなら、どうか私にその意味を教えてほしい。
 もしかしたら、感じることなどないまま、ただ生物学的な行動パターンによって動かされているだけなのだろうか?
 それなら、私と同じ……かもね。
 自分がしていることの意味なんてわからない。でも、何かによって動かされてる。だけど、私は、感情に苦しめられてるよ。今だってそう。辛いし、苦しい。あなたたちは、どうなの?
 トン――、トン――、トン――、トン――
 機械的に跳びはねてみた。
 まるで私の足の下に吸いつくように、蟻たちも機械的に潰されにくる。
 あなたたちがどう感じようと構わない。
 私のハイヒールサンダルは、確実に汚れていく。
 その事実だけで、私は満足。



END

Back | Novel index | Next
●まいあ Maia -SWAN actⅡ- 有吉京子 [平凡社]
 4巻:腹に肘打ち

●お礼は見てのお帰り 石川優吾 [小学館]
 1巻:腹に蹴り、吐血、気絶
 2巻:腹に蹴り、吐血(?)
 5巻:脇腹を蹴り上げ
 7巻:腹にパンチ、苦悶

●スパイラル ~推理の絆~ 原・城平京 画・水野英多 [スクウェア・エニックス]
 3巻:腹にナイフ刺し、出血、死
 9巻:腹にパンチ、苦悶

●現神姫 天乃咲耶 [スクウェア・エニックス]
 5巻:鳩尾に打撃、吐液、咳き込み (描写なし)

●ADボーイ にわのまこと [日本文芸社]
 1巻:腹(胸?)にパンチ


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
引き続き、女子高生シリーズです。
三部作で触れました、花音の売春斡旋に関するエピソードです。
彼女の作り上げたシステムの一部をご紹介いたしました。
こんな娘ですが、どうぞ可愛がってあげてください。
それにしても、広志クンは今回もかたなしでしたね(笑)

連載を終える度に感じるのは、ご覧くださっている皆様への深い感謝の気持ちです。
当サイトも、もうすぐ三周年を迎えます。
ここまでサイト運営を続けてこられたのも、皆様がいらっしゃったからこそです。

アクセスやご感想、温かい励ましや応援のお言葉、拍手やブログランキングのクリック、wikiへのご協力、etc...
いつも、多大な活力を頂いています。本当に、ありがとうございます。

これからも、この感謝の気持ちを忘れず、執筆を続けていきたいと思っています。
今後も、Black Onyx [ブラックオニキス]を、何卒ご贔屓に。

●花音のキャラ絵 →

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
「そう。やっぱりね……」
 花音は無表情のまま、さらに広志に詰め寄る。
「また……わたしに協力してくれるよね?」
「ひゃ、は、はぃ!」
「使えるお友達、できた?」
「は、ひいぃぃ!」
「もう、逆らったりしないよね?」
「はぃ! はひ! はひぃ!」
 精一杯従う様子を見せる広志を前に、花音は再度、その顔に美しい笑みを宿した。彼女に笑顔が戻ったことに、広志は安堵の息を吐く。花音は「良い子」と囁いた後――
 手にしたカッターナイフを、勢いよく横に振り切った。
 絶叫と、跳ね回る身体と、飛び交う血飛沫。
 アスファルトの上で踊る広志の鳩尾に、花音のローファーの爪先が強く突き立てられた。
 彼の吐いた黄水が、地面の赤をわずかに薄めた。


 放課のチャイムが鳴った。
 ガラリと教室のドアを開け、ひとりの女子が花音に駆け寄ってくる。花音は、内心の苛立ちを抑え、笑顔で対応した。女の子はわずかに緊張した面持ちで、
「花音さん。コレ、今週の分。約束の二割」
 その手に握った厚い封筒を、花音に手渡した。
 花音の作った援交グループは、今や数十人の女の子を抱えていた。花音自身はもちろん参加しない。客との間を取り仕切るだけで、十分に金が入ってくるからだ。
「ありがと。うまくいった?」
「うん。良い感じ。でもね……」
「どうしたの?」
「ひとり、困ったヤツがいて。終わった後に、値切ってきたの」
「ふぅん……。その人の名前は?」
「えっとね――」
「……わかった。こっちで処理しておくから大丈夫。とりあえず不足分、渡しておくね」
「本当、ごめん。いつもありがとう」
「いいよ。紹介したのは私なんだから。私の責任」
 花音の優しい笑顔に、女の子の表情も緩む。そして、少しだけ迷った顔で、おずおずと話し始めた。
「えっと……。あと、恭子がね。もう辞めたいって言ってるんだけど……」
「そうなの?……じゃあ、相談に乗るから、いつもの店に来るように言っておいてくれる?」
 花音の笑みは崩れない。女の子は、ホッと緊張のほぐれた様子を見せた。
「分かった。伝えておくね」


