Black Onyx [ブラックオニキス];2008/ 01の記事一覧

ここでは、Black Onyx [ブラックオニキス]での 2008年 01月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●うしおととら 藤田和日郎 [小学館]
 9巻:腹に蹴り、吹き飛び、吐血、苦悶

●ハーメルンのバイオリン弾き 渡辺道明 [ENIX]
 1巻:腹にドロップキック
 4巻:腹にパンチ、胃液

●D・N・A² ~何処かで失くしたあいつのアイツ~ 桂正和 [集英社]
 1巻:腹にパンチ、嘔吐

●砂の薔薇 新谷かおる [白泉社]
 11巻:腹に銃球当て、胃液、苦悶、気絶、射精

●ロンタイBABY 高口里純 [講談社]
 4巻:腹に肘打ち、苦悶


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
●GOLDEN BOY 江川達也 [集英社]
 3巻:腹に肘打ち
 4巻:腹に蹴り、吐血

●1ポンドの福音 高橋留美子 [小学館]
 vol.1:腹にパンチ連打、咳き込み

●からくりサーカス 藤田和日郎 [小学館]
 4巻:腹を踏み付け
 〃 :腹に膝蹴り
 14巻:腹にパンチ、胃液、ダウン
 16巻:腹に掌底、死
 〃 :腹にパンチ(?)、胃液、死
 18巻:腹にパンチ
 37巻:腹に肘打ち

●烈火の炎 安西信行 [小学館]
 1巻:腹に蹴り
 3巻:腹にドロップキック
 7巻:腹に蹴り

●女類男族 新井理恵 [小学館]
 1巻:腹に蹴り


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
●シティーハンター 北条司 [集英社]
 21巻:腹に肘打ち
 26巻:腹に肘打ち、胃液、苦悶
 31巻:腹に肘打ち

●ダイナマイト ピーチ 克・亜樹 [集英社]
 腹に蹴り

●ミストラルmistral 河惣益巳 [白泉社]
 腹に膝蹴り、胃液

●低俗霊狩り 奥瀬サキ [白泉社]
 其の三:腹にパンチ、気絶
 〃  :腹にパンチ
 〃  :腹に肘打ち
 〃  :腹に蹴り
 〃  :腹にパンチ

●有閑倶楽部 一条ゆかり [集英社]
 12巻:腹に蹴り、気絶
 16巻:腹に蹴り


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
●やじきた学園道中記 市東亮子 [秋田書店]
 1巻:腹に肘打ち、苦悶、気絶
 〃 :腹に肘打ち(?)
 2巻:腹に肘打ち
 〃 :腹に蹴り
 4巻:腹に蹴り
 7巻:腹にパンチ、苦悶、気絶
 8巻:腹にパンチ、胃液、気絶
 〃 :腹に肘打ち(?)
 9巻:腹(?)にパンチ、気絶
 10巻:腹にパンチ
 12巻:腹に棒投げ、苦悶
 14巻:腹に蹴り
 16巻:腹に蹴り
 〃 :腹に棒打(?)、苦悶
 〃 :腹にパンチ、気絶
 〃 :腹に蹴り
 19巻:腹にパンチ
 22巻:腹にパンチ、苦悶


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
●バトルクラブ 塩崎雄二 [少年画報社]
 1巻:脇腹に掌底、吹き飛び
 〃 :腹に膝蹴り、失禁

●GTO 藤沢とおる [講談社]
 3巻:腹に蹴り
 〃 :腹に膝蹴り
 21巻:腹に蹴り、吐血、苦悶

●バーチャファイター美闘伝サラ 作・伊津木敏弘 画・鬼窪浩久 [集英社]
 vol.1:腹(?)にドロップキック、胃液、吹き飛び
 〃  :腹に膝蹴り、胃液
 〃  :腹を蹴り上げ、吐血
 vol.2:腹にニードロップ、吐血、気絶
 〃  :脇腹にパンチ(肘打ち?)、胃液


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
●一騎当千 塩崎雄二 [ワニブックス]
 壱巻:腹に掌底、胃液、気絶
 〃 :腹にパンチ(?)、吹き飛び
 参巻:腹に掌底、胃液
 五巻:腹に掌底、吐血
 六巻:腹にパンチ(?)、吐血、気絶(死?)

