[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンク先サイト様との合同企画です。
「■」をクリックしてください。各サイト様の企画ページに飛びます。
←old ... new→

▽ DAI様 (URL
 ★ エッセイ 【 拘りの鉄 第33回 「逆リョナ」 】 ※企画詳細
 →

▽ イコ様 (URL
 ★ 小説ボイス 【 台詞一覧 】 ※携帯サイト不可。企画詳細 : 1 2 3 4 5 6
 →   *    *     *     *   *    

▽ 古木様 (URL
 ★ テーマ小説 【 人間家具 】 ※企画詳細
 →

▽ kazowk様 (URL
 ★ 共同作品 【 愚奴調教 】 ※企画詳細
 →
 ★ エッセイ 【 奴隷支配の哲学 】 ※企画詳細
 →
 ★ メール問答 【 私の考える奴隷の規律 】 ※企画詳細
 →

------------- 他 -------------

▽ 匿名希望様
 ★ 寄託 【 動画 】 ※記事

▽ ひひる様 (URL
 ★ 紹介 【 同人 】 ※記事 : 1 2 3

▽ CHIKA様 (URL
 ★ 紹介 【 音声 】 ※記事

▽ 虎宮(こみや)鏡華女王様 (URL
 ★ 恵贈 【 動画 】 ※記事 : 1 2 3 4 5
私の考える奴隷の規律
私の考える奴隷の規律


たくさんのお心遣いとご尽力で当サイトを支えてくださっています、マゾヒストの喜び様との合同企画、第三弾です。
「私の考える奴隷の規律」
タイトルから仰々しい感じがするのは、kazowkさんの敬意を表する姿勢が滲み出ているからかな、と思います。
が、企画内容は単純。
「『奴隷の規律』とは?」というお題に、私が回答……というよりは、持論を展開し、それを掲載してくださったものです。
メールなので支離滅裂な文章になって申し訳ありません、と、いつものように言い訳を書き添えておきます。

企画形式は、「メール問答」とさせていただきました。

奴隷の規律とは何か。
今回もまた、私の価値観や考え方を、この度の企画でご紹介くださいました。
いつも素敵なページ作成、ありがとうございます。
kazowkさんに、心より感謝申し上げます。
興味のある方は、どうぞご覧になってみてください。


マゾヒズムに対する不断の探究心に頭が下がります。
Black Onyx [ブラックオニキス]が、少しでもお力になれていれば幸いですね。
X-rated search

Back | Project index | Next
奴隷支配の哲学

こちらに頂くご感想やご意見、ご質問は大変多く、それぞれが貴重なものだと思っています。
感じ方や考え方など、様々な視点・観点があることに驚かされます。
ご覧くださっている方々に、あらためて感謝申し上げます。

先日、あるひとりの読者様とおしゃべりをしたのですが、これもまた私にとってはとても興味深いものでした。
うまく言えませんが、ご質問が、綺麗事でなく、地に足が着いたもののように思えたと言いましょうか――
そこで、個人的にお願いをし、ご本人の了承を得てここに掲載させていただきました。(HNは仮名です。)
1.私自身がいろいろと考えさせられ、考えの整理になった
2.世の奴隷雄や主の中に、同じような悩みを抱えている方がいらっしゃるのではないかという思いがあった
 (掲載することにより、当サイトを参考に考える一助となるのでは……?)
――以上がきっかけです。
Aさん。掲載へのご快諾、どうもありがとうございました。


--------------------------

Aさん(仮名)

おはようございます。
ゆきな梨央様。
初めて投稿します、Aと申します。
梨央様が書かれた「奴隷支配の哲学」の「奴隷としてある姿」
未熟な志願者ですが、少なくとも私の今の理想です。

一つ質問をさせて頂いてよろしいでしょうか。
梨央様の所有物に対する愛情はどうなのでしょうか。
人はたいてい気に入った自分の所有物を、身に付け徹底的に使いますが、大切にもします。
ぼろぼろになっても捨てずにそばに置いたりもします。
それが愛情だとも考えるのですが、間違いでしょうか。