 女の子が教室を離れてから、花音は小さく舌打ちをした。
 ――使えないヤツばっかり。
 恭子は、もうオシマイ。最後に、どう使ってやろう。いつものように、連中に引き渡してやればいいか。思いきり滅茶苦茶にされた方が、今後の口止めにもなるだろうし。
 花音は携帯電話を取り出し、広志に発信した。



END

Back | Novel index | Next
 強い風が、二人を煽った。
 ゲームセンターの脇にある狭い路地。闇の迫ったこの時間帯にあっては、とても人目の及ぶはずもない一角だ。二人を挟み込むように聳え立った壁は、優に二メートルを超えている。その壁は所々が毀れ、全く風避けの役目を果たしていなかった。
 制服の上に薄手の白いトレンチコートを羽織っただけの花音と、厚手のダウンジャケットの下に重ね着をしている広志。
 特別、寒がりなわけではない。体調が悪いわけでもない。だが、震えていたのは広志のほうだった。それも、一人では立ってさえいられないほどに――
「はあ……は……」
 彼の喉から、ぎこちない音が零れる。汗が、頬を伝って流れ落ちる。
「暑いの? 寒いの? はっきりしなよ」
 嘲笑混じりに広志を見つめる花音の手には、カッターナイフが握られていた。あまつさえ、その刃は、彼の口内で煌めいていた。
「や……、や、やへて……」
 花音は、震えたまま立ち尽くす広志の両足の間に膝を滑り込ませ、太腿で優しく撫で始める。身動きの取れない彼は、花音の行為に従う他はなかった。やがてその膝が、
「が……はっ……!」
 鋭く、彼の睾丸に牙をむく。――呻き声。それが間もなく、
「げあああっ!」
 悲鳴へと変わる。
「動いたら……、……わかるでしょ?」
 アスファルトの上に、赤い染みがひとつ、ふたつ、みっつ――
 己の口から滴る血液を目下に見ながら、広志はいっそう震えを大きくする。しかしその震えが、さらに口内の傷を増やしていった。
 必死で元の体勢に戻る。そしてまた、
「はあっ!……んっが……、ああああっ!」
 ぽたり、ぽたり。
 繰り返される行為の中、地を染める赤だけが、着々と広がっていった。
 花音は絶えず、酷薄な笑みを浮かべていた。すいとその顔を広志に近づけ、
「あの夜……何で来なかったの?」
 柔らかくも厳しい響きを帯びた声で、そう問いかける。手首を返し、刃先を彼の上顎に宛てがう。
 広志は、必死の形相で言葉を発した。だが、
「あぐ……うぅっ」
 何をしゃべっているのか、ほとんど聴き取れない。
「あぎっ……なぎ、さ」
 その瞬間、花音から笑みが消えた。

Back | Novel index | Next
 音の空間だった。
 白を基調とした内装だが、清潔感はない。充満している煙草の臭いや、壁のそこここに付着する黒ずみが、多数施された色彩豊かな照明効果を濁している。置かれたいくつものゲーム機は、無機質で味気ない。そのひとつひとつが、各々に与えられた音を発していた。
 あるものは一定のビートを奏で、あるものは打撃音を、あるものは金属音を、あるものはメロディを、あるものは声を――。混在する音は一切の統一感をもたない。それを助長するように、ゲームを前にした物言わぬ人間たちもまた、それぞれが、カチカチ――、ドンドン――、と、そこに乱雑な音を加えていた。
「KO!」
 目前のゲーム機が声を上げた時、広志は薄く微笑んだ。太い腕をぐるりと回す。次の対戦相手の名が呼ばれるまで、急いた指が、カチカチとボタンを叩く。
 その時、首筋に冷たいものが触れた。
 冷たく、しなやかな感覚。それが女の指先だとわかったのは、広志がとっさに振り返った後のことだった。
「あ……、あ」
 喉を鳴らす。身体が硬直する。急激に鼓動が高まり、額から汗が滲んでくる。
 極上の笑顔を浮かべた美少女が、そこにいた。
 高校生らしからぬ、大人びた顔立ち。柔らかそうな薄紅色の唇。すっと通った鼻筋。彼女は艶やかな長い髪をかきあげながら、切れ長の瞳を覗かせていた。
「うぁ……か、かか、花音……」
 広志の声は、動揺を顕著に表していた。彼女の笑顔が笑顔でないことを知っているのだ。朗らかな表情の裏にある感情が読み取れず、彼は呼吸を荒げる。
「久しぶり」
 穏やかな口調で声をかけられても、広志は硬直したままだった。真横にいる美女と、瞳を合わせることができない。心当たりがあるからだ。そんな彼の顔を覗き込みながら、
「最近、返信ないよね……?」
 花音は続ける。広志の喉からは、既に声すら出てこない。予想は図星だった。彼の首筋を伝う指が、すうっと耳へと移動する。くいと耳たぶを掴み、花音は、
「ちょっと、いい?」
 と、言葉を紡いだ。その声には、有無を言わせぬ力強さがあった。問いかけではなく、命令――。広志には、それがはっきりとわかった。
「あ……、あぁ」
 絞り出した彼の声がひっくり返る。瞳が泳ぐ。
 花音は、震える足で立ち上がった広志の腕を抱え、身体を預けるように寄りかかる。傍目から見れば、まず恋人同士と信じて疑わないだろう。二人の足は、そのまま店外へと向かった。
 背後からは、先ほどと同じ「KO!」という、空しくも皮肉めいた機械音が聞こえてきていた。