●KATSU あだち充 [小学館]
 1巻:腹にパンチ、気絶
 〃 :腹にパンチ、胃液、苦悶、咳き込み

●なつきクライシス 鶴田洋久 [集英社]
 1巻:腹に肘打ち、胃液、気絶
 3巻:腹に掌底、胃液
 4巻:腹に掌底、胃液、気絶


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
●ヤンキー君とメガネちゃん 吉河美希 [講談社]
 1巻:腹にジャンピングパンチ&ボディプレス、吹き飛び、気絶
 〃 :腹にパンチ、吐血、気絶
 2巻:腹に蹴り、胃液、気絶
 3巻:腹に跳び蹴り、胃液、吹き飛び、気絶
 4巻:腹に蹴り、胃液
 〃 :腹に跳び蹴り、胃液、吹き飛び、気絶

●エンジェル伝説 八木教広 [集英社]
 2巻:腹に肘打ち
 〃 :腹に膝蹴り、胃液、苦悶
 〃 :腹に肘打ち、苦悶

●キャッツアイ 北条司 [集英社]
 4巻:腹にパンチ、胃液、気絶


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
●ごくせん 森本梢子 [集英社]
 1巻:鳩尾に当身(?)、気絶(描写なし)
 2巻:腹(胸?)に肘打ち、苦悶
 〃 :腹に肘打ち、気絶
 〃 :腹に膝蹴り、気絶
 〃 :腹にパンチ、気絶
 3巻:鳩尾にパンチ、蹲り
 〃 :腹に膝蹴り
 9巻:腹にパンチ、気絶
 10巻:腹にパンチ、気絶
 〃 :腹に膝蹴り
 11巻:腹にパンチ
 〃 :腹に肘打ち、苦悶
 13巻:腹にボディプレス
 〃 :腹に蹴り、胃液
 15巻:腹にパンチ
 〃 :腹に棒(?)打、吐血、苦悶
 〃 :腹にパンチ(?)、苦悶

●セラフィック・フェザー 原・森本洋 画・うたたねひろゆき [講談社]
 1巻:腹に爪先蹴り、吐血、気絶(死?)
 2巻:腹(脇腹?)にパンチ、肋骨折り、吐血

●小類人〈ちゃいるど〉 荻野真 [集英社]
 1巻:腹に膝蹴り、吐血、苦悶


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
●愛米(ラブコメ) コージィ城倉 [小学館]
 1巻:腹にパンチ (※ポンタさん情報)
 〃 :腹にパンチ、苦悶 (※ポンタさん情報)
 〃 :腹に膝蹴り、連打、胃液、咳き込み
 〃 :脇腹に蹴り、吹き飛び
 〃 :腹にパンチ
 3巻:腹に膝蹴り、連打、苦悶
 5巻:腹に蹴り、胃液、苦悶
 〃 :腹に爪先蹴り

●アイホシモドキ 森繁拓真 [秋田書店]
 1巻:腹に蹴り(膝蹴り?)、胃液、咳き込み
 〃 :腹に膝蹴り、連打、咳き込み
 4巻:脇腹に手刀、苦悶


※注
 ・全て女から男への腹責めです。
 ・記載したキーワードは全て、私の見た限りの独断です。
 ・逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
  (尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)
  → ◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]
「逆リョナ」
 女から男に対する暴力的・猟奇的な行為に萌える趣味・嗜好


私のサイトではこう定義しています。(参考 → 逆リョナについて

逆リョナにもいろいろなシチュエーションがありますが、このカテゴリーでは腹責めをメインに紹介していきたいと思います。
もちろん他のシチュエーションでも良い逆リョナシーンはたくさんありますが、全て紹介していると膨大な量になってしまいますので、個人的に一番好きな腹責めに絞ることにしました。