私には今お付き合いをさせて頂いています女性(あえて女王様でなく)がおられます。
その方の法に従う・・・・
だいぶ自分を押さえてこれるようになりましたが、社会における常識的な部分や、その方にとって考え方を変えた方が、その方の為になると思われる事などでは、まだつい自分の考えを言ってしまったりします。
これもしてはいけない事なのでしょうか。
お教え頂ければ幸いです。


ゆきな梨央

A様

初めまして。
Black Onyx [ブラックオニキス]管理人のゆきな梨央です。
返信が遅くなり、申し訳ありません。
「奴隷支配の哲学」をご覧いただけて、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

ご質問の件についての確認ですが、
1.「奴隷に対する愛情」というものについての私の見解・位置付け
2.善し悪しその他、主に意見することへの是非(主のためを思って)
――以上、2点でよろしいでしょうか。
間違いがあればご指摘ください。

1については、まず、Aさんがお書きくださった冒頭の、

>人はたいてい気に入った自分の所有物を、身に付け徹底的に使いますが、大切にもします。
>ぼろぼろになっても捨てずにそばに置いたりもします。

――ここまでは、私も同じような考え方をしています。
違う、と言いますか、全肯定できない部分は、

>それが愛情だとも考えるのですが、間違いでしょうか。

――というところです。
反対という意味ではありません。
単に、私の中に「愛情とはなにか」という問いへの答えが無いというだけのことです。
言えるのは、褒める、撫でる、などの基本的な快楽を伴うものはともかく、侮蔑する、凌辱する、痛めつける、罵倒する、失神させる、何度も逝かせる、虐める、といった、一般的に身体的・精神的苦痛とされている行為を受けてなお、足下にはソレがある、という事実だけでしょうか。
何をもって「愛情」とするのかがわからないので、
>それが愛情
と、私には言えないということです。

答えとしては本当に不十分で申し訳ありませんが、私の見解・位置付けです。

次の、
2については、私にとっては論外です。
「奴隷支配の哲学」の繰り返しになりますが、私は権威や脅し、命令や誓約などの「力」で奴隷を拘束しません。私の法に従えないのであれば、きちんと解放して差し上げると申しております。そのときは、日本国憲法がきちんと法となってくれるでしょうから。
例えが悪くて下手で恐縮ですが、厚生年金・社会保険加入の会社員が、会社が嫌で辞職し、無職になっても、国民年金・国民健康保険加入になります。辞めるのは自由、辞めても年金・保険は切り替わり、どこにもいけないということはありませんよね。
……本当にこの例えは下手で申し訳ありません。
ですので、
「従えないモノは去れ」
――それだけです。
尤も、Aさんがお付き合いされているのが普通の(――というと語弊が大いにあると思いますが)女性であるということですから、そういった立ち位置の違いでも関係は変わってくるとは思いますし、私の価値観からできている主従論の全部が全部あてはまることはないと思いますが。

以上が、善し悪しその他、主に意見することへの是非(主のためを思って)への私の回答です。

>だいぶ自分を押さえてこれるようになりましたが

きつい言い方になります。すみません。
個人的な考えだということを強調、念押しした上で、
こういった思いを胸に秘めた奴隷を、私は奴隷とは認めません。
ただ、こころは外からは見えないので、奴隷らしく見えるだけ。主もまた、主らしく見えるだけ。嘘の関係。中途半端な関係。
お互いが求めているのは、そんな関係なのでしょうか?
意見したいのに言えず、我慢しているのなら、従者である必要はどこにあるのでしょう?
奴隷は、奴隷であるがゆえに奴隷なのです。