Back | Novel index | Next
Black Onyx [ブラックオニキス]専属イラストレーター(笑)、suzuroさん作品です。
これまで、どれほどのご尽力を頂いているのか――
考えるのも恐ろしいので……、考えないようにしています!
素敵な作品に、いつも感動するばかりです。
suzuroさん、本当にありがとうございます!
※画像をクリックすると、拡大します。携帯の人はこちら→拡大


suzuroさんコメント…
 初めてコピックという画材に触りました。試し描きなどと言っては失礼かもしれませんが。
 玉潰し絵です。楽しく描けました。
ryonazコメント…
 愛ですね……。男性の苦悶の表情が、実に素敵です。
 いっそのこと、ぷちっとしてあげるのも――、優しさかもしれませんね。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。

Back | CG index | Next
久しぶりの、女子高生シリーズです。
今回は、彩香の日常を描きました。
彼女の心情に寄り添っていただけたら嬉しいです。

更新ペースも、だいぶ落ち着いてきたような気がします。
人生、ゆっくりと――、ゆっくりと――
最近は特に、自分に言い聞かせている言葉です。

ご覧くださった方々に、感謝申し上げます。
余寒厳しき折柄、どうぞご自愛くださいませ。
これからも、Black Onyx [ブラックオニキス]を、どうぞよろしくお願いいたします。

●彩香のキャラ絵 →  
●紗希のキャラ絵 →   

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
 雪がちらついていた。
 閉じた瞳から溢れてくるものに、興味なんてなかった。
 瞬きすると、瞳に入ってくる色――ただそこにあるものの存在に、心がわずかに揺れる。そんな感覚をもっていられるだけで、幸せなのかもしれないと思った。
 夜の闇から、ゆっくり……、ゆっくりと落ちてくる粉。
 静かに揺らぐ地面と同じ。ゆらゆら、ゆらゆら。私の身体も揺れている。
 視界に、また人影が映る。ここまで、いくつののっぺら坊をすり抜けてきたのだろう。物言わぬ、不可思議な塊。
 私のことが、見えているのだろうか。すれ違うだけじゃつまらない――。つまらないよ。
「おっ、ちょ……、コラ!」
 吠えている。
 私が見えてるなら、ちゃんと私の存在を認めてよ。
 振り上げた脚と、舞い踊る白い花。地に這い蹲るあなた。
 聞こえた声は、どこか遠く。でも、確かに生きているものの、確かな叫び。
「やめ……、誰か!」
「ぐうっ!……っは!」
「助け――……!」
 あなたの存在が、私を存在させるのなら――
 遠慮したりしない。躊躇したりしない。私が私であるために、必要だから。
 私が生きていること――それは、あなたに教えてもらわなくちゃわからない。
「……げ……、うぅ……」
 私は私。
 ――あなたは、誰?
 薄いコートの上から、あなたの感触が伝わってくる。あなたが生きている感触。そして、生きたあなたが私の制服に吹き散らす、赤と、赤と、そして赤――
 指先が冷たい。私の感覚が、掌の中に戻ってくる。
 風が、こんなにも冷たいものだなんて、知らなかった。ぼんやりと光る外灯が、こんなにも明るいものだなんて、考えたこともなかった。
 目の前に転がった「誰か」が教えてくれた。
 私は、生きている。じゃあ、あなたは……?
 自然と笑みが零れた。
 身体を小刻みに揺らすあなたの声は、もう私にしか聞こえない。もしかしたら、この風と灯りは、それを聞いているのかもしれないけど。そんなこと、どうでもいい。
「幸せでしょ?」
 問いかけてみても、あなたは身体を丸めたまま。
 私は思わずため息を吐く。
 そう。いつもそう。私が生を感じられたその瞬間、誰もが私から離れてしまう。ちょうど今の、あなたみたいに。
 そして、こんな夜には、いつだって――
「……!」
 温かい声が、私を包んでくれる。振り返れば、想像していた顔がそこにある。
 私を叱ってくれる。優しい痛みをくれる。
 ――あぁ……また、間違えちゃった。
「彩香」
 なぁに、紗希。
「帰ろ」
 その温もりが、私の全て。



END

Back | Novel index | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。