皆様からの情報提供も、随時お待ちしております。もちろんこちらは腹責めに限りません。
興奮したシーンのあった各種メディアの情報を頂きたいと思っています。
逆リョナ情報をお持ちの方は、ぜひお寄せください。
(尚、「逆リョナ@wiki」に掲載する情報は、匿名をデフォルトとさせていただきます。)

皆様の萌えシーンを一つでも多くご提供いただければ幸いです。
◆逆リョナ@wiki [ Gyaku-Ryona@wiki ]

参考(過去の記事等) → ◆ブラオニBBS◆ (※閉鎖しましたので、書き込みはご遠慮ください)
2007年に頂いた、コメントのバックアップです。
たくさんのコメント、ありがとうございます。
[コメント バックアップ 2007年]の続きを読む
明けましておめでとうございます。

一年の計は元旦にあり。
というわけで、今回は女王様と「僕」の二年参りの様子をご覧いただきました。
揺れ動く「僕」の心情と、女王様の慈悲深い愛情。
そして生まれる、新たなる二人の信頼関係。
新年を迎え、二人は今後どのような道を辿っていくのか。
この二人にとって今年がよい年になるよう、どうぞ応援してくださいね。

皆様におかれましても、今年が実りある一年になりますように。
今年も、Black Onyx [ブラックオニキス]をどうぞよろしくお願いいたします。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ブログランキングのクリックにもご協力ください。

Back | Novel index | Next
 僕は慌てて女王様に続く。僕の祈ることは全て、女王様に関することばかりだった。
 ――どうぞ今年も、女王様と一緒にいられますように。女王様と、出来るだけ長い時間を過ごすことができますように。どうぞ、その手にしたリードを、女王様が手放しませんように……
 再びリードを引かれる感触があり、僕たちは今来た道を逆に進んでいった。
「何をお願いしたの?」
 唐突な質問に、僕は口ごもる。
 ――僕の願いはただ一つ。あなたと一緒にいたい。出来る限り……出来る限り長い時間……
 それは声にはならなかった。
 声に出してしまったら、それが叶わないような気がしたから。女王様と僕をつなぐ糸が、切れてしまうような気がしたから。不安な気持ちが、もっともっと大きくなってしまうような気がしたから。
 女王様はそんな僕の姿を見て「ふふ」と笑った。呆れられてしまったのだろうか?
 ――女王様。あなたにこの僕の気持ちが分かりますか? 女王様……。
 そんなことを考えていた矢先、女王様がふいにその足をピタリと止めた。
「……出していいわよ。」
 女王様が僕のコートの中に手を入れる。最大限に膨れ上がった僕の愚息を指で弾く。
「あ……ああっ、はううっ……」
 欲望の溜まっていた僕は、女王様の指先一つで、下半身から煩悩を一気に爆発させた。
「今年も、いい年でありますように、でしょ? 普通は。」
 しばし放心状態で立ち尽くす。地面には白い液体が滴り落ちていった。
 液体とともに僕の煩悩の全てが身体から抜けていく。そんな錯覚に陥っていた。
「本当に馬鹿な子。そんなことだろうと思ってたわ。」
 そう言うと、女王様は僕の首輪をパッと手放した。そして僕の前に背中を向けてすっと立つ。
「私はあなたの飼い主だから……。こんなものなくても、ちゃんとペットはついてくるものよ。」
 その言葉で、僕の瞳には涙が一気に溢れた。
 ――女王様……女王様……。これからも、こんな僕を飼ってくださるんですか?
 忘れもしない秋の日。一人で歩かされることに恐怖を覚えた。女王様の真意を微塵も感じ取れず、僕は孤独感でいっぱいになっていた。女王様には分かっていたのだ。卑屈に曲がった僕の心が。
 ――そんな僕を、あなたは許してくださるとおっしゃるんですか?
 涙は止められそうになかった。ただ女王様に対する敬意だけが、僕の中で大きく膨れ上がっていった。

「……ありがとうございます。」

 ゆっくりと進んでいく女王様の背中を見ながら、僕は深々と頭を下げた。

 ――今年も、いい年でありますように……



END

Back | Novel index | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。