>社会における常識的な部分や、その方にとって考え方を変えた方が、その方の為になると思われる事

内容がわからないので、知ったかぶって詳細・子細に話すことはできませんが、これは程度の問題になるのではないでしょうか。
奴隷(――と言っても、お二人は主従とはまた違った関係にあるようですが)に指摘されなければいけないほど、社会における常識的な部分がわからない女性なのでしょうか?
これも個人的で恐縮ですが、私は基本的に、奴隷は奴隷らしくただ頭を低くついてくればよい、という考えなので、余計なお世話だと思ってしまいますね。そのような負担を奴隷にかけたくもないですし。
とは言え、私のサイトの小説の誤植などを「為になること」とすれば、指摘してくれる子などを褒めている私もまた矛盾してくることになりますので、やはり程度如何――、私がここで結論を明示することはできません。

>これもしてはいけない事なのでしょうか。

ここまでのものは、全て私の価値観に基いてお話させていただいたものです。
Aさんにとっての主さんはその女性なのですから、結局、最終的には、主さんの法によりますよね。
最後になって無責任なようですが、私の法は私の奴隷限定のひとつの価値観に過ぎませんので。
少しでも何かのお役に立てれば幸いと思って書きました。

-------------(中略)-------------

長文・乱文での返信、大変失礼いたしました。
乱暴な表現や失礼な言、多々あったかと思います。お詫び申し上げます。
ご質問には真摯に答えさせていただいたつもりですので、何卒ご容赦くださいませ。

暑くなってきましたので、どうぞご自愛くださいませ。
失礼いたします。

--------------------------


相変わらず長文の返信ですね。いつも反省するだけで直りませんが。
メールは基本的には人前に出すものではありませんので、ご安心ください。
例外です。これからもどうぞお気軽に。
繰り返しになりますが、返信はお約束できませんので、何卒ご了承くださいませ。

※本記事のメール内容は、全てご本人の了承を得て掲載しています。

FC2Blog Ranking
私の気まぐれに端を発した企画です。

奴隷支配の哲学
奴隷支配の哲学

(バナー作成者 : kazowk様)
[ 企画詳細 ]

ご覧くださった方はご存じだと思いますが、私の矜恃や読者様とのメール交換の一部(了承済)を公開しています。
思いつきと申し上げるのが恐縮なほど、たくさんのご感想、ご質問を頂いております。
どうもありがとうございます。
kazowkさんにご協力いただいているページということもあり、できる限りお答えしているつもりです。
が、申し訳ありません。
返信できない場合がございますことを、今一度ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載協力
X-rated search
奴隷支配の哲学
奴隷支配の哲学


いつもたくさんのご尽力を賜っています、マゾヒストの喜び様との合同企画、第二弾です。
「奴隷支配の哲学」
――と言うと何やら大袈裟に聞こえますが、ただのメールのやり取りの一部です。
ひとつは、ご相談くださったS女さんへ。
もうひとつは、迷えるM男クンへ。
(※お二方とも、掲載許可を頂いております。)
原文のため推敲は皆無であり、支離滅裂な文章になっています。……もちろん言い訳ですが(笑)

企画形式は、「エッセイ」とさせていただきました。

主とは何か、従とか何か、どうあるべきか、etc...
私の価値観や考え方を、この度の企画でご紹介くださいました。
センスの光る素敵なページ作成、ありがとうございます。
kazowkさんに、心より感謝申し上げます。
興味のある方は、どうぞご覧になってみてください。

※追加
(2013.06.22)
【続】「奴隷支配の哲学」掲載を経てノチ - おしゃべり -

「奴隷支配の哲学」に対して頂いたご質問への回答を掲載しています。
エッセイ内よりリンクしてくださっておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。


もはや説明は不要ですね。
Black Onyx [ブラックオニキス]にとってのお宝サイト様です。
X-rated search

Back | Project index | Next
合同企画 「小説ボイス化」 第六弾。

今回もまた、当方女性の台詞に声をあててくださいました。
素敵なお声で活躍されています、Solitaire * ソリティア * のイコさんです。
鬼畜な台詞を、いつも楽しそうにお読みになるイコさん。表現力が素晴らしいです。
たくさんのご協力に、あらためて、感謝申し上げます。
興味のある方は、ぜひお聴きになってみてください。(※携帯サイト不可です。申し訳ありません。)

台詞はこちら →    
(「」 : 小説:その他 より) → もっと聴きたい方は◆こちら◆
イコさんコメント…
 一つの台詞として読むか、ストーリーの流れで読むかで迷い、今回は一つの台詞として録音させていただきました。

※小説・台詞の選択は、イコさんとの話し合いで決めました。
  ご希望がありましたら、お気軽に、作品アンケートのコメントへ。参考にさせていただきます。
  (ご希望に沿えない場合がありますので、予めご了承ください。)

Solitaire * ソリティア *

Back | Project index | Next
小説ボイス化」 第五弾。

合同企画です。誰に何と言われても、これは合同企画です! 例え、負担率が1:9でも……
ご協力くださったのは、お馴染み、Solitaire * ソリティア * のイコさんです。
どうしたら、言葉だけでこんなに豊かな感情表現ができるのでしょうか?
ご本人は謙遜しつつも、「台詞を言う時は、目の前にM男がいることを想像してます」と。
――はい。返す言葉がありません。畏れ入りました(笑)
いつも当サイトに下さるそのご好意を、大変有難く思っています。
興味のある方は、ぜひお聴きになってみてください。(※携帯サイト不可です。申し訳ありません。)

台詞はこちら →  
(「過ちの代償」 : 小説(短編・中編) より) → もっと聴きたい方は◆こちら◆

※小説・台詞の選択は、イコさんとの話し合いで決めました。
  ご希望がありましたら、お気軽に、作品アンケートのコメントへ。参考にさせていただきます。
  (ご希望に沿えない場合がありますので、予めご了承ください。)

Solitaire * ソリティア *

Back | Project index | Next
正統派SM総合サイト、マゾヒストの喜び様との合同企画です。
この度の企画・提案をご快諾くださったkazowkさんに、心より感謝申し上げます。

企画概要 : 共同制作 ―― イラスト・原案(台詞、シチュエーション):kazowk様  小説:ゆきな梨央
タイトル : 「愚奴調教」 ( 掲載場所 ―― 短編マゾ小説内 )

●小説はこちら → 「愚奴調教


M街道を追究し、体現する。その姿勢が素敵です。写実的なイラストに惹かれる方も、きっと多いはず。
SMに関する知識や情報の量も、並大抵ではありません。S女性・M男性、どちらも必見です。
興味のある方は、ぜひ、ご来訪なさってみてください。
マゾヒストの喜び

Back | Project index | Next
正統派SM小説サイト、nk archives様との合同企画です。
この度の企画・提案をご快諾くださった古木さんに、心より感謝申し上げます。

企画概要 : 共通のテーマを決め、お互いに執筆する
テーマ : 「人間家具」

●古木さんの小説はこちら → 「沈黙の土曜日

● ryonazの小説はこちら → 「ヒーリングメロディ」 : 小説(短編・中編)


日頃より、管理人が懇意にしていただいているサイト様です。
文章力、表現力は他の追随を許しません。見事に描かれた、S女とM男の関係は必見です。
興味のある方は、ぜひ、ご来訪なさってみてください。
nk archives

| Project index |
小説ボイス化」 第四弾。

前回に引き続き、当サイトの看板娘(?)、優美子の台詞を頂戴しております。続編「償いの闇」からの抜粋です。
台詞に合わせて変わる口調、声色、雰囲気、etc... 声を自在に扱う、Solitaire * ソリティア * のイコさん。
毎度、その力量に感服するとともに、多大なご尽力に感謝するばかりです。
興味のある方は、ぜひお聴きになってみてください。(※携帯サイト不可です。申し訳ありません。)

台詞はこちら →    
(「償いの闇」 : 小説:優美子 より) → もっと聴きたい方は◆こちら◆

※小説の選択は、私の方でさせていただきました。
  なお、ボイス化希望の小説がありましたら、作品アンケートのコメントへ。参考にさせていただきます。
  (ご希望に沿えない場合がありますので、予めご了承ください。)
  今回も、台詞の選択は、イコさんに一任しました。

Solitaire * ソリティア *

Back | Project index | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。